こんにちは。

 

今年もいよいよ残すところ今日のみ。
さてさて、おせち料理特集最終回です。

 

 

お届けするメニューは

りんごきんとん
くるみ田作り
お煮しめ
黒豆←本日

です。

 

りんごきんとんをもう一度見たい方は
こちらから↓
http://megu-kasaneni.com/2016/12/23/recipe-9/
くるみ田作りはこちらから↓
http://megu-kasaneni.com/2016/12/24/recipe-10/
お煮しめはこちらから↓
http://megu-kasaneni.com/2016/12/25/recipe-11/

 

 

今日は黒豆。

 
弱火でコトコト煮る場合と
重ね煮コゼーを使用する場合、
両方お伝えしますね。

 

黒豆.jpg

豆の甘みと香りを感じる黒豆、
我が家の人気の一品です。

 

【材料と分量】

黒豆 一袋(250g)…5倍の水で戻す
含蜜糖 黒豆の60~70%
塩 ひとつまみ

 

【作り方】

1.黒豆は軽く洗って、
鍋に入れて
分量の水につけて戻しておく。
(8時間以上)

 

2.フタをして塩ひとつまみを加えたら
中火にかける。
沸騰したら弱火にし、
黒豆がやわらかくなるまで煮る。

 

4.計量しておいた含蜜糖を
3~4回に分けて加え、
煮含めていく。

 

5.煮汁につけたまま冷ます。

 

*********

<重ね煮コゼーを使用した場合>

黒豆コゼー.jpg

分量同じ

1.戻した黒豆と水、ひとつまみの塩が
入った鍋をフタをして中火にかける。
沸騰したら弱火で10分煮る。

 

2.重ね煮コゼーへ1時間入れる。
→この段階でやわらかくなっているはず。

 

3.弱火にかけて含蜜糖を加え
とけたら、重ね煮コゼーへ入れる。
そのまま冷めるまで置いておく。

 

 

☆黒豆にしわがよっちゃう!
とお困りの方へ

しわがよるのは、黒豆がビックリするから。

温かい煮汁から飛び出てしまったり、
冷たい水を加えられたりすると
驚いて、ぎゅっと縮まってしまうから
しわが寄るのです。

 

私はしわの入った黒豆も好きですが、
つやつやふっくら仕上げたかったら、
黒豆はいつも煮汁に浸かっている状態を
キープしてあげてくださいね。

 

弱火でコトコトしている間に
煮汁が減ってきたら、
沸かしたお湯を加えるようにしてください。

 

おいしくできますように☆

 


365日の重ね煮レターレシピ☆時短ママの知恵袋☆

1000名を超える全国のママさんに愛読いただいている
365日の重ね煮レターレシピ(無料メールマガジン)です。

今なら、無料メールマガジン登録で、

☆ママの知恵袋☆薬に頼らない対処法
ママとこどものためのかんたんお手当て法 ~のどが痛いとき編~

をプレゼントしています。



▼登録はこちらから▼

メールアドレス ※必須
名前(姓)
 
2017年体験レッスン最新日程

毎回満員御礼をいただいております。

少人数で丁寧にわかりやすく
重ね煮の理論と調理が一日で分かる

重ね煮アカデミー®1Day体験クラス詳細はこちら

重ね煮アカデミー体験レッスン