重ね煮コラム

子供の繰り返す中耳炎を食事で改善する3つのポイント

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

「風邪をひくたびに中耳炎になってしまい、
しょっちゅう耳鼻科に通っています。」

そんなお声を聞きます。

 

中耳炎、痛いですよね。

中耳炎にかかる子どもは
4月〜6月が多い
その中でも
梅雨の時期がピークだと
ご存知ですか?

 

一旦は病院へ行って
薬で治してもすぐ繰り返す、
または
薬を飲むとぼーっとしている、
と心配なママも多いよう。

 

そんなお悩みをお持ちのお母さんへ。

 

中耳炎で治療しているお子さんの
具体的な食養生について
お伝えします。

 

中耳炎を改善するためには
消化、吸収、排泄がスムーズにできる
身体を作ることが大切です。

 

難しいことではなく
3つのポイントに気をつけるだけで
改善することができるのです。

中耳炎が起こる理由については、こちらをご覧ください。

梅雨は中耳炎のピーク!中耳炎が起こる理由

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。 中耳炎、痛いですよね。 中耳炎にかかる子どもは 4月〜6月が多い その中でも 梅雨の時期がピークだと ご存知ですか? 今日は 中耳炎 ...

続きを見る

 

 

中耳炎を改善する3つの食養生

 

《中耳炎を改善する3つの食養生》
1、ごはんと味噌汁中心の食事にする。
2、冷やさない。
3、小麦粉、乳製品を控える。

この他のコラムでもお伝えしてきている
「食養生」と重なる部分を 感じていただけると思いますが、

 

消化吸収排泄がスムーズな
身体を作るには

腸を整えることなのです。

 

 

ひとつずつ見ていきますね。

1、ごはんと味噌汁中心の食事にする。

kasaneni-text-last-photo.jpg

私たち日本人の身体に馴染む食事は
胃腸を丈夫に保ってくれます。

 

 

2、冷やさない。

身体を冷やすと
胃腸まで冷たくなり
消化酵素が上手に
働かなくなってしまいます。

 

暖房をつけるということでは
ないですよ^^

 

ママができることは
生の果物、野菜を食べさせ過ぎないこと。
甘いもの、ジュースをあげ過ぎないこと。

 

生の果物
甘いもの、ジュースを禁止!
とは言いません。 

量とバランスの問題です。

 

中耳炎の炎症が
起きている時には
甘いものや果物はもちろんバツ
   

体調を見ながら
質の良いものを少量楽しむ
という程度がいい塩梅だと
思います。 

 

日常生活において
あれがダメ、
これがダメと

ダメが先行する食生活では
身体と心のバランス
取れなくなってしまいます。

 

食は人を良くするものです。

 

分からずに食べて
病気になるのはイヤですし、
気にしすぎて
食べられるものがないと
怖くなるのも違います。

正しい知識を持った上で
選択できることが大切です。

心と身体にとって
良いものにしたいですね。

再発したくないと思ったら
薬に頼るのでなく

溜め込まずに
出せる身体をつくること。

廻る身体をつくること

が大切です。

 

 

3.小麦粉、乳製品を控える。

 

乳製品の摂取量は
年々急増しています

牛乳をそんなに飲んでいないのに、、、
と思いませんか?

 

実は、
牛乳そのものの消費量よりも
牛乳やチーズを使った加工品
の摂取が増えているのです。

 

生クリームの入ったお菓子
ヨーグルトなど
沢山食べていませんか?

 

小麦粉乳製品
乾燥地域に住む民族が食べることで、
乾燥という厳しい環境から
体を守ってくれる役割をして
体内に湿を留める働きをしてくれるものです。

 

多湿な日本において
特に梅雨は湿度が高い時期

そんな時に
小麦粉、乳製品を沢山摂ると
身体の中にも湿度が高まり
水分が溜まってしまうのです。

 

だから梅雨は
中耳炎のピークなのです。

 

症状のある時は
食べないこと!

 

治ってからは
「楽しみの食」として、
時々いただく程度に
減らしたいですね。

 

たったそれだけのことで、
症状が出る頻度、

回復までの期間に
大きな変化が現れますよ。

 

お子さんの身体を守るのは
ママのシゴト。

責任重大!大変!
と思うかもしれません。

 

けれども
何を食べないか
に目を向けるのでなく

何を食の中心とするか

を意識してみてくださいね。

 

 

子供の身体を整える食事は
シンプルで簡単なものなのです。

みなさんの周りに
お子さんの中耳炎やアレルギー性鼻炎で
お困りのママはいらっしゃいませんか?

 

よかったらこのブログを
シェアしてあげてくださいね。  

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2023/3/10

自分で体調を整えていく術が分かるようになるから子どもたちに重ね煮を伝えたい。【重ね煮アカデミー応用科修了生のお声】

松田紀子さん 神奈川県在住 1、応用科で印象に残ったこと 基本は養生科にあり。という事でした。 養生科で習ったことが理解出来ているからこそ学びが深まると言う感覚でした。 正直忘れていたこともありまた養生科や基礎科のテキストを見返す事がありました。 正しく学ぶことの大切さを感じました。 最後のレッスンの陰陽バランスを逆にして作ったみそ汁の味の違いを実際食べた時の感覚はしっかり覚えてます。 また献立や配膳に関しては体調をみて整えられるお料理。 毎日軸になる飽きない味。家族に継いでいくお料理。 と掘り下げればよ ...

続きを見る

2023/2/23

自分の経験が誰かの役に立つ仕事です。《重ね煮アカデミー師範》

橋本真弓さん 神奈川県在住 ホームページはこちら 活動の様子はこちら 師範になろうと思ったきっかけは わが家に感動の嵐を起こしてくれた重ね煮という食べ方の知恵をわが家の中だけで収めてしまうのがあまりにもったいなかったからです。 おせっかいな気持ちが大きくて、わたしのような食や健康に悩みがある方には知っていただきたい、きっと楽になるから!という想いが大きく膨らんだのがきっかけです。 師範になって嬉しかったこと なんといっても生徒さんの変化を喜ぶお声です。 わたしが経験した感動と経験とをセットで重ね煮の心をお ...

続きを見る

2023/2/17

かつての私のように悩んでいるママに届けたいと思ったから師範になりました!《重ね煮アカデミー師範》

古川香織さん 静岡県在住 ホームページはこちら 活動の様子はこちら 師範になろうと思ったきっかけは 料理に自信がない毎日のごはん作りが憂うつでした。 過去に長い不妊を経験していたので、ただ好きな物だけ食べていてはいけない、ちゃんとカラダに良いものを作らないといけないと、食べることを難しく考える様になり、娘が産まれてからはさらに思いが強くなり好き嫌いせずなんでも食べてほしくて、野菜を残されるとイライラしました。 ママになれたら、子どもと絵本をたくさん読んで家族で楽しく過ごしたい、思い描いていた自分とは全く違 ...

続きを見る

2023/2/13

気づけばお肌がツルツル、鼻炎が出なくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Yさん(徳島県在住) 2歳の女の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で毎日の食事作りが苦痛でした。スーパーに行くのも面倒でした。娘が生まれてからは、離乳食作りに悪戦苦闘し、大人の食事と別に用意するのが大変でした。 自身は子供のころからアトピーで、体質だから仕方ないとあきらめていましたが、子どもにはその体質を受け継がせたくないと思っていました。 夫も花粉症がひどくて、両親がアレルギー体質だと子ども遺伝すると回りの人からも言われていたので、いつアレルギーを発症するか、毎日 ...

続きを見る

2023/2/17

家族が応援してくれる仕事、誇りに想ってくれる仕事に出会えたことがとても幸せだなと思います。《重ね煮アカデミー師範》

久保田倫子さん 千葉県在住 ホームページはこちら 活動の様子はこちら 師範になろうと思ったきっかけは 当時5歳だった息子が単品食べが多く、小食で、何を作ったらいいか悩んでいました。 風邪をひいたり、結膜炎、蕁麻疹、毎日の様に出る鼻血が心配で病院に通ったり、薬を飲んだり塗ったりすることが多く、その上、HSCの慎重な性格から少しでも丈夫な子に育てたいと思っていました。 両親や祖父母が食に関係する仕事をしていたのもあり、食に関する資格や勉強をしたいと探している時に、重ね煮アカデミーに出会いました。そして、重ね煮 ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

5800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2023 All Rights Reserved.