空気が乾燥してきて
風邪をひきやすい時節になりました。
気を付けていたのに
子供が風邪をひいてしまった!

もらってしまった!

324993

今日は
そんな時の食事についてお伝えしたいと思います。

熱や咳、お腹の症状が強い時

無理に食事を摂らせる必要はありません。

 

症状が強い時に食事を摂ると
消化のためにエネルギーを使ってしまうため、
回復が遅くなります。

 

野生の動物は、
ケガをした時や調子の悪い時
動かず食べずで自然治癒を待ちますね。

 

水分補給を心がけて
休養することをおススメします。

食欲がある時の食事は?

「風邪にはビタミンC」と
果物
を沢山食べさせようとするママもいますが、
風邪をひいている=胃腸が弱っている
と考えてください。

 

甘すぎる果物は腸内で発酵してしまい、
かえって負担になります。

 

また、果物を生で食べることで、
身体も冷やしてしまいます。

 

体調の良くない時は
「良質の血液を作る」食事。

 

 

血液を体内に十分巡らせることで
回復を促すことができるのです。

良質の血液を作るための食事とは?

ママはお分かりのはず^^

 

「おいしいおっぱいを作る」ための食事
と同じですね。

 

おっぱいは血液。

 

授乳中の油っこい食事や
砂糖、肉をたっぷり使った食事は
おっぱいが粘っこくなり、
乳腺炎の原因になったと思います。

 

それと同じく、
良質の血液を作るための食事は
油、砂糖、動物性食品を使わない
胃腸に負担をかけない消化のよい食事です。

 

調子のよくない時は
食事量を普段の半分くらいに
減らすのがよいので

 

ごはんと具沢山の味噌汁やポタージュ、
おじや
などのシンプルな食事をおススメします。

 

ビタミンCは果物からしか摂れないのではありません。

 

例えば、
レンコンに含まれるビタミンC量は
レモンに匹敵し、
熱に壊されにくい性質を持っています。
カリフラワーも同様。


上手に取り入れてみてくださいね。


365日の重ね煮レターレシピ☆時短ママの知恵袋☆

1000名を超える全国のママさんに愛読いただいている
365日の重ね煮レターレシピ(無料メールマガジン)です。

今なら、無料メールマガジン登録で、

☆ママの知恵袋☆薬に頼らない対処法
ママとこどものためのかんたんお手当て法 ~のどが痛いとき編~

をプレゼントしています。



▼登録はこちらから▼

メールアドレス ※必須
名前(姓)
 
2017年体験レッスン最新日程

毎回満員御礼をいただいております。

少人数で丁寧にわかりやすく
重ね煮の理論と調理が一日で分かる

重ね煮アカデミー®1Day体験クラス詳細はこちら

重ね煮アカデミー体験レッスン