重ね煮コラム

緊急事態宣言延長!病院に行く前に!子供の不調に今すぐお家でできる手当て法

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の対象地域と期間が拡大されました。ワクチン接種が進んでもなお、新型コロナウィルスの感染拡大は止まりません。連日、医療が逼迫しているとのニュースも耳にします。

 

これからの時期、季節の移り変わりによる気温湿度の変化、生活リズムの崩れ、運動不足が重なると体調を崩しやすくなります。特に小さいお子さんほど身体を調整する力が未熟なので、不調に繋がりやすくなりますが、なるべく病院へ行くのは避けたい、そう思うママも多いのではないでしょうか?

 

そこで、今日は、『病院へ行く前に今すぐお家でできる3つの手当て法』をお伝えします。

 

子供がお腹やのど、頭の痛みを訴えたり、熱が出たりしたら、、、

 

その時に備え、ぜひママに知っていただきたい内容です。

 

子供の不調を感じたら

1.食欲があっても食べる量を減らす。

2.油と砂糖を使ったお料理はお休みする。

3.葛を取り入れる。

 

一つずつお伝えしていきますね。

 

1.食欲があっても食べる量を減らす

食欲があっても、がポイントです。お子さんの場合は、体調が良くなくても食欲は落ちないことも多いです。そんな時、食べれば元気になるからと、精の出る食べ物、元気になる食べ物をと、しっかりお肉などを食べさせたくなってしまいます。 

 

が!これ、間違いなのです。

 

不調を感じるのは、身体が元へ戻そうと頑張っているから。お肉は、実は消化するのにパワーと時間が必要です。なので、より血液やエネルギーが必要になり、本来治したい箇所に十分な血液が回らなくなります。

 

人間は飢餓への恐怖心から食べなきゃ!と思いがちですが、私たちは本来は水と塩と穀物があれば、生命を繋げる生き物です。 食欲があったとしても、普段の食事の半分以下に量を減らしてみてください。その場合は、ごはんと汁物を中心に、おかずを減らすように心がけるといいです。

 

もし、食欲がない時は心配ではありますが、おかゆと梅干しで十分です。食べられるものを探してアイスクリームやゼリーを無理に食べさせようとしなくても水分をしっかり摂れていれば大丈夫なので、胃腸を休ませてあげてください

 

2.油と砂糖を使ったお料理はお休みする

調子の良くない時こそ、炒め物揚げ物甘いお菓子はお休みしましょう。

 

不調の原因は食べ過ぎ、つまり胃腸の疲れから来ることが多いです。なので、不調は身体からの「休んで。」のサインです。

 

私たちの腸は免疫をコントロールしています。その腸は実は砂糖を好みません。ですから、油や砂糖を摂ってしまうと身体が頑張って回復しようとしているところを邪魔することになってしまいます。身体が回復する力を上手に助けたいですね。

 

この2つを踏まえた上での

3.葛を取り入れる

葛が一家に一袋あれば安心です。 手当てにもお料理にも使えます。自然食品店で確実に手に入れることができます。「本葛100パーセント」のものを選ぶようにしてください。本葛とは、葛の根からとったでんぷんです。

 

市販の葛根湯と言われる風邪薬、ご存知の方が多いと思います。実はこれにも葛が使われています。

 

この葛は沢山の力があります。
汗を出すのを促したり、おなかの調子を整えたり、血液をきれいにしたり、炎症をおさえる力を持っています。

 

これを使って葛湯を作ってみてください。作り方は簡単です。

 

基本の葛湯の作り方

1.小さな鍋に小さじ1〜2くらいの葛に対して湯のみ1杯分の水を入れて5分くらい置きます。
2.その後、火にかけながら混ぜます。
3.透明感ととろみが出たら食べられます。
*小さなお子さんの場合は、りんごのすりおろしを入れたり、少量の蜂蜜や米飴で甘みをつけてもいいと思います。
*葛湯をいただく時間は食事の前がおすすめです。

 

不調の症状は一つだけでなく、お腹が痛い、のどが痛い、熱があるなどいくつかの症状が重なっていることが多いですが、「基本の葛湯」を知っていれば色々な症状に対応できるので、安心です。

 

自然治癒力を妨げないことが大切です

いかがでしたか?
今すぐできそうでしょうか?

 

普段からお子さんの様子をしっかり見てあげることが大前提ですが、それに加えて、この3つの手当てを知っていれば、慌てて病院へ行くことも少なくなってきます。

 

自分の身体を治す力は薬に頼らなくても本来自分の中に備わっています。これを自然治癒力と言いますが、それを妨げないことが大切です。満腹になるまで食べたり、揚げ物や甘いものを沢山食べると自然治癒力を下げてしまいます。 

 

季節の変わり目は不調が起きやすくなります。お子さんの調子が良くないと思った時に今日お話した3つの手当て法、ぜひ試してみてくださいね。

 

★不調を防ぐレシピを知りたい!そう思ったら、こちらも合わせてお読みください。
コロナに負けないママの応援企画!一杯で免疫力アップ!理想の栄養バランスを作る方法 vol.1

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2022/11/21

薬に頼ることなく便秘が改善!「美味しい!」が聞けた。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

K.Kさん(長野県在住) 4歳の女の子の働くママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 娘の便秘と汁物を飲まないことに悩んでいました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 娘はいつの間にか薬に頼ることなく便秘が改善し、汁物も飲むようになりました。とくに味噌汁は「美味しい」と言って飲み干すようになりました。   また、娘が風邪をひいたりしたときに食べられるものが限られていて、栄養面や消化が気になっていました。教えてもらったポタージュ等、家で出来る手当を学べたことがとても ...

続きを見る

2022/10/13

アトピーの痒みで夜中に起きることがなくなり、肌がすべすべに変わっていました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

M.Kさん(埼玉県在住) 小学生の女の子の働くママ 重ね煮アカデミーで学んだきっかけは何でしたか? 自身が子供のころからアトピーだったことと、 今は問題ない娘について今後も安心な生活をさせたかったことから 学ぼうと決めました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 養生科、基礎科と1年学ばせていただいて、 ふと気が付けば、夫に時々もらって飲んでいた 花粉症の薬を今年は1度ももらわずに済んでいました。 ザラザラなのが当たり前だった 肌のさわり心地がすべすべに変わっていました。 痒みで就寝中起き ...

続きを見る

2022/9/8

母娘で花粉症用メガネ、目薬、内服薬を手放すことができました!!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Kさん(茨城県在住) 6歳、3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 20年以上悩まされてきた花粉症が とても軽くなりました! 今までは、花粉の時期に外出するときは 花粉症用メガネとマスクが必須 薬も飲んでいました。 目の痒みがとにかく辛く、 グリグリこすって 目の周りがヒリヒリなったり、 鼻が詰まって寝苦しかったり、 憂鬱な毎日でした。 重ね煮を始めて約9ヶ月で迎えた 花粉シーズン、 自分でも信じられないほど目の痒みがなく、 一度も目をグリグリこすりませんでした! く ...

続きを見る

2022/9/2

時短のためのレンチンや作り置きをしなくて良くなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

R.Yさん(滋賀県在住) 3歳、1歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 家族そろって、「いただきます」から「ごちそうさま」までしたい。 子どもに完食してほしい。 長男のアトピーを治したい。 腸内環境を改善して、体調不良時にも食事で改善の手助けをしたい。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 食に対する基準ができたので、あふれる食情報に迷わなくなりました。 色々なものを「おいしい!」と食べることができています。 重ねて煮るだけなので、時短のためのレンチンとか冷凍の ...

続きを見る

2022/8/16

子供のアレルギー性鼻炎や肌荒れ、咳での通院が続いていました。学んでからは歯医者以外の病院へ行っていません。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

A.Yさん(茨城県在住) 中学生、幼稚園の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 子どものアレルギー性鼻炎や、肌荒れ、 咳などでの通院、薬の服用が続くことに 疑問を感じながらも辞められないことに 悩んでいました。 良いと聞いたものはいろいろ試してきたけど そこまでの改善は感じられず。。。 私自身も軸が定まらず、自信がなく、 家族の健康に対して不安が大きかったです。 重ね煮アカデミーで学び、どんな変化がありましたか? いろいろ調べて 重ね煮アカデミーにたどりつきました。 以前から東洋 ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

5800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2022 All Rights Reserved.