重ね煮コラム

夏休み明けの子供の食欲がない、だるい!症状に。今日からできる秋バテ対策

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

昨日までの暑さから一転、今日はグッと気温が下がりました。また、日中の気温は高い日でも、朝晩は冷え込むようになりました。

 

夏から秋への季節の移り変わりを感じますね。

 

最近では、夏から秋への季節の変化に身体が対応できないことで起こる不調を総称して、

 

秋バテと言ったりします。耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?

 

この秋バテ、大人にだけ起きるものかというと、そうではありません。

 

お子さんにこんな様子はありませんか?

 

ダラダラしていて、
なんだか元気がない・・・
食欲がない

 

夏休み中に乱れた生活習慣の影響と思いがちですが、もしかしたら秋バテかもしれません。

 

今日は秋バテの原因、症状、対策についてお伝えします。大人も子供も体調を崩しやすいこの時期、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

秋バテの症状ってどんなもの?

秋バテの代表的な症状はこちら。

 

・食欲がない
・なんとなくだるい
・胃もたれを感じる
・疲れやすい
・肩がこる
・朝がスッキリ起きられない

 

いわゆる未病の症状ですね。

 

先ほど挙げたお子さんの「ダラダラしていて元気がない」という状態もまさにこれに当てはまります。単に怠けてダラダラしているわけではない、のかもしれないのですよね。

 

秋バテの原因、対策を知って、お子さんが秋バテにならないように注意をしたいところです。

 

秋バテの原因と対策

秋バテの原因はたった一つ

秋バテの原因、それは

 

季節の変化に身体が追いつけないため

 

なのです。

 

つまり、季節は秋へと向かっているのに、身体はまだ夏のまま、秋支度が出来ていない状況。

 

もっと分かりやすく言うと、
衣替えの時期が来ているのに、素足にサンダル・ノースリーブにショートパンツでぶるっと震えが来ている

 

これと同じことが身体の内側でも起きているのです。

 

秋バテの予防・改善のポイント

季節に合わせた食材を選び、季節に合わせた食べ方をすると秋バテを防ぐことはもちろん、改善することもできますよ。

 

これを食養生と言います。

 

夏から秋へと気温も湿度もグンと下がるこの時期、気を付けたいのは冷え乾燥。

 

こんな食生活をしている人は注意が必要です。

 

・トマトやきゅうりの生野菜サラダを毎日食べていませんか?

・氷を入れたジュース、アイスコーヒーを飲んでいませんか?

・キンキンに冷えたビールをぐびっと飲んでいませんか?

・果物たっぷりの朝ごはんを食べていませんか?

・冷たい麺類を食べていませんか?

 

もし思い当たることがあれば、秋の食べ方にスイッチを切り替えていってくださいね。

 

秋バテを防ぐ秋の食べ方って?

昔から

「秋は糖質を盛れ」

と言われています。

 

秋においしくなる食材といえば、さつまいも、じゃがいも、もう少しすれば、新米、新豆も出てきますね。

 

これらの糖質は、身体の内と外から乾燥を防いで潤いを保ってくれます。お子さんは大丈夫だと思いますが、ママも気をつけてください。この時期に糖質制限ダイエットなんてしていたら、カサカサしちゃいますよ。

 

また、陰陽の観点からみても、いも類、穀物は中庸のもの。中庸の食材には、夏の暑さで疲れた身体を癒してくれる力もあるのですよ。

 

そこで、私がこの時期ぜひ食べていただきたいのは、我が家の定番メニューでもある「秋の重ね煮味噌汁」。

 

ちょっと疲れているな、
食欲がないな、

 

お子さんに、家族に、そんな様子が見られた時こそ、食卓へ上げてくださいね。

 

レシピはこちら↓
動画でわかりやすくご紹介しています^^早速作ってみてくださいね!
【重ね煮レシピ動画】秋の重ね煮味噌汁

 

いかがでしたか?
秋の食べ方で秋バテ知らず!冷えと乾燥への対策をしっかりして、元気に秋を迎えましょう^^

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、家族の健康を食から守りたい!と願うママに、365日毎日、重ね煮の知恵とレシピをお届けしています。
今ご登録いただいた方には、15分でできる!1週間分の朝ごはんレシピ(小冊子)をプレゼント中!!ぜひゲットしてくださいね^^

無料メール講座登録はこちらから

☑️子どもを元気に育てたい
☑️ワンパターンな朝ごはんに困っている
☑️いつもパンでいいのかな
☑️朝はバタバタ時間がない
☑️そもそも料理が苦手 そんなママへ

今すぐできる15分朝ごはんをプレゼント。
お子さんだけでなく、
パパ、ママ、ご家族みんなの
身体を整える朝ごはんの知恵とレシピ

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2022/1/17

鼻炎、咳、肌荒れ...病院通いを繰り返していた子供がこの1年は歯医者以外で通院していません!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Y.さん 茨城県在住(小6のと年中の男の子2人のママ、ご家族4人) 冬になると、子供の鼻炎、咳、肌荒れの症状が出るのではないかと不安でした。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 子どものアレルギー性鼻炎や、喘息のような咳が出やすいこと、アトピーとは言われないけどカサカサや赤みなどの肌荒れでの通院。 「この季節になるとこの症状がまた出るのかなぁ…」といつも不安でした。   薬に頼らず根本から改善したいと思ったことがきっかけでした。 重ね煮アカデミーで学ぼうと思ったきっかけ 薬を処方されて、薬がな ...

続きを見る

2022/1/17

子どもたちの咳や鼻水があっという間に治るように!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.K.さん 茨城県在住(年長の男の子と3歳の女の子のママ、ご家族4人) 2歳の娘が花粉症を発症してしまうのではないか、という不安がありました。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 私自身20年以上花粉症に悩まされてはいましたが、花粉症は一度発症したら治らない、この先もずっと付き合っていくしかないと思っていました。娘が2歳の春、公園で遊んでいるとくしゃみや目をかゆがることが何度かあり、このままでは娘も発症してしまうのではと不安になっていました。 めぐみアレルギーは遺伝するという不安。一旦発症したら薬で抑える ...

続きを見る

2022/1/17

主人の胃腸の不調、子供たちの花粉症、鼻炎、便秘が改善!病院に行く頻度が明らかに減りました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

N.H.さん 埼玉県在住(小6女の子と小3男の子のママ、ご家族4人) 胃腸が弱い、花粉症、鼻炎、便秘・・・ 家族の体調を薬ではなく食べるもので整えたいと思っていました。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 夫がすぐに胃腸の調子を崩しやすく、薬に頼りがちになっていた。 息子の花粉症、季節の変わり目の鼻炎、娘の便秘もあり、家族の体調を薬ではなく食べるもので整えたいと思いつつも、どうしていいのか分からなかった。 めぐみ沢山の不調を抱えていると、それぞれに薬が必要だと思いがちですよね。だからどうしたらいいのか分から ...

続きを見る

2022/1/7

大泣きしていた2歳の娘の便秘が治りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.W.さん 神奈川県在住(6歳と2歳の女の子2人のママ、ご家族4人) 自己流から、もっと深く重ね煮を学びたいと思ったのがきっかけでした。 長女が風邪をひきやすく、集団生活が始まった年少時には、1年の半分くらいは風邪でお休みする程でした。 ちょうど産まれたばかりの次女も、長女の風邪をいつも貰ってしまい病気通いの日々。次女が、5ヶ月の時に遂に入院となってしまい、病室で点滴をつけている姿をみて、何とかしないと!と思ったときに、先生の重ね煮の本に出会いました。 暫くは、本を頼りに自己流でやっていて効果が出てきた ...

続きを見る

2021/12/13

仕事が忙しく時間の制約があっても!食事で家族の健康を守れるようになります。【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

N.A.さん 埼玉県在住(小学校1年生の女の子ママ、ご家族3人) 仕事が忙しくても、野菜たっぷり!冷凍食品に頼らない食事を作りたい。 仕事が忙しく食事のしたくに時間をかけられない中で、野菜を美味しく食べられる食事を作りたいと思っていたこと、幼稚園の子どものお弁当を冷凍食品に頼らずに作れるようになりたかったことから、重ね煮、重ね煮アカデミーにたどり着きました。   手軽さ、美味しさ、レシピだけでなく知識が身につくことが決め手でした。 材料を切って重ねて火にかける、という手軽さと、一方で出汁や調味料 ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

5600名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「最強スープ」をご登録者にプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2022 All Rights Reserved.