重ね煮コラム

子供の身体と心を育てるお弁当の作り方

こんにちは。
「重ね煮アカデミー」主宰
重ね煮健康料理研究家・田島恵です。

 

春。
入園式が終わり、
これから始まるお弁当作りを控え、ドキドキのお母さんも多いのではと思います^^

 

今日はお弁当についてお話したいと思います。

 

お弁当=家とは違う場所でいただく持ち運びできる食事
のこと。

 

毎日のお弁当は特に気負わなくても
お家の食事の延長でいいということですよ。
全て朝から作らなくても、
傷みにくいものならば前日の残りや常備菜を入れても大丈夫です^^

 

だけど、

 

何を詰めたらいいのか、どれだけ詰めたらいいのか
分らないというお母さんへ。

 

お子さんの丈夫な身体と心を育むお弁当の黄金比
をお伝えしたいと思います。

 

私たちの身体のバランスを整えてくれて
かつ自然治癒力と免疫力を最大限に引き出してくれる

 

日々の食事の黄金比(いわゆる食性)は
穀物:野菜、海草:肉、魚を5:2:1。

 

その理由についてはこちらを参考にしてください。
食性について

 

この比率をお弁当箱に置き換えますね。
お弁当箱の3分の2がごはん、
残りの3分の1のスペースを3等分した箇所に
①魚または肉
②根菜やイモ類を煮たりふかしたもの
③葉物類の和え物
たまに少量の果物を入れるのもいいと思います。

 

これで黄金比のお弁当の出来上がり。

 

図で表すとこんな感じです。
お弁当の黄金比

 

 

 

 

 

 

 

では参考に、こちらのお弁当はどうでしょう?
97cb5fc89c195e9f05bf4b6cd8fc9914_m
☆魚、肉が圧倒的に多いですね。

こちらは私の息子が中学入学の頃、5年前のお弁当です。
大きさが違うので申し訳ありませんが、黄金比率の参考になるかと思います。
一般のお弁当箱はごはんがあまり入らないので、おにぎりを持参していました。
DSCN0957
 DSCN0953
DSCN0952
次からはお弁当の中身について少し詳しくお話ししていきますね。

 

2016年10月開講分
重ね煮アカデミー1Day体験クラスは
6月中旬スタートです。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/7/4

アトピーの薬が不要!とても綺麗な肌になりました。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

A.Hさん(京都府在住) 4歳、2歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 長男のアレルギーとアトピー性皮膚炎に悩んでいた時に重ね煮と出会い、オンライン体験クラスに参加しました。内容に興味を持ち、長男のアトピーが少しでも良くなるならと本講座を受講した。 重ね煮アカデミーで学び、どんな変化がありましたか? 養生科の半年、先生の本や課題レシピで重ね煮を取り入れると長男の膝の裏に薬を塗る回数が減ってきた。 更に基礎科の半年、朝食の重ね煮味噌汁を続けると、もうアトピーの薬が不要になった。 ...

続きを見る

2024/7/3

肌荒れが悩みだったのに、今では「きれい!」と褒められるように!【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

M.Kさん(滋賀県在住) 小3、年中の2人の女の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 子どもの頃からおなかが弱く、便秘と下痢を繰り返していましたが、それが普通というか当たり前になっていて“自分はそういう体質なんだ”と思っていました。中学時代からは肌荒れもひどく、ニキビや毛穴など肌の悩みもずっとありました。 次女の産後おなかの不調が特にひどくなり、腸ケアや食事改善に取り組み始め、重ね煮に出逢いました。 重ね煮アカデミーで学び、どんな変化がありましたか? 重ね煮を始めてから少しずつ体調が ...

続きを見る

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.