重ね煮コラム

所要時間は数十秒!ブロッコリーの一番美味しい食べ方【レシピ付】

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

毎日の食卓、お弁当の定番野菜の一つ、ブロッコリー。アレンジのしやすさもさることながら、単品で美味しくいただけるのも魅力の一つ。

 

皆さんはどのように調理していますか?

 

今日は、ブロッコリーの栄養を逃さず、たった数十秒で美味しく調理する方法をお伝えします。

 

ブロッコリーをたっぷりのお湯で
茹でていませんか?

今では一年を通してスーパーに並び、年中楽しむことができるブロッコリーですが、実は美味しい旬は秋から春先にかけての寒い時期。これからどんどん美味しくなっていくのです^^

 

シチューに入れたり、サラダに使ったり、アレンジも自在のブロッコリーですが、一番の定番はそのまま単品で食べる、ではないかと思います。

 

その際、皆さんはどのように調理されていますか?

 

たっぷりのお湯で茹でていますか?
栄養が逃げ出さないようにと、電子レンジで加熱していますか?

 

 

私の一番のおすすめは、茹でるでもなく電子レンジでもなく、断然、蒸し煮です。

 

以前、蒸し煮がブームになったこともあるので、ご存知の方も多いかもしれません。タジン鍋、無水鍋といった鍋も話題になりましたよね。ですが、重ね煮アカデミーでお伝えしている蒸し煮は、特別な鍋は必要ありません。むしろ、安い薄手の鍋の方が上手に美味しくできるのです^^

 

蒸し煮はなんで美味しいの?
具体的にはどうやって調理するの?

 

順番にお伝えしていきますね^^

 

蒸し煮のブロッコリーが美味しい理由

先ほど、①茹でるより、電子レンジより、蒸し煮が美味しい、②特別な鍋より、安い薄手の鍋の方が上手に美味しく仕上がる、2つのことを話しました。順番に理由を見ていきましょう。

 

①茹でるより、電子レンジより、蒸し煮が美味しい理由

栄養価が高いことで有名なブロッコリー。特に多く含まれるのがビタミンCですが、ビタミンCは水溶性。たっぷりのお湯で茹でてしまうと、その半分が水に溶け出してしまいます。また、その他のビタミン類やカリウムなどのミネラルも同様に、茹でることで約半分になってしまいます。そして、同時に旨味も水に溶け出してしまうのですよね。茹ですぎて食感が落ちてしまう、という可能性もありますね。

 

栄養を逃さず摂ろう!ということで、電子レンジで加熱する、という方法をよく聞きます。たしかに栄養素を逃さず調理することができるのですが、一方で、加熱ムラができやすい青臭さが若干残る、というデメリットがあります。

 

蒸し煮なら、少量の水でさっと短時間で仕上げるので、栄養素が水に溶け出すことはなく素材の旨味・甘みがぎゅっと閉じ込められるので、とっても美味しくできますよ^^

 

②特別な鍋より、安い薄手の鍋の方が上手に美味しく仕上がる理由

ブロッコリーの蒸し煮の美味しさの秘密は、野菜の香り・食感を残して、色鮮やかに仕上げること

 

なので、急速に温度を上げることができて、急速に冷ますことができる熱伝導のよい鍋で作ることがポイント。これを叶えてくれるのが、安い薄手の鍋なのです。私は写真にあるような、アルミの鍋を愛用しています^^

 

タジン鍋や無水鍋はじっくり火を通すことを得意としているので、色も少々悪く、少し柔らかい仕上がりになってしまうのです。

 

薄手の鍋でさっと蒸し煮する、これがブロッコリーを美味しく食べるためのポイントです。それでは、具体的な調理方法(レシピ)をご紹介しますね!

 

ブロッコリーの蒸し煮レシピ

<材料>

ブロッコリー 適量
水、塩

 

<作り方>
1.薄手の鍋に水大さじ3、塩小さじ半分を入れて火にかける。

2.お湯が沸いたらブロッコリーを入れて、全体に塩水がいきわたるようにざっと混ぜてフタをする。

3.湯気が出て数秒したらフタを取り、全体を混ぜながら水気を飛ばして出来上がり。

 

<ポイント>
☆蒸し煮後の状態は、鍋の中にはほとんど水が残っていないのが理想です。

☆ほんのり塩味が効いた美味しいブロッコリーが出来上がります。

☆ブロッコリーだけでなく、カリフラワーやアスパラガスでも同じように蒸し煮してみてくださいね。

 

いかがでしたか?
「いつもの茹でたブロッコリーよりも美味しいと言われた」「子供がもっと食べたいと言った」のお声をいただくことが多いブロッコリーの蒸し煮。所要時間わずか数十秒!とっても簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね^^

 

★枝豆もとうもろこしも蒸し煮がおすすめです!詳しくはこちらの記事を合わせてご覧ください。
簡単・時短!「茹でる」より断然おすすめ!とうもろこし・枝豆の美味しい食べ方

 

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

2024/4/16

献立に迷う、時間がかかるから料理が苦痛、、、気づけば楽しめるようになっていました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Kさん(横浜市在住) 3歳、0歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で自分の作るものに自信がなく、子どものためにいいものを作りたいのに何を作ったらいいかわかりませんでした。毎日の献立を考えるのも、料理を作るのも、時間がかかって、料理が苦痛になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? まず重ね煮味噌汁が、家にある食材でさっと作れるようになりました。味噌汁1品だけでも具沢山で満足感があるので、味噌汁さえ作れれば大丈夫という気持ちになり、心 ...

続きを見る

2024/4/16

子どもが食べてくれない、栄養が足りているか心配、という不安がなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(神戸市在住) 4歳、1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で、レシピを見ないと作れず、毎日今日のごはんは何にしようと献立を考えたりするのも苦痛でした。 また、幼児食などの本を参考にして作ったりしても子供がなかなかごはんを食べてくれず、栄養が足りているのか心配でした。鼻がつまったり、咳風邪をよく引いたりと体調面も気になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 料理を作ることが楽しくなってきました!毎日の献立は相変わらず迷うこと ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.