重ね煮コラム

味覚の秋はアレルギーに注意!食べ過ぎに気を付けたいものとは?

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

すっかり秋めいてきましたね。「味覚の秋」到来です^^

 

魚、きのこ、野菜、果物・・・さまざまな食材が旬を迎え美味しくなる秋ですが、食べ過ぎることでアレルギーにつながる食べ物もあります。

 

食べ過ぎに気をつけたいものとは何でしょうか?理由と対策とともにお伝えします。

 

味覚の秋!
食べ過ぎに気をつけたいものとは?

味覚の秋と言えば、なし、ぶどう、柿、りんごなどの果物を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

実はこの果物が、今回お伝えする、味覚の秋に食べ過ぎに気をつけたいものです。

 

なぜなら、果物アレルギーを発症する人が年々増えているから。

 

では、なぜ果物アレルギーは年々増加傾向にあるのでしょうか?

 

果物アレルギーが増えている理由

果物アレルギーが増えている理由を考える前に、まずは果物アレルギーが引き起こされる原因について考えてみたいと思います。

 

果物アレルギーが引き起こされる原因

アレルギーは免疫反応。つまり、の環境と大きな繋がりがあります。

 

果物に対してアレルギー反応が起きるのは個人差はあるものの、これまで食べてきた果物の量が消化能力を上回ってしまったせいです。

 

そして、日本の果物は糖度表示が当たり前、というくらい昔に比べて甘くなっています。果物に多く含まれる果糖は、体内で消化分解しきれないと腸内で発酵し、腸内環境に悪い影響を与えてしまいます。

 

その結果果物アレルギーだけでなく、花粉症便秘下痢風邪を引きやすいなど、腸が司る免疫機能の低下を引き起こします。

 

果物アレルギーが増えている理由

果物アレルギーが増えている理由の一つは、先ほど書いたように、日本の果物が昔に比べてかなり甘くなったこと。昔の人と同じ量の果物を食べたとしても、甘くなった(糖分が増えた)分だけ、消化に負担がかかり、腸内環境の悪化、免疫機能の低下につながり、アレルギーを引き起こしやすくなります。

 

そして、もう一つは、ここ数年、酵素、コールドプレスジュースやスムージーが流行ったことで急激に果物消費が増えたこと。体の消費能力を超えて果物を摂るとアレルギーが引き起こされるので、消費量が増えるほど、果物アレルギーを発症する可能性も高くなります。

 

では、アレルギーの原因になるからと言って、果物を食べてはいけないかというと、もちろんそんなことはありません

 

食べ方を変えて楽しむことをおすすめします。

 

アレルギーを防ぐ果物の食べ方とは?

果物のアレルゲンは熱に弱いため、生で食べるよりも火を通すことをおすすめします。特に胃腸が未成熟な小さいお子さんには、煮りんごコンポートというように加熱したものを食べさせるのが安心です。

 

★秋の味覚、りんごとさつまいもを使ったおすすめデザートをご紹介します!火を通すことで胃腸に優しいのはもちろん、整腸作用もあるので、お腹が痛い時のお手当としても使えますよ^^
おなかが痛いとき、おやつ、お弁当にもお役立ち重ね煮レシピ《さつまいもとりんごの葛あん煮》

 

また、せっかくの旬のものだからそのまま生で食べたい!という場合には、少量を楽しんでいただくように心かげましょう。

 

どんなに身体に良いと言われるものも「適量」が大切。摂り過ぎは毒になる。

 

果物にも言えることです。ビタミンCが多いから、酵素が多いから、といった理由で摂りすぎると、腸内環境の悪化、免疫機能の低下につながり、アレルギーの原因にもなってしまうのです。

 

いかがでしたか?
秋の味覚・果物。食べていけないのではなく、食べ方に気をつけることがポイントです。適量を意識して、旬の味覚を楽しみましょう^^

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。
重ね煮で手に入る家族の健康。ぜひ家族の食卓に取り入れてみてください^^

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2022/4/8

重ね煮は毎日の積み重ね!台所に立つことが苦痛ではなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

山内綾香さん 愛知県在住(ご家族3人、1歳のお子さんのママ) 養生科で印象に残ったこと 料理が苦手な人でも続けられます! 重ね煮は毎日の積み重ね。 ハレとケで食事を切り替える。 これじゃないといけない。 全部重ね煮にしましょう! などのハードルの高さがなく、料理にハードルを感じる人にとっても 続けやすい優しさが重ね煮にはあると思いました。 ご家族ご自身の変化 ・子どもが熱を出した時、  食事内容と食事量を意識してあげるだけで熱がすぐに下がった。 ・重ね煮という軸がこの半年ででき、  持っているだけで(使わ ...

続きを見る

2022/3/31

これで大丈夫!喘息の子供を守れる!自分の中に安心できる食の軸ができました。《重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声》

中桐梨香さん (香川県在住  小学生、幼稚園の男の子のママ) 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 次男の喘息に悩んでいました。 喘息の標準的な治療をしても、 掃除をきちんとしても、繰り返す喘息の発作。 いつ発作を起こすのかが不安で心身共に疲れ切っていました。 不安で仕方なくて、「喘息に良い」と言われることは 何でも試してみました。(アロマ、食、鍼灸など) それでも発作はおさまることはなく 特に食に関しては知識だけで頭でっかちとなり、 食べてはいけないものを避ける生活をしていました。 食べるこ ...

続きを見る

2022/4/3

主人に「ママの料理がどんどんレベルアップしているね!」と褒められました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

W.Yさん 神奈川県在住(ご家族3人、5歳と1歳の女の子のママ) 1、重ね煮アカデミーで学んだきっかけ 子供達の健康を守りたい! 次女が5ヶ月の時、 風邪が重症化し気管支炎で入院して しまった事がきっかけになり、 長女も風邪を引きやすい子だったので、 子ども達の体を強くするために 何か出来ることは無いんだろうか?と 色々探していました。 そんな時に先生の本に出会い、 重ね煮アカデミーの存在も知りました。 先生の本を見て作ってみると、 どれも美味しく重ね煮の魅力に すっかりハマったのですが、 本だけでは子ど ...

続きを見る

2022/3/20

3歳から続いていた子供のアレルギー性鼻炎、鼻水吸引器を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

M.Sさん(沖縄県在住) 5歳、1歳の男の子のママ 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 長男が3歳頃からくしゃみや鼻水、目の痒みなど アレルギー性鼻炎の症状が出るようになりました。 治したくて色々な方法を試してきましたが、 根本的によくなる方法がわからずに悩んでいました。 2、重ね煮アカデミーで学ぶ決め手は何でしたか? 今までも本やレターレシピを見ながら重ね煮を取り入れてはいましたが、 レシピを見て重ね煮を作ることはできても、 何を作ろうと悩んだり、 食に対する軸が定まらず〝これでいいの ...

続きを見る

2022/3/15

子供のアレルギー性鼻炎が改善しました!半年病院へ行っていません。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Aさん 茨城県在住(ご家族4人、12歳と4歳の男の子のママ) 重ね煮アカデミーで学んだきっかけ 砂糖と油を使わずにおいしいご飯が作れることに感動しました! 子どものアレルギー性鼻炎や咳などでの通院が続き、食から変えたいと思い、 添加物のことや、近年多い色々な不調のことなどを調べていくうちに重ね煮に出会いました。 先生の著書を購入して自分なりに日々の食事に取り入れていき、体調の変化も感じましたが、 本当にこの作り方で良いのかな?と思うことも多く、自己流になっていると感じたので講座を受けようと決めました。 ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

完食弁当

5800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、パパも子供も大満足!朝15分でできる「完食弁当」をご登録者全員にプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2022 All Rights Reserved.