重ね煮コラム

味覚の秋はアレルギーに注意!食べ過ぎに気を付けたいものとは?

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

すっかり秋めいてきましたね。「味覚の秋」到来です^^

 

魚、きのこ、野菜、果物・・・さまざまな食材が旬を迎え美味しくなる秋ですが、食べ過ぎることでアレルギーにつながる食べ物もあります。

 

食べ過ぎに気をつけたいものとは何でしょうか?理由と対策とともにお伝えします。

 

味覚の秋!
食べ過ぎに気をつけたいものとは?

味覚の秋と言えば、なし、ぶどう、柿、りんごなどの果物を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

実はこの果物が、今回お伝えする、味覚の秋に食べ過ぎに気をつけたいものです。

 

なぜなら、果物アレルギーを発症する人が年々増えているから。

 

では、なぜ果物アレルギーは年々増加傾向にあるのでしょうか?

 

果物アレルギーが増えている理由

果物アレルギーが増えている理由を考える前に、まずは果物アレルギーが引き起こされる原因について考えてみたいと思います。

 

果物アレルギーが引き起こされる原因

アレルギーは免疫反応。つまり、の環境と大きな繋がりがあります。

 

果物に対してアレルギー反応が起きるのは個人差はあるものの、これまで食べてきた果物の量が消化能力を上回ってしまったせいです。

 

そして、日本の果物は糖度表示が当たり前、というくらい昔に比べて甘くなっています。果物に多く含まれる果糖は、体内で消化分解しきれないと腸内で発酵し、腸内環境に悪い影響を与えてしまいます。

 

その結果果物アレルギーだけでなく、花粉症便秘下痢風邪を引きやすいなど、腸が司る免疫機能の低下を引き起こします。

 

果物アレルギーが増えている理由

果物アレルギーが増えている理由の一つは、先ほど書いたように、日本の果物が昔に比べてかなり甘くなったこと。昔の人と同じ量の果物を食べたとしても、甘くなった(糖分が増えた)分だけ、消化に負担がかかり、腸内環境の悪化、免疫機能の低下につながり、アレルギーを引き起こしやすくなります。

 

そして、もう一つは、ここ数年、酵素、コールドプレスジュースやスムージーが流行ったことで急激に果物消費が増えたこと。体の消費能力を超えて果物を摂るとアレルギーが引き起こされるので、消費量が増えるほど、果物アレルギーを発症する可能性も高くなります。

 

では、アレルギーの原因になるからと言って、果物を食べてはいけないかというと、もちろんそんなことはありません

 

食べ方を変えて楽しむことをおすすめします。

 

アレルギーを防ぐ果物の食べ方とは?

果物のアレルゲンは熱に弱いため、生で食べるよりも火を通すことをおすすめします。特に胃腸が未成熟な小さいお子さんには、煮りんごコンポートというように加熱したものを食べさせるのが安心です。

 

★秋の味覚、りんごとさつまいもを使ったおすすめデザートをご紹介します!火を通すことで胃腸に優しいのはもちろん、整腸作用もあるので、お腹が痛い時のお手当としても使えますよ^^
おなかが痛いとき、おやつ、お弁当にもお役立ち重ね煮レシピ《さつまいもとりんごの葛あん煮》

 

また、せっかくの旬のものだからそのまま生で食べたい!という場合には、少量を楽しんでいただくように心かげましょう。

 

どんなに身体に良いと言われるものも「適量」が大切。摂り過ぎは毒になる。

 

果物にも言えることです。ビタミンCが多いから、酵素が多いから、といった理由で摂りすぎると、腸内環境の悪化、免疫機能の低下につながり、アレルギーの原因にもなってしまうのです。

 

いかがでしたか?
秋の味覚・果物。食べていけないのではなく、食べ方に気をつけることがポイントです。適量を意識して、旬の味覚を楽しみましょう^^

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。
重ね煮で手に入る家族の健康。ぜひ家族の食卓に取り入れてみてください^^

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2022/9/8

母娘で花粉症用メガネ、目薬、内服薬を手放すことができました!!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Kさん(茨城県在住) 6歳、3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 20年以上悩まされてきた花粉症が とても軽くなりました! 今までは、花粉の時期に外出するときは 花粉症用メガネとマスクが必須 薬も飲んでいました。 目の痒みがとにかく辛く、 グリグリこすって 目の周りがヒリヒリなったり、 鼻が詰まって寝苦しかったり、 憂鬱な毎日でした。 重ね煮を始めて約9ヶ月で迎えた 花粉シーズン、 自分でも信じられないほど目の痒みがなく、 一度も目をグリグリこすりませんでした! く ...

続きを見る

2022/9/2

時短のためのレンチンや作り置きをしなくて良くなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

R.Yさん(滋賀県在住) 3歳、1歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 家族そろって、「いただきます」から「ごちそうさま」までしたい。 子どもに完食してほしい。 長男のアトピーを治したい。 腸内環境を改善して、体調不良時にも食事で改善の手助けをしたい。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 食に対する基準ができたので、あふれる食情報に迷わなくなりました。 色々なものを「おいしい!」と食べることができています。 重ねて煮るだけなので、時短のためのレンチンとか冷凍の ...

続きを見る

2022/8/16

子供のアレルギー性鼻炎や肌荒れ、咳での通院が続いていました。学んでからは歯医者以外の病院へ行っていません。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

A.Yさん(茨城県在住) 中学生、幼稚園の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 子どものアレルギー性鼻炎や、肌荒れ、 咳などでの通院、薬の服用が続くことに 疑問を感じながらも辞められないことに 悩んでいました。 良いと聞いたものはいろいろ試してきたけど そこまでの改善は感じられず。。。 私自身も軸が定まらず、自信がなく、 家族の健康に対して不安が大きかったです。 重ね煮アカデミーで学び、どんな変化がありましたか? いろいろ調べて 重ね煮アカデミーにたどりつきました。 以前から東洋 ...

続きを見る

2022/8/3

学びのきっかけはコロナウィルスでした。子育てに不安を持っているママは受けてみてほしいです。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

S.Nさん(神奈川県在住) 小学生、幼稚園のお子さんのママ 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? きっかけはコロナウィルスです。 子供たちの健康を守るために何ができるだろう?と 普段から食べ物に気をつけるようにしていましたが、 情報に振り回されていて、これなら大丈夫だという自信はありませんでした。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 今なら大丈夫です。 毎日の食事で身体作りから、不調のときも整えることができます。 困ったことがあれば重ね煮に戻って考えることができます。 ...

続きを見る

2022/7/24

重ね煮アカデミーは生き方、家族の在り方まで変わる学びです。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

久保田倫子さん(千葉県在住) 小学2年生の男の子のママ 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 風邪をひきがちな息子の免疫力を上げたいとの気持ちから受講を決めました。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 気がつくと、風邪で病院へ行くこともなくなっていました。 他にあげるとたくさんになるのですが… 私自身の変化 ・便秘が改善 ・生理痛が改善 ・動悸がなくなる ・鼻炎が改善 ・季節の変わり目に出ていた咳がなくなる ・カラダの中からの痒みがなくなる ・首の後ろ、太ももの付け根の ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

5800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2022 All Rights Reserved.