お知らせ 重ね煮コラム

重ね煮ワークショップ@葉山~頑張りましたの舞台裏編~

4/29.30、2日間にわたって開催しました
重ね煮ワークショップ@葉山。

「重ね煮ワークショップ」を葉山芸術祭に出展しよう、
と決めたのはちょうど1年前。
重ね煮アカデミー応用科が始まって間もない頃でした。

 

重ね煮を取り入れたことで、
家族を含め、自分自身の身体と心の変化を感じている生徒さんから
「重ね煮を伝えていきたい。」とお声をいただいたことが背中を押す第一歩となって始まった応用科。

 

応用科を終了したら
「はい、講師として活動できますよ。どうぞ。」
というのではなく、

教室運営を持続できるようにサポートをしたい
という想いが、
今回の重ね煮ワークショップ@葉山の開催につながりました。

 

伝えたい想いを持つ3名の生徒さんたちが
第1部、第2部、第3部の講師として、

それぞれのテーマを決めての
座学と調理デモンストレーション。

 

生徒さんたちにとっては全てが初めての経験。

 

告知、募集、集客に始まり、
プロフィール作成、レジュメ作成、レシピ決定。

 

「〇〇日までに出してね。」
時には生徒さんたちのお尻を叩きつつ、
提出されたプロフィールやテーマは
生徒さん自身からにじみ出たもので、
読みながらとても感動してしまい、

 

「絶対成功する、成功させたい」
と強く思いました。

 

「参加者があるかな?」
「誰も来てくれなかったらどうしよう。」
ドキドキの募集だったと思います。

 

募集後の準備期間は作成いただいたレジュメの添削。
時間内で分かりやすく伝えられるか
お互いに聞き合ってのリハーサル。
「リハーサルの方が緊張します。」
との声もありましたが、それもそうかも^^

 

同じく時間内に調理を終えることができるか
シミュレーション。

 

 

 

 

助手をつとめてくださる応用科の生徒さんと
時間をはかって練習をしたのは山下麻子さん。

 

手いっぱいなうえに
今後の教室案内を作成すること
と宿題まで出しちゃいましたね
初めてのことだらけで、
目まぐるしく忙しく大変な数か月だったと思います。

 

ですが、
準備が整ってから、教室開催の募集をかけて
ではなく、

 

期限を決めて〇〇日に開催する!

そのために
いつまでにこうする
これを準備する
ここまで整える
という一連の流れを経験していただきたかったのです。

苦手な集客も頑張りました!

SNS、チラシ、イベント告知、
出来ることはしていただきました。
参加者がどこから来てくださるのかが
より分かると思ったからです。

 

お陰で満員御礼での開催となりました。
ドキドキの当日に続きます。(→☆☆)

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2021/4/18

100%の生徒さんが調味料を変えました!【重ね煮アカデミー生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   皆さんは、どんな調味料を選んでいますか?   一般的には、 料理の味は調味料で決まると 思っているかもしれません。   調味料とは、正しくは 「調味料によって」 食材から引き出せる甘みや旨みが変わるのです。   重ね煮アカデミー養生科では 調味料について学びます。 生徒さんたちが課題として 調べて発表してくれます。   調べた結果、自分で納得!   全員の生徒さんが調味料を変 ...

続きを見る

2021/4/18

宅配の食材セットの購入をやめました!【重ね煮アカデミー養生科生のお声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   「宅配の食材セットの購入をやめました」 どういうこと?って思いますよね。 重ね煮アカデミーの生徒さんからのお声が届きました。 ご紹介させていただきますね。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー (一部抜粋) 宅配会社の食材セットを 購入していたのをやめました。 野菜を沢山購入するようになり これまで使わなかった 根菜類を沢山使うようになりました。 料理を作ることに対して 「苦痛・面倒・できたらしたくない」 から「簡単・ラク・楽 ...

続きを見る

2021/4/15

3ヶ月で砂糖依存から脱出できました!【重ね煮アカデミー養生科生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   「本当に自然に我慢しないで 砂糖離れできたことがすごいです!!!」   重ね煮アカデミーの生徒さんからの声が届きました。 甘いものをやめたい やめなければ、、、 多くのママのお悩みではないでしょうか? また、我慢する!しか、 解決策が見つからない問題だと思います。 実はこのお声、 3ヶ月前には砂糖をやめたい!どうしたら、、、? と言っていた生徒さんの声です。 どうしてこんなに変化できたのか 少しご紹介しますね。 & ...

続きを見る

2021/4/1

年中鼻をかんでいた夫の鼻炎が治りました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

S.Tさん 岡山県在住(ご家族5人、7歳、6歳、4歳のお子さんのママ) 年中鼻づまりの鼻炎がきっかけでした 忙しいとついお惣菜やマクドナルドで 済ませてしまうことが多く、 このままの食生活でいいのかな?と悩んでいました。 家族全員鼻炎でが、年中鼻づまりで苦しんでいる姿をみて 食べるものから体質改善したい、 食生活を整えたいと思いました。   養生科で印象に残ったこと ・身体に良いものではなくて、身体に馴染むものを選ぶ、ということ。 ・自分の選んだものや食生活を子供に手渡していく、ということ。 食 ...

続きを見る

2021/3/27

体温が上がって、乾燥肌もなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Tさん 奈良県在住 (ご家族7人、10歳女の子、7歳男の子、4歳女の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 食の軸ができました! 料理の仕方だけでなく、 重ね煮の根本的な考え方、食の歴史、歯の構造から、 食べ方があることを知って、目から鱗でした。 改めて食べ方を学ぶことができ、 また、野菜の選び方、食材の選び方を知り、 自分なりの食の軸ができました。 調味料の作り方や原材料を知ることで、 より調味料が選べるようになりました。     ご家族ご自身の変化 食材や調味料の選び方が変わりま ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

朝15分で出来ちゃう!体が整う完食弁当テキスト

4800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、朝15分で出来ちゃう!体が整う完食弁当のレシピテキストをご登録者にプレゼントします。


 

もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2021 All Rights Reserved.