季節の変わり目は体調をくずしがち。

 

それは、
身体が自然環境の変化に対応しきれていないから。

 

 

人が生きるためには
「衣食住」が基本と言います。

 

身に着けるもの
住空間、環境
季節に合わせて整えることを
楽しむのと同様、

 

口から入れる食べ物も
季節に合わせてしっかり調整することで

自然環境と私たちの身体との差
小さくすることができます。

 

つまり、

自然に寄り添える身体を作る
ことにつながります。

 

「衣」や「住」と同じような感覚で
口から入れるものも衣替え。
季節に寄り添うことを楽しんでみてくださいね。

 

食養では
「冬は熱と油気を盛れ」
と言われます。

 

とは身体を温めること。

身体を温めてくれる
人参やごぼう、蓮根の根菜類をしっかり食べる。

 

油気は寒さから身体を守ってくれる
脂肪分ですね。

ぶりやたらの魚も脂が乗って来て美味しい時期です。
ぶり大根などの煮ものや鍋料理も温まりますね^^

 

四季に恵まれている日本
その季節ならではの食を楽しみ、
身体を整えていきたいですね。

さて、
今日はこれからの時期
美味しくなる鮭を使った石狩汁
をご紹介しますね。

 

熱と油気を盛って!
寒い日も健やかに美味しく
過ごしてくださいね。

 

石狩汁

石狩汁295.jpg

【材料と作り方】

——-○——
味噌 60g
鮭  1切れ・・・ひと口大に切る
ごぼう 20g・・・斜め薄切り
人参  30g・・・半月切り
ねぎの白い部分 80g・・・2㎝長さ
じゃがいも 80g・・・ひと口大に切る
大根  100g・・・いちょう切り
白菜  100g・・・細切り
こんにゃく 50g・・・色紙切り
——————-

水 3カップ
ねぎの青い部分・・・小口切り

 

1.鍋に図のように材料を重ね
分量内の水を
鮭がひたるくらいまで加えて
フタをして中火にかける。

2.沸騰したら弱火にし
野菜がやわらかくなれば
残りの水を加えて
味をととのえる。

【今日のポイント】

☆こんにゃくはしめじ、しいたけなどの
きのこ類に置きかえても
美味しいですよ^^


365日の重ね煮レターレシピ☆時短ママの知恵袋☆

1000名を超える全国のママさんに愛読いただいている
365日の重ね煮レターレシピ(無料メールマガジン)です。

今なら、無料メールマガジン登録で、

☆ママの知恵袋☆薬に頼らない対処法
ママとこどものためのかんたんお手当て法 ~のどが痛いとき編~

をプレゼントしています。



▼登録はこちらから▼

メールアドレス ※必須
名前(姓)
 
2017年体験レッスン最新日程

毎回満員御礼をいただいております。

少人数で丁寧にわかりやすく
重ね煮の理論と調理が一日で分かる

重ね煮アカデミー®1Day体験クラス詳細はこちら

重ね煮アカデミー体験レッスン