重ね煮コラム

重ね煮で簡単10分レシピ「鶏そぼろ丼」夏休みのママが気になるお昼ごはんをお助け!

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

連日の真夏日。今日も暑いですね。
我が家は裏が山なので、早朝から蝉が元気に鳴いていて夏真っ盛りを実感します。
いよいよ開幕するオリンピックに合わせて夏休みスタートですが、

働いているママにとっても
お家にいるママにとっても

お子さんの毎日のお昼ごはんが気がかりがかりではないでしょうか。

 

そこで、今日は

夏休み突入!ママのお助け企画♡
重ね煮で簡単10分レシピ「夏のお昼ごはん」

をお届けします!

 

今日ご紹介するメニューは「鶏そぼろ丼」
そぼろ丼といえば、子供に大人気のメニューですよね。重ね煮なら、たった10分で作れて、しかも野菜も同時にたくさん摂れるのです。

ブログの最後で作り方をご紹介しています。ぜひ作ってみてくださいね^^

 

毎日無理なく続けられる!
「夏のお昼ごはん」で大切にしているポイント

昨年に続き、コロナ禍でお出かけが制限される今年の夏。お子さんが家でお昼ごはんを食べる日がほとんどだと思います。
毎日のことだから無理なく続けたい、ですよね。
私は「夏のお昼ごはん」を考える上で、4つのポイントを大切にしています。

①簡単に作れる
②野菜をしっかり食べられる
③夏だからこそ免疫力を上げられる
④材料費を安く抑えられる(→これ大事^^)

今日ご紹介する「鶏そぼろ丼」も、もちろん全てのポイントを押さえていますよ。
一皿で満足!
が叶う、おすすめのメニューです。

 

「鶏そぼろ丼」なら
生野菜アレルギーの心配もありません

増えている子供の「生野菜アレルギー」

夏本番。なす、きゅうり、トマトといった夏野菜も旬を迎えていますね。
生のまま楽しむ機会も増えているかと思いますが、生野菜の摂り方には注意が必要
なぜなら今、生野菜アレルギーの子供が増えているのです。
生野菜アレルギーになると、口の中が痒くなったり、ピリピリする、という症状が現れ、子供にとってはつらい状態です。

生野菜アレルギーの原因

生野菜アレルギーの原因は体質や遺伝、ではなく、生野菜の食べ方〜野菜を「生」で食べることが増えたこと〜にあります。

野菜嫌いのお子さんに、ドレッシングをかければ食べるから、と毎食生野菜を出したり、野菜不足を補うために野菜ジュースを飲んだり、とお子さんのために、とやっていることが、かえって腸には負担になっているのです。

生野菜の過食は腸に負担をかけて、腸内環境を荒らします。野菜は「生」で食べるよりも「加熱」した方が体内への吸収率は数倍上がります

これから夏野菜がおいしい季節になります。野菜を生で食べてはいけない、のではなく、摂る量には気をつけたいですね。

重ね煮で作る「鶏そぼろ丼」なら、
生野菜アレルギーも心配ありません。

今日ご紹介する「鶏そぼろ丼」は、全ての材料を順番に重ねて、さっと火にかけて作ります。だから、生野菜アレルギーの心配もありません。夏休み中のお昼ごはん作りは毎日のこと。安心して食べることができるのも嬉しいポイントです^^

 

★「生野菜アレルギーについて、もっと知りたい!」という方は、こちらも合わせてお読みください。
なすやトマトで口がかゆくなる!生野菜アレルギーの原因とは?

 

それでは、「鶏そぼろ丼」の作り方をご紹介します。

10分でできる!
野菜たっぷり鶏そぼろ丼

<材料と重ね方>

--------◯---------
味噌 少し
鶏ひき肉
ごぼう
人参
玉ねぎ
生姜
えのきだけ
--------------------
醤油
みりん

<作り方>
①お鍋に上記の順番で重ねます(えのきだけが一番下、味噌が一番上です)。
②少量の水を加え、野菜が柔らかくなるまで蒸し煮します。
③醤油、みりんを加えて味を整え、水分がなくなるまで炒り上げたら完成です。

 

野菜は何でもオーケー。和風キーマカレーのようになります。朝、鶏そぼろを作ってごはんが炊けるようにしておけば、子供だけのお留守番でもお昼ごはんが食べられちゃう。この鶏そぼろは冷凍もできるので、一度に沢山作って小分けしておくのもおすすめです。

もちろんお昼ごはんだけでなく、我が家では夕飯のメニューとしてもお弁当としても登場します。まさにお助けメニューです^^

ぜひ作ってみてくださいね!

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2022/9/8

母娘で花粉症用メガネ、目薬、内服薬を手放すことができました!!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Kさん(茨城県在住) 6歳、3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 20年以上悩まされてきた花粉症が とても軽くなりました! 今までは、花粉の時期に外出するときは 花粉症用メガネとマスクが必須 薬も飲んでいました。 目の痒みがとにかく辛く、 グリグリこすって 目の周りがヒリヒリなったり、 鼻が詰まって寝苦しかったり、 憂鬱な毎日でした。 重ね煮を始めて約9ヶ月で迎えた 花粉シーズン、 自分でも信じられないほど目の痒みがなく、 一度も目をグリグリこすりませんでした! く ...

続きを見る

2022/9/2

時短のためのレンチンや作り置きをしなくて良くなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

R.Yさん(滋賀県在住) 3歳、1歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 家族そろって、「いただきます」から「ごちそうさま」までしたい。 子どもに完食してほしい。 長男のアトピーを治したい。 腸内環境を改善して、体調不良時にも食事で改善の手助けをしたい。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 食に対する基準ができたので、あふれる食情報に迷わなくなりました。 色々なものを「おいしい!」と食べることができています。 重ねて煮るだけなので、時短のためのレンチンとか冷凍の ...

続きを見る

2022/8/16

子供のアレルギー性鼻炎や肌荒れ、咳での通院が続いていました。学んでからは歯医者以外の病院へ行っていません。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

A.Yさん(茨城県在住) 中学生、幼稚園の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 子どものアレルギー性鼻炎や、肌荒れ、 咳などでの通院、薬の服用が続くことに 疑問を感じながらも辞められないことに 悩んでいました。 良いと聞いたものはいろいろ試してきたけど そこまでの改善は感じられず。。。 私自身も軸が定まらず、自信がなく、 家族の健康に対して不安が大きかったです。 重ね煮アカデミーで学び、どんな変化がありましたか? いろいろ調べて 重ね煮アカデミーにたどりつきました。 以前から東洋 ...

続きを見る

2022/8/3

学びのきっかけはコロナウィルスでした。子育てに不安を持っているママは受けてみてほしいです。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

S.Nさん(神奈川県在住) 小学生、幼稚園のお子さんのママ 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? きっかけはコロナウィルスです。 子供たちの健康を守るために何ができるだろう?と 普段から食べ物に気をつけるようにしていましたが、 情報に振り回されていて、これなら大丈夫だという自信はありませんでした。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 今なら大丈夫です。 毎日の食事で身体作りから、不調のときも整えることができます。 困ったことがあれば重ね煮に戻って考えることができます。 ...

続きを見る

2022/7/24

重ね煮アカデミーは生き方、家族の在り方まで変わる学びです。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

久保田倫子さん(千葉県在住) 小学2年生の男の子のママ 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 風邪をひきがちな息子の免疫力を上げたいとの気持ちから受講を決めました。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 気がつくと、風邪で病院へ行くこともなくなっていました。 他にあげるとたくさんになるのですが… 私自身の変化 ・便秘が改善 ・生理痛が改善 ・動悸がなくなる ・鼻炎が改善 ・季節の変わり目に出ていた咳がなくなる ・カラダの中からの痒みがなくなる ・首の後ろ、太ももの付け根の ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

5800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2022 All Rights Reserved.