重ね煮コラム

重ね煮で簡単10分レシピ「鶏そぼろ丼」夏休みのママが気になるお昼ごはんをお助け!

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

連日の真夏日。今日も暑いですね。
我が家は裏が山なので、早朝から蝉が元気に鳴いていて夏真っ盛りを実感します。
いよいよ開幕するオリンピックに合わせて夏休みスタートですが、

働いているママにとっても
お家にいるママにとっても

お子さんの毎日のお昼ごはんが気がかりがかりではないでしょうか。

 

そこで、今日は

夏休み突入!ママのお助け企画♡
重ね煮で簡単10分レシピ「夏のお昼ごはん」

をお届けします!

 

今日ご紹介するメニューは「鶏そぼろ丼」
そぼろ丼といえば、子供に大人気のメニューですよね。重ね煮なら、たった10分で作れて、しかも野菜も同時にたくさん摂れるのです。

ブログの最後で作り方をご紹介しています。ぜひ作ってみてくださいね^^

 

毎日無理なく続けられる!
「夏のお昼ごはん」で大切にしているポイント

昨年に続き、コロナ禍でお出かけが制限される今年の夏。お子さんが家でお昼ごはんを食べる日がほとんどだと思います。
毎日のことだから無理なく続けたい、ですよね。
私は「夏のお昼ごはん」を考える上で、4つのポイントを大切にしています。

①簡単に作れる
②野菜をしっかり食べられる
③夏だからこそ免疫力を上げられる
④材料費を安く抑えられる(→これ大事^^)

今日ご紹介する「鶏そぼろ丼」も、もちろん全てのポイントを押さえていますよ。
一皿で満足!
が叶う、おすすめのメニューです。

 

「鶏そぼろ丼」なら
生野菜アレルギーの心配もありません

増えている子供の「生野菜アレルギー」

夏本番。なす、きゅうり、トマトといった夏野菜も旬を迎えていますね。
生のまま楽しむ機会も増えているかと思いますが、生野菜の摂り方には注意が必要
なぜなら今、生野菜アレルギーの子供が増えているのです。
生野菜アレルギーになると、口の中が痒くなったり、ピリピリする、という症状が現れ、子供にとってはつらい状態です。

生野菜アレルギーの原因

生野菜アレルギーの原因は体質や遺伝、ではなく、生野菜の食べ方〜野菜を「生」で食べることが増えたこと〜にあります。

野菜嫌いのお子さんに、ドレッシングをかければ食べるから、と毎食生野菜を出したり、野菜不足を補うために野菜ジュースを飲んだり、とお子さんのために、とやっていることが、かえって腸には負担になっているのです。

生野菜の過食は腸に負担をかけて、腸内環境を荒らします。野菜は「生」で食べるよりも「加熱」した方が体内への吸収率は数倍上がります

これから夏野菜がおいしい季節になります。野菜を生で食べてはいけない、のではなく、摂る量には気をつけたいですね。

重ね煮で作る「鶏そぼろ丼」なら、
生野菜アレルギーも心配ありません。

今日ご紹介する「鶏そぼろ丼」は、全ての材料を順番に重ねて、さっと火にかけて作ります。だから、生野菜アレルギーの心配もありません。夏休み中のお昼ごはん作りは毎日のこと。安心して食べることができるのも嬉しいポイントです^^

 

★「生野菜アレルギーについて、もっと知りたい!」という方は、こちらも合わせてお読みください。
なすやトマトで口がかゆくなる!生野菜アレルギーの原因とは?

 

それでは、「鶏そぼろ丼」の作り方をご紹介します。

10分でできる!
野菜たっぷり鶏そぼろ丼

<材料と重ね方>

--------◯---------
味噌 少し
鶏ひき肉
ごぼう
人参
玉ねぎ
生姜
えのきだけ
--------------------
醤油
みりん

<作り方>
①お鍋に上記の順番で重ねます(えのきだけが一番下、味噌が一番上です)。
②少量の水を加え、野菜が柔らかくなるまで蒸し煮します。
③醤油、みりんを加えて味を整え、水分がなくなるまで炒り上げたら完成です。

 

野菜は何でもオーケー。和風キーマカレーのようになります。朝、鶏そぼろを作ってごはんが炊けるようにしておけば、子供だけのお留守番でもお昼ごはんが食べられちゃう。この鶏そぼろは冷凍もできるので、一度に沢山作って小分けしておくのもおすすめです。

もちろんお昼ごはんだけでなく、我が家では夕飯のメニューとしてもお弁当としても登場します。まさにお助けメニューです^^

ぜひ作ってみてくださいね!

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/2/25

少食で体重が増えない、息子を追いかけて食べさせる毎日が変わりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Fさん(長野県在住) 2歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? ・2歳の息子の少食です。食事に関心がなく、数口食べたら離席して遊びだします。私は息子を追いかけ、口に食べ物を放り込むのが日常でした。一日三回、食事の用意も食べる時間も苦しかったです。小柄で体重が増えないことも心配でした。 ・私自身は産後の体調不良が抜けず、胃痛や蕁麻疹に悩まされていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・アカデミーを受講するにあたって立てた目標は「食卓に笑顔を増やしたい ...

続きを見る

2024/2/19

SIBOやアトピーの不安が減りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

H.Aさん(神奈川県在住) 1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自分自身のSIBOと子どものアトピー性皮膚炎 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 私のSIBOは該当する食品を控えるか食べても規定内にすることしか対処法がなく、養生科の最初の頃は該当の食品を抜くか別の食べられる食品に置き換えて作っていました。日々重ね煮を実践するにつれ、お腹の調子も良くなってきたので、最後の方は該当の食品も規定内で試してみようと思えるようになりました。 また、外食などで該当の ...

続きを見る

2024/2/15

娘のアトピー、通院も薬も手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

S.Kさん(宮城県在住) 幼稚園(5歳)女の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 娘のアトピーを皮膚科に通わず、ステロイドを塗らずに過ごすために家庭できることとして、何をしたら良いか、どんな方法があるか、良いもの探しを永遠としていた。 あれが良いこれが良いとあれこれ試しては続いたり続かなかったり、良いか悪いかも確信がないまま、ずっと正解を求めて彷徨っている状態だったと思う。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 引き算を学んだことで、良い物探しをしなくて良くなった。 一度負担になっ ...

続きを見る

2024/2/5

ほとんど食べられなかった息子、今では「お母さんの重ね煮の料理がおいしい」と手紙をくれるようになりました。【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Kさん(新潟県在住) 小学生(10歳)と幼稚園(4歳)のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? ・長男の全身の蕁麻疹、下痢、耳たぶの付け根の切れ。 ・長女の頬の赤くただれる湿疹、全身のブツブツした肌 ・主人のパニック障害、下痢 ・私の体調不良 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 息子(10歳)の蕁麻疹はほとんど出なくなりました。湿疹はごくたまに出ますが、範囲が広く出なくなりました。 そして、下痢は全くしなくなり1日2.3回の快便です。 娘(4歳)の頬の赤いただれもだいぶよくなり、た ...

続きを見る

2024/1/17

学びの時間が「私のかけがえのない財産」となりました【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Hさん(京都府在住) 4歳、1歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 長男の魚アレルギーとアトピー性皮膚炎に悩んでいました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 重ね煮を続けることで、アトピーの症状ははほとんど出なくなりました。 強い薬でしか治せないと思っていたのに、食事に気をつけることで皮膚の状態がこんなに良くなったことに驚きでした。   食材や調味料は「高価=安全、良いもの」というイメージがありましたが、値段だけではなく食品表示をきちんと確認することの重要 ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

6600名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.