重ね煮コラム

白身魚と青魚、どちらが安全?何を選ぶ?

 

健康のためには肉より魚。

 

青魚にはDHA,EPAが豊富に含まれていて
頭が良くなる。

 

小魚はカルシウムが多いので
骨が強くなる。

 

白身魚はさっぱりしていて脂が少ないので
離乳食にも安心。

 

といったところが魚について
よく知られているところでしょうか?

 

魚を選ぶ時に気を付けたいこと
についてお話したいと思います。

 

1.養殖か天然ものか

養殖魚は鶏や豚の密飼いに似ていて、
狭いイケスでの大量飼育
病気予防や治療のために抗生物質などの薬を大量投与
されています。

 

養殖の状態が悪い魚としては、ハマチやウナギ
がよく知られています。
スーパーに並ぶ魚は値札シールの魚の種類の横に
(養殖)または(天然)の表記があるので見てから
購入してくださいね。

 

2.青魚より白身魚?

タイやカレイ、ヒラメの白身魚は
脂身が少なくて淡泊。

 

かつては
胃腸が未発達の乳児の離乳食には
青魚よりも白身魚から。

 

が常識でした。

 

近年、養殖による海水の汚染
工場からの水質汚染により
ダイオキシンの心配が増えてきています。

 

プランクトン→小魚→青魚→白身魚
という食物連鎖
の図式を考えると必ずしも白身魚ということ
ではないと思います。

 

3.魚卵アレルギーが増えている

食事情が豊かになり、
小さい時期からいくら、たらこなどの魚卵を
食べるようになっています。

 

魚卵アレルギーが急激に増加しているという
現状も知っていただきたいと思います。

 

魚卵アレルギーの症状は
口腔内のかゆみ、腫れ
重症の場合はアナフィラキシー
にもつながりかねません。

 

好きだから、
と与え過ぎず、ほどほどに
ですね。
以上が注意していただきたい点ですが、
スーパーで購入する際には気を付けられても
外食時に見えない部分まで気にしていると
食べるものがなくなってしまうという状況に
なってしまいます。

 

私自身はかつて耳にした話で
大変心に響き、納得したことを念頭に置いています。

 

それは
自分で獲ることが出来るものを食べる。

 

自由に動けない赤ちゃん、乳児には魚は不要。
歩いて川や海まで行ける幼児は、貝、川魚を手に入れることができる。
青年になれば、海へ出て沖まで舟を出し、大きい魚を手に入れることができる。
老人になれば、舟を出すことはできないので、貝、川魚へ戻る。

 

日常に食べる魚は

 

一物全体食の観点から

両手の平におさまる大きさ
頭からしっぽまで丸ごといただける魚

 

を選ぶようにすると
心配が減ると思います。
同時に経済的にもリスクが減りそうですね。

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2021/6/5

100%の生徒さんが調味料を変えました!【重ね煮アカデミー生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   皆さんは、 どんな調味料を選んでいますか?   一般的には、 料理の味は調味料で決まると 思っているかもしれません。   調味料とは、正しくは 「調味料によって」 食材から引き出せる甘みや旨みが 変わるのです。   重ね煮アカデミー養生科では 調味料について学びます。 生徒さんたちが課題として 調べて発表してくれます。   調べた結果、自分で納得!   全員の生徒さんが 調味 ...

続きを見る

2021/6/6

年中鼻をかんでいた夫の鼻炎が治りました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

S.Tさん 岡山県在住(ご家族5人、7歳、6歳、4歳のお子さんのママ) 年中鼻づまりの鼻炎がきっかけでした 忙しいとついお惣菜やマクドナルドで 済ませてしまうことが多く、 このままの食生活でいいのかな? と悩んでいました。 家族全員鼻炎でが、年中鼻づまりで 苦しんでいる姿をみて 食べるものから体質改善したい、 食生活を整えたい と思いました。   養生科で印象に残ったこと ・身体に良いものではなくて、 身体に馴染むものを選ぶ、ということ。 ・自分の選んだものや食生活を 子供に手渡していく、という ...

続きを見る

2021/6/16

体温が上がって、乾燥肌もなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Tさん 奈良県在住 (ご家族7人、10歳女の子、7歳男の子、4歳女の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 食の軸ができました! 料理の仕方だけでなく、 重ね煮の根本的な考え方、 食の歴史、歯の構造から、 食べ方があることを知って、 目から鱗でした。 改めて食べ方を学ぶことができ、 また、野菜の選び方、食材の選び方 を知り、 自分なりの食の軸ができました。 調味料の作り方や原材料を知ることで、 より調味料が選べるようになりました。   ご家族ご自身の変化 食材や調味料の選び方が変わりました! ...

続きを見る

2021/6/16

息子が耳鼻科、皮膚科に行く回数が減りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

H.Sさん 神奈川県在住(ご家族3人、4歳の男の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 調味料を買い直しました! 野菜の選び方や、調味料の製造方法、 原材料を学べた事です。 何気なく良さそうだな、 と選んでいた調味料も、 調べてみたら短期で製造できるように アルコールが入っていたり、と 製造方法もしっかり分かるように なったので、 家にある調味料を買い直しました。   ご家族ご自身の変化 【息子の変化】耳鼻科、皮膚科に行く回数が減りました! ・鼻炎でアトピー気味の息子が  耳鼻科に行く回数、  皮 ...

続きを見る

2021/3/24

ガンコな野菜嫌いの子どもが変わりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

K.Sさん 福岡県在住(ご家族5人、8歳と6歳の女の子、4歳の男の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 塩、醤油、みりんなど調味料を全て変えました! 食べ物に陰陽があるということを初めて知りました。 陰陽から中庸にもっていくことなど知らないことばかりでした。 今までは季節に関係なく食べ物を摂取していましたが、 旬の野菜を食べることの大切さ、 季節や地域に合った食材を選ぶことが大事である ということがわかりました。 調味料を変えることも大切で、 塩、醤油、みりんなどほとんど全て変えました。 調味料の取り方も ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

「時短ママの朝ごはんバイブル」無料テキストプレゼント

5100名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、1週間のレシピが手に入る「時短ママの朝ごはんバイブル」をご登録者にプレゼント!


 

もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2021 All Rights Reserved.