重ね煮コラム

子どものお弁当作りにもう悩まない!からだを整えるお弁当の作り方③

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

子どものお弁当作りに悩むママへ、バランスよし腹持ちよし彩よし、の三拍子揃ったお弁当づくりのポイントをシリーズでお伝えしています。

 

そのポイントはこちら!

 

「からだを整えるお弁当」3つのポイント

1.ごはんとおかずの比率

2.根・葉・実の野菜の組み合わせ

3.旬の野菜を入れる

 

今日は最後「3.旬の野菜を入れる」について、お伝えします。

 

★前回までの内容はこちらからご覧ください^^
「1.ごはんとおかずの比率」
「2.根・葉・実の野菜の組み合わせ」 

 

子どものお弁当作り
こんなことでママは困っています

島根大学教育学部のアンケートによると

《幼稚園児のお弁当作りで気を付けていること》

1位は彩り
2位は食べやすさ、
3位は栄養バランス
という結果です。

 

今回のテーマである「旬の野菜を意識すること」全体の1.5%で11位。

 

意外に意識されていないのですね。

 

また、

《お弁当作りで困っていること》のアンケート結果については

1位はレパートリーの少なさ
2位は栄養バランス

 

《お母さんが幼稚園児のお子さんに作りたいお弁当》

1位は栄養バランスのよいお弁当

という結果です。

 

本当は、子供の身体と心を育てるための栄養バランスのよいお弁当が作りたいのに、なかなかできずに困っているということが伺えますね。

 

実は、ママ達にあまり意識されていない旬の野菜を入れる」ことで、栄養バランス彩りの良いお弁当が作れるようになるのです^^

 

旬の野菜で
栄養バランス・彩りの良いお弁当が作れる理由

先ほどご紹介したアンケートで、ママが一番気をつけていることは「彩り」でした。今回のテーマである「旬の野菜を入れる」について、この「彩り」の視点で、見ていきましょう。

 

が欲しいから、
ミニトマトは必須でしょうか。

冬にも、夏が旬のミニトマト。

でなく、冬に美味しいさつまいも、人参を入れていただきたいと思います。時には皮つきのりんごもいいですね^^

 

が欲しいから
冷凍枝豆常備でしょうか。

確かに夏は枝豆が美味しいですね^^

でも、その時期ならではの緑の葉物野菜は沢山あります。

春はブロッコリー、アスパラガス夏にはきゅうり、ピーマン、かぼちゃの皮の緑も美しいです。冬はほうれん草、小松菜の美味しい時期ですね。

 

について。
毎回卵焼き、ゆで卵を作る必要はないのですよ。

夏はとうもろこし、かぼちゃ。その他の季節はじゃがいも、さつまいものイモ類黄色の役割をしてくれますよ。

 

旬の野菜を入れることで彩りの良いお弁当が作れますよね^^

 

また、旬の野菜は、旬ではない時に比べて

 

断然栄養価が高い!

 

さらに、味よし!、鮮度よし!、価格も安い!と良いことばかり^^

 

旬の野菜を使った季節感あふれるお弁当が作れると、彩りがよく、栄養バランスも整ってくるのです。

 

旬の野菜を取り入れる習慣をつけましょう!

季節季節の野菜を使うことで、お弁当メニューのレパートリーがグンと増えましたよね^^

 

また、旬の野菜を入れることを意識すると、冷凍野菜を常備する必要もなくなり、「明日はお弁当だよ」と急に聞いて、慌てて材料を買いに走るということもなくなります。

 

根菜類は常備しておき、葉物野菜がなくなれば買い足すようにするとお買い物も楽になりますよね^^

 

季節を感じるお弁当は子どもの心と味覚を育てます。

 

これまで季節問わず同じ野菜を入れていたな・・・というママも、ぜひ旬の野菜を取り入れ、季節を感じるお弁当作りを意識してみてくださいね^^

 

いかがでしたか?
3回シリーズで、悩まず作れる!子どものからだを整えるお弁当作りのポイントをお伝えしてきました。最後にもう一度おさらいしますね^^

 

〇ご飯とおかずの比率

〇根のもの、葉もの、実ものの組み合わせ

〇旬の野菜を入れる

 

これは、おうちごはんにおいても共通。身体と心を育てる食事の大切なポイントです。

 

お子さんは、豪華なお弁当や品数の多いお弁当を望んではいません。

 

特に幼稚園のお子さんはお母さんと離れての集団生活を不安の中で頑張っています。幼稚園でお弁当箱を開けた時にお母さんの味、においが感じられれば安心しますよ^^

 

手をかけずに愛情をかけたお弁当作りを。
ママ、頑張って!(^^)!

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

2024/4/16

献立に迷う、時間がかかるから料理が苦痛、、、気づけば楽しめるようになっていました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Kさん(横浜市在住) 3歳、0歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で自分の作るものに自信がなく、子どものためにいいものを作りたいのに何を作ったらいいかわかりませんでした。毎日の献立を考えるのも、料理を作るのも、時間がかかって、料理が苦痛になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? まず重ね煮味噌汁が、家にある食材でさっと作れるようになりました。味噌汁1品だけでも具沢山で満足感があるので、味噌汁さえ作れれば大丈夫という気持ちになり、心 ...

続きを見る

2024/4/16

子どもが食べてくれない、栄養が足りているか心配、という不安がなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(神戸市在住) 4歳、1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で、レシピを見ないと作れず、毎日今日のごはんは何にしようと献立を考えたりするのも苦痛でした。 また、幼児食などの本を参考にして作ったりしても子供がなかなかごはんを食べてくれず、栄養が足りているのか心配でした。鼻がつまったり、咳風邪をよく引いたりと体調面も気になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 料理を作ることが楽しくなってきました!毎日の献立は相変わらず迷うこと ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.