重ね煮コラム

子どものお弁当作りにもう悩まない!からだを整えるお弁当の作り方③

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

子どものお弁当作りに悩むママへ、バランスよし腹持ちよし彩よし、の三拍子揃ったお弁当づくりのポイントをシリーズでお伝えしています。

 

そのポイントはこちら!

 

「からだを整えるお弁当」3つのポイント

1.ごはんとおかずの比率

2.根・葉・実の野菜の組み合わせ

3.旬の野菜を入れる

 

今日は最後「3.旬の野菜を入れる」について、お伝えします。

 

★前回までの内容はこちらからご覧ください^^
「1.ごはんとおかずの比率」
「2.根・葉・実の野菜の組み合わせ」 

 

子どものお弁当作り
こんなことでママは困っています

島根大学教育学部のアンケートによると

《幼稚園児のお弁当作りで気を付けていること》

1位は彩り
2位は食べやすさ、
3位は栄養バランス
という結果です。

 

今回のテーマである「旬の野菜を意識すること」全体の1.5%で11位。

 

意外に意識されていないのですね。

 

また、

《お弁当作りで困っていること》のアンケート結果については

1位はレパートリーの少なさ
2位は栄養バランス

 

《お母さんが幼稚園児のお子さんに作りたいお弁当》

1位は栄養バランスのよいお弁当

という結果です。

 

本当は、子供の身体と心を育てるための栄養バランスのよいお弁当が作りたいのに、なかなかできずに困っているということが伺えますね。

 

実は、ママ達にあまり意識されていない旬の野菜を入れる」ことで、栄養バランス彩りの良いお弁当が作れるようになるのです^^

 

旬の野菜で
栄養バランス・彩りの良いお弁当が作れる理由

先ほどご紹介したアンケートで、ママが一番気をつけていることは「彩り」でした。今回のテーマである「旬の野菜を入れる」について、この「彩り」の視点で、見ていきましょう。

 

が欲しいから、
ミニトマトは必須でしょうか。

冬にも、夏が旬のミニトマト。

でなく、冬に美味しいさつまいも、人参を入れていただきたいと思います。時には皮つきのりんごもいいですね^^

 

が欲しいから
冷凍枝豆常備でしょうか。

確かに夏は枝豆が美味しいですね^^

でも、その時期ならではの緑の葉物野菜は沢山あります。

春はブロッコリー、アスパラガス夏にはきゅうり、ピーマン、かぼちゃの皮の緑も美しいです。冬はほうれん草、小松菜の美味しい時期ですね。

 

について。
毎回卵焼き、ゆで卵を作る必要はないのですよ。

夏はとうもろこし、かぼちゃ。その他の季節はじゃがいも、さつまいものイモ類黄色の役割をしてくれますよ。

 

旬の野菜を入れることで彩りの良いお弁当が作れますよね^^

 

また、旬の野菜は、旬ではない時に比べて

 

断然栄養価が高い!

 

さらに、味よし!、鮮度よし!、価格も安い!と良いことばかり^^

 

旬の野菜を使った季節感あふれるお弁当が作れると、彩りがよく、栄養バランスも整ってくるのです。

 

旬の野菜を取り入れる習慣をつけましょう!

季節季節の野菜を使うことで、お弁当メニューのレパートリーがグンと増えましたよね^^

 

また、旬の野菜を入れることを意識すると、冷凍野菜を常備する必要もなくなり、「明日はお弁当だよ」と急に聞いて、慌てて材料を買いに走るということもなくなります。

 

根菜類は常備しておき、葉物野菜がなくなれば買い足すようにするとお買い物も楽になりますよね^^

 

季節を感じるお弁当は子どもの心と味覚を育てます。

 

これまで季節問わず同じ野菜を入れていたな・・・というママも、ぜひ旬の野菜を取り入れ、季節を感じるお弁当作りを意識してみてくださいね^^

 

いかがでしたか?
3回シリーズで、悩まず作れる!子どものからだを整えるお弁当作りのポイントをお伝えしてきました。最後にもう一度おさらいしますね^^

 

〇ご飯とおかずの比率

〇根のもの、葉もの、実ものの組み合わせ

〇旬の野菜を入れる

 

これは、おうちごはんにおいても共通。身体と心を育てる食事の大切なポイントです。

 

お子さんは、豪華なお弁当や品数の多いお弁当を望んではいません。

 

特に幼稚園のお子さんはお母さんと離れての集団生活を不安の中で頑張っています。幼稚園でお弁当箱を開けた時にお母さんの味、においが感じられれば安心しますよ^^

 

手をかけずに愛情をかけたお弁当作りを。
ママ、頑張って!(^^)!

 

「からだを整えるお弁当」についてもっと知りたい!
そう思ったママへ。重ね煮レターレシピ(無料メール講座)にご登録いただくと、今なら「朝15分で出来ちゃう!身体が整う完食弁当」(小冊子)をプレゼント中です。
是非こちら↓からゲットしてくださいね^^

無料メール講座登録はこちらから

Amazonでも探せない!
「お家の台所が薬箱」になる
無料メール講座はこちらから。

今ならプレゼント中!

ママのお弁当の悩みがこれで解決!
✔︎時間がかかる
✔︎いつもワンパターン
✔︎彩りが難しい
✔︎冷凍食品ばかりでいいのかな
✔︎栄養バランスが気になる

パパも子どもも大満足!
「おいしい!」が聞ける
朝15分で出来ちゃう
身体が整う完食弁当

 

 

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2022/1/17

鼻炎、咳、肌荒れ...病院通いを繰り返していた子供がこの1年は歯医者以外で通院していません!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Y.さん 茨城県在住(小6のと年中の男の子2人のママ、ご家族4人) 冬になると、子供の鼻炎、咳、肌荒れの症状が出るのではないかと不安でした。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 子どものアレルギー性鼻炎や、喘息のような咳が出やすいこと、アトピーとは言われないけどカサカサや赤みなどの肌荒れでの通院。 「この季節になるとこの症状がまた出るのかなぁ…」といつも不安でした。   薬に頼らず根本から改善したいと思ったことがきっかけでした。 重ね煮アカデミーで学ぼうと思ったきっかけ 薬を処方されて、薬がな ...

続きを見る

2022/1/17

子どもたちの咳や鼻水があっという間に治るように!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.K.さん 茨城県在住(年長の男の子と3歳の女の子のママ、ご家族4人) 2歳の娘が花粉症を発症してしまうのではないか、という不安がありました。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 私自身20年以上花粉症に悩まされてはいましたが、花粉症は一度発症したら治らない、この先もずっと付き合っていくしかないと思っていました。娘が2歳の春、公園で遊んでいるとくしゃみや目をかゆがることが何度かあり、このままでは娘も発症してしまうのではと不安になっていました。 めぐみアレルギーは遺伝するという不安。一旦発症したら薬で抑える ...

続きを見る

2022/1/17

主人の胃腸の不調、子供たちの花粉症、鼻炎、便秘が改善!病院に行く頻度が明らかに減りました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

N.H.さん 埼玉県在住(小6女の子と小3男の子のママ、ご家族4人) 胃腸が弱い、花粉症、鼻炎、便秘・・・ 家族の体調を薬ではなく食べるもので整えたいと思っていました。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 夫がすぐに胃腸の調子を崩しやすく、薬に頼りがちになっていた。 息子の花粉症、季節の変わり目の鼻炎、娘の便秘もあり、家族の体調を薬ではなく食べるもので整えたいと思いつつも、どうしていいのか分からなかった。 めぐみ沢山の不調を抱えていると、それぞれに薬が必要だと思いがちですよね。だからどうしたらいいのか分から ...

続きを見る

2022/1/7

大泣きしていた2歳の娘の便秘が治りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.W.さん 神奈川県在住(6歳と2歳の女の子2人のママ、ご家族4人) 自己流から、もっと深く重ね煮を学びたいと思ったのがきっかけでした。 長女が風邪をひきやすく、集団生活が始まった年少時には、1年の半分くらいは風邪でお休みする程でした。 ちょうど産まれたばかりの次女も、長女の風邪をいつも貰ってしまい病気通いの日々。次女が、5ヶ月の時に遂に入院となってしまい、病室で点滴をつけている姿をみて、何とかしないと!と思ったときに、先生の重ね煮の本に出会いました。 暫くは、本を頼りに自己流でやっていて効果が出てきた ...

続きを見る

2021/12/13

仕事が忙しく時間の制約があっても!食事で家族の健康を守れるようになります。【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

N.A.さん 埼玉県在住(小学校1年生の女の子ママ、ご家族3人) 仕事が忙しくても、野菜たっぷり!冷凍食品に頼らない食事を作りたい。 仕事が忙しく食事のしたくに時間をかけられない中で、野菜を美味しく食べられる食事を作りたいと思っていたこと、幼稚園の子どものお弁当を冷凍食品に頼らずに作れるようになりたかったことから、重ね煮、重ね煮アカデミーにたどり着きました。   手軽さ、美味しさ、レシピだけでなく知識が身につくことが決め手でした。 材料を切って重ねて火にかける、という手軽さと、一方で出汁や調味料 ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

5600名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「最強スープ」をご登録者にプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2022 All Rights Reserved.