重ね煮アカデミー主宰 重ね煮料理研究家 田島恵

しあわせの重ね煮ヒストリー

重ね煮がママの当たり前になる世界を【未来へ】

今日も《しあわせの重ね煮ヒストリー》
お届けしていきますね。

バックナンバーはこちら

2021/7/4

三つ子の魂百まで?!【誕生から小学校時代まで】

普段は、重ね煮の理論や考え方、 お母さんたちへのお役立ち情報を お届けしておりますが、     少しでも、 私のことを知っていただければと想い 8回にわたってマイストーリーをお届けしたいと想います。   名付けて 《しあわせの重ね煮ヒストリー》   ぜひ、楽しんで読んでいただければ嬉しいです。     第1回めの今日は「誕生から小学校まで」 ではでは、始まります^^   。

読む

2021/7/4

塾と家庭科が大の苦手?!【高校入学まで】

今日も《しあわせの重ね煮ヒストリー》を お届けしていきますね。   中学時代の話、始まります^^ ----------------------- 塾と家庭科が大の苦手?! 【高校入学まで】   小学校5年生の時、弟の健康を心配した両親が 緑の多い場所を求めて、奈良へ引っ越しました。 (弟は今ではすっかり元気です)   生駒山のふもとの畑の中を 小豆色の電車がごとごと走る田舎です。   ここでは、さらにのびのび遊びました。   放課後や休日は弟と近所の男の子と一緒に ドッジボール、鬼ごっこ、宝探し ...

読む

2021/7/4

普通のJK、土壇場の真剣勝負 【大学入学まで】

今日も《しあわせの重ね煮ヒストリー》を お届けしていきますね。 念願だった運動部 硬式テニス部へ入部。 運動部へ入れたことだけで、 十分に楽しくて嬉しくて、 試合などの勝負の記憶が 結果も含めて全くございません(笑) 私は、ごくごく普通の 目立たない高校生でした。 想い出も普通。 部活帰りのソフトクリームが 美味しかったこと、 奈良の商店街で ドーナツをよく食べたこと 同じく商店街のかき氷が 美味しかったこと、 奈良公園で 鹿にお弁当を食べられて 怖かったこと ローラースケートをはいて歌う 光GENJIが ...

読む

2022/4/19

100人の大男たちとの4年間!!【大学時代】

今日も《しあわせの重ね煮ヒストリー》を お届けしていきますね。 100人の大男たちとの4年間! 【大学時代】   花の大学生♡   入学前は テニスサークルに入って、 バイトして・・・ という学生生活を 想像していたのですが、 現実は全く違ったもの になりました。   猛烈な勧誘に会い、 ちょっと行ってみた 体育会アメリカンフットボール部。     私の太ももほどの腕をした ゴツい体の大男たちが 大声を出して、 歯をくいしばって、 走ったり、ぶつかったりしている光景 ...

読む

2021/7/4

別人やん!?にショック!人生初のダイエット【社会人となって】

今日も《しあわせの重ね煮ヒストリー》を お届けしていきますね。  研究職につきたいと思っていたため 就職活動先はメーカーに絞っていました。   関西本社の化粧品会社の 研究開発部へ入社。 商品開発に携わりました。   私が在職中に開発した商品は 化粧水、ファンデーション、口紅 シャンプー、リンスです。   1年目の冬に 兵庫県での工場研修があり、 寮で3か月間の自炊生活。   さて困りました!   ここまでで料理の話が 少しも出てきていませんが、 申し訳ないほどに まったく関心がありませんでした。 全てダ ...

読む

重ね煮がママの当たり前になる未来へ

私が重ね煮アカデミーでお伝えしたいのは、重ね煮という調理法ではなく「重ね煮のココロ」という「重ね煮」の考え方、生き方。

自然に寄り添うこと
自然の恵みに感謝していただくこと
大切なお子さん、ご家族の様子を見ること

当たり前のようですが、西洋学的観点に捉われたり、情報優位になりがちな現代では忘れがちなことです。

人は頭で食べるのでなく、身体で食べる。食べたものが身体へ及ぼす影響も頭で考えたり決めるのでなく、身体が教えてくれます。だから身体の声を聞くこと、聞ける耳を持つことがすべての大前提だと思っています。

それを叶えられる調理法が重ね煮なのです。

重ね煮の考え方が身につけば

子供の野菜嫌いやアレルギー
風邪を引きやすい
料理が苦手など、色々な悩みから解放されます。

重ね煮アカデミーをスタートして5年。
その前の料理教室から合わせると15年に渡って「重ね煮」をお伝えしてきています。

1800名以上のご家族から感動の声をいただいています。もっと沢山のママたちに届けたい。

2018年からは共に「重ね煮のココロ」を届ける師範の育成をスタート。現在、13名の師範と共に活動しています。

2019年9月初の書籍『はじめてママとパパでもかんたん!子どもと食べたい!強いからだを作る重おいしいおかず』(世界文化社)を出版。現在5刷で17,000名のママの手に届いています。

重ね煮がママの当たり前になる世界

そんな世界を実現を目指して活動しています。

ー終わりー

 

 
【しあわせの重ね煮ヒストリー記事一覧】

三つ子の魂百まで?!【誕生から小学校時代まで】

塾と家庭科が大の苦手?!【高校入学まで】

普通のJK、土壇場の真剣勝負 【大学入学まで】

100人の大男たちとの4年間!!【大学時代】

別人やん!?にショック!人生初のダイエット【社会人となって】

母子で病院通いの薬漬けな生活!?【長男出産から重ね煮との出会いまで】

食が身体と心を変えた!【重ね煮と出会ってから】

台所は家庭の薬箱【重ね煮アカデミーへの想い】

重ね煮がママの当たり前になる世界を【未来へ】(今回の内容)

 

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

2024/4/16

献立に迷う、時間がかかるから料理が苦痛、、、気づけば楽しめるようになっていました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Kさん(横浜市在住) 3歳、0歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で自分の作るものに自信がなく、子どものためにいいものを作りたいのに何を作ったらいいかわかりませんでした。毎日の献立を考えるのも、料理を作るのも、時間がかかって、料理が苦痛になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? まず重ね煮味噌汁が、家にある食材でさっと作れるようになりました。味噌汁1品だけでも具沢山で満足感があるので、味噌汁さえ作れれば大丈夫という気持ちになり、心 ...

続きを見る

2024/4/16

子どもが食べてくれない、栄養が足りているか心配、という不安がなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(神戸市在住) 4歳、1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で、レシピを見ないと作れず、毎日今日のごはんは何にしようと献立を考えたりするのも苦痛でした。 また、幼児食などの本を参考にして作ったりしても子供がなかなかごはんを食べてくれず、栄養が足りているのか心配でした。鼻がつまったり、咳風邪をよく引いたりと体調面も気になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 料理を作ることが楽しくなってきました!毎日の献立は相変わらず迷うこと ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.