しあわせの重ね煮ヒストリー

塾と家庭科が大の苦手?!【高校入学まで】

今日も《しあわせの重ね煮ヒストリー》
お届けしていきますね。

 

中学時代の話、始まります^^

-----------------------

塾と家庭科が大の苦手?!
【高校入学まで】

 

小学校5年生の時、弟の健康を心配した両親が
緑の多い場所を求めて、奈良へ引っ越しました。
(弟は今ではすっかり元気です)

 

生駒山のふもとの畑の中を
小豆色の電車がごとごと走る田舎です。

 

ここでは、さらにのびのび遊びました。

 

放課後や休日は弟と近所の男の子と一緒に
ドッジボール、鬼ごっこ、宝探しなどして
真っ黒になってよく遊びました。

 

 

 

このころの好きな教科は音楽と体育、
苦手な教科は自信を持って家庭科。

調理実習が特に苦手!

家で料理をしないので、
どう動けばいいのかわからない!
始終ウロウロしていて、食器洗いでなく
食器拭きをしていました 笑。

中学入学。

 

4歳から続けていたピアノでコンクール入賞
もしており、音大へ行くことをぼんやり
考えていました。

 

「音大へ行くなら運動部は絶対ダメ!
指にケガをするから! 」

 

母の猛反対にあい、
ソフトボール部か剣道部へ入りたかったのを
やむなく美術部へ。
(絵は大の苦手なのですが、「苦手を克服しなさい」と言われ、
半ば無理やりでした→克服ならず、今も苦手です^^)

 

結局、高校受験前に音大へは行かないことを
迷わず決めて現在に至るのですが。

 

そして、もう一つ母から、、、

「中学生になったのだから勉強しなさい」
ということで、塾へ入りました。

 

まあ!
これが私にとってはものすごい苦痛でした。

 

周りは小学校の頃から通っている子ばかり。
途中入塾なのでなんとなく居心地が悪く、
わからないところを聞きたくても勇気が出ず聞けない。

反対に、自分がわかっている問題を質問する生徒がいると、
その間は退屈。

 

ある日、定期試験期間中ということで、
塾の授業が急に自習になりました。

 

周りの皆は「やった~!」とそれぞれの勉強を
始めていましたが、

私は自習になることを知らなかったので、
試験勉強の準備を持っていませんでした。

 

思い切って先生に声をかけました。
(これが塾内で初めて声を発した時かも。)

 

「先生、帰っていいですか?」

 

自分がやりたい勉強がここでは出来ない、
家へ帰ってやろうと思っての質問だったのですが、
慌てた先生の顔を不思議に思ったのを覚えています。

 

その後もどうにも馴染めず、
母に懇願して塾は辞めさせてもらいました。

頑張って通った期間は半年間でした。

 

それ以来、大学受験でも私にとって塾はトラウマ
避けてきました笑。

しあわせの重ね煮ヒストリー
続きは、
普通のJK、土壇場の真剣勝負!
【大学入学まで】

バックナンバーはこちら

2019/8/22

三つ子の魂百まで?!【誕生から小学校時代まで】

普段は、重ね煮の理論や考え方、 お母さんたちへのお役立ち情報を お届けしておりますが、     少しでも、 私のことを知っていただければと想い 8回にわたってマイストーリーをお届けしたいと想います。   名付けて 《しあわせの重ね煮ヒストリー》   ぜひ、楽しんで読んでいただければ嬉しいです。     第1回めの今日は「誕生から小学校まで」 ではでは、始まります^^   。

読む

2019/8/22

塾と家庭科が大の苦手?!【高校入学まで】

今日も《しあわせの重ね煮ヒストリー》を お届けしていきますね。   中学時代の話、始まります^^ ----------------------- 塾と家庭科が大の苦手?! 【高校入学まで】   小学校5年生の時、弟の健康を心配した両親が 緑の多い場所を求めて、奈良へ引っ越しました。 (弟は今ではすっかり元気です)   生駒山のふもとの畑の中を 小豆色の電車がごとごと走る田舎です。   ここでは、さらにのびのび遊びました。   放課後や休日は弟と近所の男の子と一緒に ドッジボール、鬼ごっこ、宝探し ...

読む

2019/8/22

普通のJK、土壇場の真剣勝負 【大学入学まで】

今日も《しあわせの重ね煮ヒストリー》を お届けしていきますね。 念願だった運動部 硬式テニス部へ入部。 運動部へ入れたことだけで、 十分に楽しくて嬉しくて、 試合などの勝負の記憶が 結果も含めて全くございません(笑) 私は、ごくごく普通の 目立たない高校生でした。 想い出も普通。 部活帰りのソフトクリームが 美味しかったこと、 奈良の商店街で ドーナツをよく食べたこと 同じく商店街のかき氷が 美味しかったこと、 奈良公園で 鹿にお弁当を食べられて 怖かったこと ローラースケートをはいて歌う 光GENJIが ...

読む

2019/8/22

100人の大男たちとの4年間!!【大学時代】

今日も《しあわせの重ね煮ヒストリー》を お届けしていきますね。 100人の大男たちとの4年間! 【大学時代】   花の大学生♡   入学前は テニスサークルに入って、 バイトして・・・ という学生生活を 想像していたのですが、 現実は全く違ったもの になりました。   猛烈な勧誘に会い、 ちょっと行ってみた 体育会アメリカンフットボール部。     私の太ももほどの腕をした ゴツい体の大男たちが 大声を出して、 歯をくいしばって、 走ったり、ぶつかったりしている光景 ...

読む

2019/8/22

別人やん!?にショック!人生初のダイエット【社会人となって】

今日も《しあわせの重ね煮ヒストリー》を お届けしていきますね。  研究職につきたいと思っていたため 就職活動先はメーカーに絞っていました。   関西本社の化粧品会社の 研究開発部へ入社。 商品開発に携わりました。   私が在職中に開発した商品は 化粧水、ファンデーション、口紅 シャンプー、リンスです。   1年目の冬に 兵庫県での工場研修があり、 寮で3か月間の自炊生活。   さて困りました!   ここまでで料理の話が 少しも出てきていませんが、 申し訳ないほどに まったく関心がありませんでした。 全てダ ...

読む

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2019/10/12

私の花粉症、夫の胃腸の不調、子どもたちの副鼻腔炎まで、体質や遺伝だと諦めていた我が家の不調は全部解決できました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

飯島 美歌さん 鎌倉市在住(ご家族4人)                       養生科で印象に残っていること 砂糖も油も使わないで、美味しくて家族みんなが満足できる食事が作れるようになったこと。 重ね煮と出会ってすぐの頃、正直「数日ならよくても、そのうち物足りなくなるのでは?」と思っていました。ところが、重ね煮ならではの調和のとれたほんのりまぁるい味は我が家の家族の胃袋をギューっと掴んで放しませんでした。物足りないどころか「今日のご飯も美味しいね!」と言ってくれるようになり嬉しかったです。 今まで肉 ...

続きを見る

2019/10/11

休みがちだった娘がほとんど休まず幼稚園へ行けるようになりました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

岡田久仁子さん 神奈川県在住(ご家族3人) 養生科で印象に残ったこと ・季節のものを沢山食べることができること ・少ない調味料で素材の深い味わいとうまみを丸ごと吸収できること ・どんな時でも「これを食べていれば大丈夫!」と思えたこと ・調味料などの食材選びを学んだことで、「意識すること」の大切さを感じたこと ご家族ご自身の変化 ・野菜を沢山食べるようになりました。 ・一年の3分の1はお休みしていた娘が休みなく幼稚園へ行けるようになり、病院へも行かなくなったこと。 ・身体の調子が良くないと感じると、家族の方 ...

続きを見る

2019/10/5

夫も子どもも野菜が食べられるようになった!【重ね煮アカデミー基礎科修了生のお声】

溝口泰子さん 横浜市在住(ご家族3人) 基礎科で印象に残ったこと 油の使い方。 重ね煮では全体食として摂るため、抽出した液体の油を意識して摂らなくても十分だということ。 ご家族ご自身の変化 調味料の選び方や油の使い方が変わり、味つけに困らなくなりました。 重ね煮を始めてからだんだんと身体が整ってくるのが分かるようになり、外食が続いたり、甘いものを取り過ぎた時は身体が重く体調を崩すことに気がつきました。自分の取説ができました。 手当てができるようになり、病院のお世話になることが減りました。 重ね煮した野菜な ...

続きを見る

2019/10/5

「重ね煮」が料理の当たり前に!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

田中夕子さん 岩手県在住(ご家族4人) 養生科で印象に残ったこと 特別に手の込んだ料理を作らなくてもこんなにも美味しくできるんだ!ということ。 どこか似ているのか志が共通している方達と共に学べて毎回楽しく半年間があっという間でした。 ご家族ご自身の変化 「重ね煮」が料理の当たり前になっていて「これはどう重ねたら美味しくなるかな。」と必ず考えるようになりました。時間がなくてもお味噌汁だけでもささっと作れるので、苦なく料理ができ、台所に立つのが楽しくなりました。子ども達もいつの間にか味を覚えて「今日はスープが ...

続きを見る

2019/9/27

調子が良くない時は子どもが自分から葛ねりや梅醤番茶が欲しいと言うようになりました!【重ね煮アカデミー応用科修了生のお声】

山口絵里さん 小田原市在住(ご家族4人) 応用科で印象に残ったこと やはり陰陽の重ね方を逆にした実験です。味の違いを感じて言葉にして初めて、まるい味を知り、正しい順番に重ねようと感じました。 野菜の陰陽の見方も形や根っこなど様々な視点があること、それぞれが関係していることが興味深かったです。 ご家族ご自身の変化 応用科で学んだ魚料理や味付けでレパートリーが増えて、献立の考え方も楽になりました。 子どもが風邪を引かなくなり、たまに引いても長引かなくなりました。調子が良くない時は子どもが自分から葛ねりや梅醤番 ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

ママと子供のためのかんたんお手当法〜のどが痛い時編〜

3200名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「かんたんお手当法〜のどが痛い編」をご登録者にプレゼント!


もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2019 All Rights Reserved.