重ね煮コラム

年中氷を食べてない?

食事情が豊かになり、
冷暖房が整っている時代だからこそ
出来ることでありますが

 

一年中アイスクリームを食べている。
飲み物に必ず氷を入れて飲む。
飲み物に入った氷までバリバリ噛んで食べる。

 

こんな子供や若い人が増えています。

 

「氷食症」と名前がつけられるほど
増えているのですね。

 

「氷は水でしょ?
水分を補うのだから、
水の代わりに氷を食べてもいいんじゃない?」

 

なんて声も聞こえそうですが、
少し考えてみてください。

 

氷と常温の水
どちらが身体が冷えてしまうでしょうか?

 

明らかに氷ですね。
食べ物を体内に吸収して
栄養分として取り入れやすく分解してくれる酵素が
働きやすい温度環境は37度前後。

 

氷を食べていると、
臓器が冷えてしまい、
消化酵素自体が働けない環境になってしまいます。

 

そうなると低体温を引き起こし、

 

何を食べても消化しづらいので
食欲が出ない、
だるい、
という状況に陥ってしまいます。

 

結果、免疫力が落ちて病気になりやすい。

 

夏の終わりにガクンと食欲が落ちる人が多いのは
氷食の影響も大きいのです。

 

肉、卵、牛乳などのたんぱく質も
体内でしっかり分解できないため
花粉症やぜんそくなどのアレルギー反応を引き起こしやすい

 

ということになります。

 

さらにひどくなると
冷えのぼせといって

 

身体は冷えきっていて寒いのに
口の中だけが火照って熱いという
アンバランスな身体になることも多いのです。

 

これは自然環境を無視した食生活が
引き起こした疾病。

 

酵素ブームで外から補う酵素が注目されてはいますが
まずは、
自分自身が持っている酵素を働きやすい環境に
置いてあげることが先決。

 

特にお子さんの身体は大切にしてあげたいですね。
氷は暑い夏のお楽しみ♡
健康は外から補うよりもまず
内側から整えていきたいですね。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2019/10/12

私の花粉症、夫の胃腸の不調、子どもたちの副鼻腔炎まで、体質や遺伝だと諦めていた我が家の不調は全部解決できました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

飯島 美歌さん 鎌倉市在住(ご家族4人)                       養生科で印象に残っていること 砂糖も油も使わないで、美味しくて家族みんなが満足できる食事が作れるようになったこと。 重ね煮と出会ってすぐの頃、正直「数日ならよくても、そのうち物足りなくなるのでは?」と思っていました。ところが、重ね煮ならではの調和のとれたほんのりまぁるい味は我が家の家族の胃袋をギューっと掴んで放しませんでした。物足りないどころか「今日のご飯も美味しいね!」と言ってくれるようになり嬉しかったです。 今まで肉 ...

続きを見る

2019/10/11

休みがちだった娘がほとんど休まず幼稚園へ行けるようになりました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

岡田久仁子さん 神奈川県在住(ご家族3人) 養生科で印象に残ったこと ・季節のものを沢山食べることができること ・少ない調味料で素材の深い味わいとうまみを丸ごと吸収できること ・どんな時でも「これを食べていれば大丈夫!」と思えたこと ・調味料などの食材選びを学んだことで、「意識すること」の大切さを感じたこと ご家族ご自身の変化 ・野菜を沢山食べるようになりました。 ・一年の3分の1はお休みしていた娘が休みなく幼稚園へ行けるようになり、病院へも行かなくなったこと。 ・身体の調子が良くないと感じると、家族の方 ...

続きを見る

2019/10/5

夫も子どもも野菜が食べられるようになった!【重ね煮アカデミー基礎科修了生のお声】

溝口泰子さん 横浜市在住(ご家族3人) 基礎科で印象に残ったこと 油の使い方。 重ね煮では全体食として摂るため、抽出した液体の油を意識して摂らなくても十分だということ。 ご家族ご自身の変化 調味料の選び方や油の使い方が変わり、味つけに困らなくなりました。 重ね煮を始めてからだんだんと身体が整ってくるのが分かるようになり、外食が続いたり、甘いものを取り過ぎた時は身体が重く体調を崩すことに気がつきました。自分の取説ができました。 手当てができるようになり、病院のお世話になることが減りました。 重ね煮した野菜な ...

続きを見る

2019/10/5

「重ね煮」が料理の当たり前に!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

田中夕子さん 岩手県在住(ご家族4人) 養生科で印象に残ったこと 特別に手の込んだ料理を作らなくてもこんなにも美味しくできるんだ!ということ。 どこか似ているのか志が共通している方達と共に学べて毎回楽しく半年間があっという間でした。 ご家族ご自身の変化 「重ね煮」が料理の当たり前になっていて「これはどう重ねたら美味しくなるかな。」と必ず考えるようになりました。時間がなくてもお味噌汁だけでもささっと作れるので、苦なく料理ができ、台所に立つのが楽しくなりました。子ども達もいつの間にか味を覚えて「今日はスープが ...

続きを見る

2019/9/27

調子が良くない時は子どもが自分から葛ねりや梅醤番茶が欲しいと言うようになりました!【重ね煮アカデミー応用科修了生のお声】

山口絵里さん 小田原市在住(ご家族4人) 応用科で印象に残ったこと やはり陰陽の重ね方を逆にした実験です。味の違いを感じて言葉にして初めて、まるい味を知り、正しい順番に重ねようと感じました。 野菜の陰陽の見方も形や根っこなど様々な視点があること、それぞれが関係していることが興味深かったです。 ご家族ご自身の変化 応用科で学んだ魚料理や味付けでレパートリーが増えて、献立の考え方も楽になりました。 子どもが風邪を引かなくなり、たまに引いても長引かなくなりました。調子が良くない時は子どもが自分から葛ねりや梅醤番 ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

ママと子供のためのかんたんお手当法〜のどが痛い時編〜

3200名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「かんたんお手当法〜のどが痛い編」をご登録者にプレゼント!


もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2019 All Rights Reserved.