お知らせ 重ね煮コラム

油の話

今日は全6回の養生基礎クラスの最終回、
油についてお話させていただきました。

オイルブームなる言葉があるようです。

1998年ころのオリーブ油
まだ記憶に新しいココナッツ油
最近の亜麻仁油。

私は流行があるものは嗜好品と捉えています。

嗜好品とは、毎日摂取したいものではない
楽しみとしていただくもの。
油の場合は、お料理にコクや香りを出したい時に使うもの。
かけたり飲んだりして毎日摂取すべきものではないということ。

 

ここで油への認識の変遷を辿ってみたいと思います。

1.戦後、バターが高価であること、植物性原料由来のため
ヘルシーを売りにしたマーガリン流行。
バターよりマーガリンが良いという認識。

心疾患、心筋梗塞へのリスクが分かり
トランス脂肪酸であるマーガリンは悪者。

2.必須脂肪酸のω6脂肪酸は悪玉コレステロールを減らしてくれる。
コーン油、ひまわり油、胡麻油を摂ろう。

ω6は善玉コレステロールまで減らしてしまう。
心筋梗塞のリスクがあるので、摂取は減らした方が良い。

ω3脂肪酸のえごま油、しそ油、亜麻仁油も摂ろう。

ω6を少なめに、ω3を多めに摂るのが理想である

 

最後の結論が今落ち着いているところでしょう。

 

なので今は、亜麻仁油ブーム。

2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s

 

 

 

 

 

 

油について、わずか数十年でこれだけ認識が変わるのです。
理由は人の健康に影響が出てきたから。
言い換えると、悪い影響が出なければ分からない。
そんな情報を信じていいのか、ということになります。

 

私が生徒さんへお伝えしたのは、
迷った時は一物全体食に照らし合わせること。
抽出したものでなく、
例えば胡麻油より胡麻というように
もとの食品から摂取することを第一に考えること。

 

私たちの身体に馴染んでいるものを食べること。
それが動物実験や分析学からの結果での情報でなく
私たちの身体に長年にわたって取り込まれ、
消化、吸収排泄されてきたものだから。

そうすることで、難しく考えずとも
食べ過ぎ、摂り過ぎを防ぎ、
バランスよく摂取することが出来ます。

そして、最も大切なことは
耳を外の情報ばかりに向けずに
自分の身体に向けること。

身体の声を聞こう、ということ。

油の摂り過ぎは倦怠感や疲労感を生み出します。

身体が喜んでいるか
美味しいか

そこを基準にするだけでも
摂り過ぎは減らせるのではと思います。

 

これからの情報化時代、
自分の中に判断の軸を持つことが
ますます大切になってくると思っています。

 

こちらも参考にしていただければ幸いです。

油と上手につきあう①
油と上手につき合う②
油と上手につき合う③

 

 

 

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

2024/4/16

献立に迷う、時間がかかるから料理が苦痛、、、気づけば楽しめるようになっていました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Kさん(横浜市在住) 3歳、0歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で自分の作るものに自信がなく、子どものためにいいものを作りたいのに何を作ったらいいかわかりませんでした。毎日の献立を考えるのも、料理を作るのも、時間がかかって、料理が苦痛になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? まず重ね煮味噌汁が、家にある食材でさっと作れるようになりました。味噌汁1品だけでも具沢山で満足感があるので、味噌汁さえ作れれば大丈夫という気持ちになり、心 ...

続きを見る

2024/4/16

子どもが食べてくれない、栄養が足りているか心配、という不安がなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(神戸市在住) 4歳、1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で、レシピを見ないと作れず、毎日今日のごはんは何にしようと献立を考えたりするのも苦痛でした。 また、幼児食などの本を参考にして作ったりしても子供がなかなかごはんを食べてくれず、栄養が足りているのか心配でした。鼻がつまったり、咳風邪をよく引いたりと体調面も気になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 料理を作ることが楽しくなってきました!毎日の献立は相変わらず迷うこと ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.