重ね煮コラム

【夏のお弁当】傷みにくいお弁当作り 4つのコツ

梅雨から夏にかけては
ムシムシの暑さやじめじめの湿気で
カビや雑菌の繁殖が活発になる季節。

 

パパのお弁当、幼稚園のお弁当
育ちざかりの中高生のお弁当作りは
ひと苦労で、お母さんは大変!

 

傷みにくいお弁当作りの4つの知恵
まとめてみました。

1.お弁当箱をしっかりかわかしておく

お弁当箱についた水気は雑菌繁殖のもと。

お弁当箱は当日朝に洗って拭いたのでは
どうしても水気が残ってしまいます。

前日夜にしっかり洗って、かわかしておくと
安心ですね^^

2.なるべく同じ温度にして詰める

ごはんとおかず、おかず同士の温度差がある状態で
詰めると腐敗しやすくなってしまいます。

同じ温度にして詰めて、必ず冷めてからフタをしてくださいね。

私の場合は
お弁当箱と同じくらいの大きさの保冷剤の上に
お弁当箱を置いて、冷ましています。

3.水気の出ないおかず

edfcd7edb7d25331623452f0b6f82125_s

 

 

 

 

 

 

 

べちゃべちゃおかずは雑菌の大好物。
なるべく水気を切った状態で詰めてくださいね。

葉物野菜は
焼きのりとろろ昆布かつおぶし
と和えると
水気を出さないうえに、うま味も出て
一石二鳥ですよ。

4.小さじ1杯の梅酢

 

IMG_1715

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は夏のお弁当で危険度が高いのは
ごはんだったりするのです。

梅干しを置いて日の丸弁当にするよりも

ごはんを炊くときに少量の梅酢を加えて
全体をざっと混ぜてから炊いてください。

梅酢には強い抗菌作用があるだけでなく

うっかり多く入れてしまっても
ほんのり塩気と酸味があって美味しく
食べられます。

ちなみに梅酢の入手先を聞かれることが
多いのですが、

ほとんどの自然食品店で
置いています。

 

ちょっとしたコツで安心なお弁当が
作れます^^

参考になれば幸いです。

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2021/4/18

100%の生徒さんが調味料を変えました!【重ね煮アカデミー生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   皆さんは、どんな調味料を選んでいますか?   一般的には、 料理の味は調味料で決まると 思っているかもしれません。   調味料とは、正しくは 「調味料によって」 食材から引き出せる甘みや旨みが変わるのです。   重ね煮アカデミー養生科では 調味料について学びます。 生徒さんたちが課題として 調べて発表してくれます。   調べた結果、自分で納得!   全員の生徒さんが調味料を変 ...

続きを見る

2021/4/18

宅配の食材セットの購入をやめました!【重ね煮アカデミー養生科生のお声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   「宅配の食材セットの購入をやめました」 どういうこと?って思いますよね。 重ね煮アカデミーの生徒さんからのお声が届きました。 ご紹介させていただきますね。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー (一部抜粋) 宅配会社の食材セットを 購入していたのをやめました。 野菜を沢山購入するようになり これまで使わなかった 根菜類を沢山使うようになりました。 料理を作ることに対して 「苦痛・面倒・できたらしたくない」 から「簡単・ラク・楽 ...

続きを見る

2021/4/15

3ヶ月で砂糖依存から脱出できました!【重ね煮アカデミー養生科生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   「本当に自然に我慢しないで 砂糖離れできたことがすごいです!!!」   重ね煮アカデミーの生徒さんからの声が届きました。 甘いものをやめたい やめなければ、、、 多くのママのお悩みではないでしょうか? また、我慢する!しか、 解決策が見つからない問題だと思います。 実はこのお声、 3ヶ月前には砂糖をやめたい!どうしたら、、、? と言っていた生徒さんの声です。 どうしてこんなに変化できたのか 少しご紹介しますね。 & ...

続きを見る

2021/4/1

年中鼻をかんでいた夫の鼻炎が治りました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

S.Tさん 岡山県在住(ご家族5人、7歳、6歳、4歳のお子さんのママ) 年中鼻づまりの鼻炎がきっかけでした 忙しいとついお惣菜やマクドナルドで 済ませてしまうことが多く、 このままの食生活でいいのかな?と悩んでいました。 家族全員鼻炎でが、年中鼻づまりで苦しんでいる姿をみて 食べるものから体質改善したい、 食生活を整えたいと思いました。   養生科で印象に残ったこと ・身体に良いものではなくて、身体に馴染むものを選ぶ、ということ。 ・自分の選んだものや食生活を子供に手渡していく、ということ。 食 ...

続きを見る

2021/3/27

体温が上がって、乾燥肌もなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Tさん 奈良県在住 (ご家族7人、10歳女の子、7歳男の子、4歳女の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 食の軸ができました! 料理の仕方だけでなく、 重ね煮の根本的な考え方、食の歴史、歯の構造から、 食べ方があることを知って、目から鱗でした。 改めて食べ方を学ぶことができ、 また、野菜の選び方、食材の選び方を知り、 自分なりの食の軸ができました。 調味料の作り方や原材料を知ることで、 より調味料が選べるようになりました。     ご家族ご自身の変化 食材や調味料の選び方が変わりま ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

朝15分で出来ちゃう!体が整う完食弁当テキスト

4800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、朝15分で出来ちゃう!体が整う完食弁当のレシピテキストをご登録者にプレゼントします。


 

もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2021 All Rights Reserved.