お知らせ 重ね煮コンテスト

『重ね煮コンテスト』本選開催!2023年グランプリが決定しました。

「重ね煮のある暮らしを日本中へ」を合言葉にし、昨年の12月の説明会からスタートしました『重ね煮コンテスト2023』ついに昨日3月16日に本選を迎えました。

第1回『重ね煮コンテスト』のテーマは「春のスープ」。春の食材を使った作品が35点もエントリーされました。どの作品も本当に素晴らしく感動しました。

季節の食材を生かしたものからは自然への感謝が、調味料の使い方に工夫が凝らされたものからは日本という風土への尊重を感じました。そして、どの作品にもご家族への想いがのせられていて料理は人を想うところから始まることを改めて感じさせていただきました。

厳選なWEB予選により本選出場となったのは9作品です。ついに3月16日横浜の会場にて本選開催となりました。

本選は実際に会場で重ね煮スープを作っていただき、試食した上で審査されます。ズラリと並んだ本選出場作品はこちらです。

いかがですか?

 

これだけ彩りが美しくおいしそうなスープが全て重ね煮で作られています。野菜を丸ごと使い、ブイヨンや出汁は不使用、塩、味噌、醤油など日本古来の調味料のみで作られているんです。

スープの並んだ様子を見て私は感動で胸がいっぱいになりました。エントリーされた方のこれまでの試作などの努力はもちろん、ご家族への想い、重ね煮への想いを感じました。

審査員の皆さんも同じくでどれも美味しすぎて順位がつけられない、、、と頭を抱え、何度も試食されていました。


↑審査の様子です

とはいえ、コンテストなので審査をしなければなりません。
5名の審査員が悩みながら、感動しながら厳選なる審査を行った結果、、、

第1回『重ね煮コンテスト2023』グランプリが決定しました!

 

『重ね煮コンテスト2023』
最高金賞を受賞されたのは

エントリーNo.14
春の陽気🌸ココロもカラダもポカポカスープ
山内綾香さん

 

金賞を受賞されたのは
エントリーNo.21
子供も大満足☆
春野菜のモリモリごちそう豆乳スープ
金子真樹子さん

そして、主催の私、
田島恵が選ばせていただいた
特別賞は
エントリーNo.22
豆の雪解けポタージュ
大和泰子さん

 

以上3名の方が
グランプリに輝きました。

改めておめでとうございます!

 

振り返ると
重ね煮に特化したコンテストとしては
日本初となる『重ね煮コンテスト2023』
35名もの方がエントリーくださり、200名以上の方が投票に参加して下さいました。

色々な形で沢山の方に関わっていただき深く感謝します。そして、これほど感動をいただけるとは思いませんでした。

 

本選参加の皆さんの調理されている様子がとても楽しそうで、審査員の皆さんも悩みながらも重ね煮スープのおいしさに幸せになっていて、「重ね煮」から人の想いが伝わり人が繋がっていくことを感じました。

重ね煮は人のカラダを良くするだけではない、
家族との調和や自然との調和を生み社会とも調和できるお料理、
重ね煮の可能性を大きく広げてもらった!
そう感じています。

これにて『重ね煮コンテスト2023』は終了となりますが、関わってくださった皆さんに心より感謝します。

これからも皆さんの暮らしの中に重ね煮が共にありますように。

 

そして、来年も!『重ね煮コンテスト2024』をもちろん行います。
ぜひ今から、楽しみにしておいてください。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/7/4

アトピーの薬が不要!とても綺麗な肌になりました。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

A.Hさん(京都府在住) 4歳、2歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 長男のアレルギーとアトピー性皮膚炎に悩んでいた時に重ね煮と出会い、オンライン体験クラスに参加しました。内容に興味を持ち、長男のアトピーが少しでも良くなるならと本講座を受講した。 重ね煮アカデミーで学び、どんな変化がありましたか? 養生科の半年、先生の本や課題レシピで重ね煮を取り入れると長男の膝の裏に薬を塗る回数が減ってきた。 更に基礎科の半年、朝食の重ね煮味噌汁を続けると、もうアトピーの薬が不要になった。 ...

続きを見る

2024/7/3

肌荒れが悩みだったのに、今では「きれい!」と褒められるように!【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

M.Kさん(滋賀県在住) 小3、年中の2人の女の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 子どもの頃からおなかが弱く、便秘と下痢を繰り返していましたが、それが普通というか当たり前になっていて“自分はそういう体質なんだ”と思っていました。中学時代からは肌荒れもひどく、ニキビや毛穴など肌の悩みもずっとありました。 次女の産後おなかの不調が特にひどくなり、腸ケアや食事改善に取り組み始め、重ね煮に出逢いました。 重ね煮アカデミーで学び、どんな変化がありましたか? 重ね煮を始めてから少しずつ体調が ...

続きを見る

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.