重ね煮コラム

お子さんがごはんをしっかり食べてくれない、と困っているママへ

お子さんが

ごはんをしっかり食べてくれない
ごはん中に遊んだり、立ったりしてしまう

「困ったもんだ、、、」
とお悩みのママへ。

 

 

先週こんなに嬉しいメッセージを
いただきました。

 

4歳の男の子のお話です。

「最近、テレビが見たい!
遊びたい!でしっかりごはんを食べなくて。

メルマガを読み返して
ランチョンマットをしいて
テレビを切って
食器で分けたら
食べられるようになりました!」

 

実践してくださって
とても嬉しいです。

 

そして、
ご家族にとっても
小言を言うことなく
食事の時間が
豊かで楽しいものになりますもんね。

 

レターレシピvol.29
《ママのお悩みシリーズ》は

お子さんが
食事中に立ち上がる。
歩き回ったりしてしまう。

そのため
ごはんの時間が長引いて困る。
結局食べさせざるを得ない。

そんなお悩みを持つママ向けに書いたものです。

 

 

まずは
ごはんを食べる食卓の環境
見直してみましょう。

 

 

ということで、
食卓の環境とは?

 

食卓に
本や新聞、遊び道具、
スマートフォンなど
が置いてありませんか?

 

テレビがBGMのように
流れていませんか?

 

 

食卓は
家族が集って食事をする場所。
食の楽しみを分かち合う場です。

 

子供は環境にとても敏感です。

 

食卓の雰囲気が
少し変わっただけ

例えば
食器が変わったり
お箸が変わったり

テーブルに
ランチョンマットを敷いただけで

とたんに
食欲モリモリになったりもするのです。

 

 

なので、
食事の時は
さっとキレイに食卓を整える。

 

食べるという行為を大切に。

 

というお話でした。

 

20181002.JPG

「ひとりひとりに
食事を準備配膳すること」

 

これにはもうひとつ
とても大きな意味があります。

 

お子さん側から見ると

これは僕のごはん
私のごはん
と分かるので、食べようと思う。

 

 

 

ママ側から見ると

・お子さんに必要なごはんを
しっかり食べさせることができる。

・残したり、食べない時は
調子が良くないかな、
と気づくことができる。

 

 

大皿盛りは見た目華やかで
洗い物もラクですが

 

ひとりひとりに配膳する

 

というちょっとしたことが
お子さんの食べるチカラともなり
お子さんの体調管理にもつながります。

 

 

そして
配膳することで
肉ばっかりにならないように、
など

 

食事のバランスにも気が付くことが
できるのです^^

 

お子さんにも
ごはんと味噌汁の位置など
配膳して「いただく」という
食文化が自然に身につきますよ。

 

お子さんのむら食いや
ながら食いに困っていたら

ご家族そろっても食事時間を
楽しく豊かにするためにも

 

食卓の環境を見直してみてくださいね。

 

では素敵な一日をお過ごしください♡

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2021/4/18

100%の生徒さんが調味料を変えました!【重ね煮アカデミー生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   皆さんは、どんな調味料を選んでいますか?   一般的には、 料理の味は調味料で決まると 思っているかもしれません。   調味料とは、正しくは 「調味料によって」 食材から引き出せる甘みや旨みが変わるのです。   重ね煮アカデミー養生科では 調味料について学びます。 生徒さんたちが課題として 調べて発表してくれます。   調べた結果、自分で納得!   全員の生徒さんが調味料を変 ...

続きを見る

2021/4/18

宅配の食材セットの購入をやめました!【重ね煮アカデミー養生科生のお声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   「宅配の食材セットの購入をやめました」 どういうこと?って思いますよね。 重ね煮アカデミーの生徒さんからのお声が届きました。 ご紹介させていただきますね。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー (一部抜粋) 宅配会社の食材セットを 購入していたのをやめました。 野菜を沢山購入するようになり これまで使わなかった 根菜類を沢山使うようになりました。 料理を作ることに対して 「苦痛・面倒・できたらしたくない」 から「簡単・ラク・楽 ...

続きを見る

2021/4/15

3ヶ月で砂糖依存から脱出できました!【重ね煮アカデミー養生科生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   「本当に自然に我慢しないで 砂糖離れできたことがすごいです!!!」   重ね煮アカデミーの生徒さんからの声が届きました。 甘いものをやめたい やめなければ、、、 多くのママのお悩みではないでしょうか? また、我慢する!しか、 解決策が見つからない問題だと思います。 実はこのお声、 3ヶ月前には砂糖をやめたい!どうしたら、、、? と言っていた生徒さんの声です。 どうしてこんなに変化できたのか 少しご紹介しますね。 & ...

続きを見る

2021/4/1

年中鼻をかんでいた夫の鼻炎が治りました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

S.Tさん 岡山県在住(ご家族5人、7歳、6歳、4歳のお子さんのママ) 年中鼻づまりの鼻炎がきっかけでした 忙しいとついお惣菜やマクドナルドで 済ませてしまうことが多く、 このままの食生活でいいのかな?と悩んでいました。 家族全員鼻炎でが、年中鼻づまりで苦しんでいる姿をみて 食べるものから体質改善したい、 食生活を整えたいと思いました。   養生科で印象に残ったこと ・身体に良いものではなくて、身体に馴染むものを選ぶ、ということ。 ・自分の選んだものや食生活を子供に手渡していく、ということ。 食 ...

続きを見る

2021/3/27

体温が上がって、乾燥肌もなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Tさん 奈良県在住 (ご家族7人、10歳女の子、7歳男の子、4歳女の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 食の軸ができました! 料理の仕方だけでなく、 重ね煮の根本的な考え方、食の歴史、歯の構造から、 食べ方があることを知って、目から鱗でした。 改めて食べ方を学ぶことができ、 また、野菜の選び方、食材の選び方を知り、 自分なりの食の軸ができました。 調味料の作り方や原材料を知ることで、 より調味料が選べるようになりました。     ご家族ご自身の変化 食材や調味料の選び方が変わりま ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

朝15分で出来ちゃう!体が整う完食弁当テキスト

4800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、朝15分で出来ちゃう!体が整う完食弁当のレシピテキストをご登録者にプレゼントします。


 

もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2021 All Rights Reserved.