重ね煮コラム

お子さんがごはんをしっかり食べてくれない、と困っているママへ

お子さんが

ごはんをしっかり食べてくれない
ごはん中に遊んだり、立ったりしてしまう

「困ったもんだ、、、」
とお悩みのママへ。

 

 

先週こんなに嬉しいメッセージを
いただきました。

 

4歳の男の子のお話です。

「最近、テレビが見たい!
遊びたい!でしっかりごはんを食べなくて。

メルマガを読み返して
ランチョンマットをしいて
テレビを切って
食器で分けたら
食べられるようになりました!」

 

実践してくださって
とても嬉しいです。

 

そして、
ご家族にとっても
小言を言うことなく
食事の時間が
豊かで楽しいものになりますもんね。

 

レターレシピvol.29
《ママのお悩みシリーズ》は

お子さんが
食事中に立ち上がる。
歩き回ったりしてしまう。

そのため
ごはんの時間が長引いて困る。
結局食べさせざるを得ない。

そんなお悩みを持つママ向けに書いたものです。

 

 

まずは
ごはんを食べる食卓の環境
見直してみましょう。

 

 

ということで、
食卓の環境とは?

 

食卓に
本や新聞、遊び道具、
スマートフォンなど
が置いてありませんか?

 

テレビがBGMのように
流れていませんか?

 

 

食卓は
家族が集って食事をする場所。
食の楽しみを分かち合う場です。

 

子供は環境にとても敏感です。

 

食卓の雰囲気が
少し変わっただけ

例えば
食器が変わったり
お箸が変わったり

テーブルに
ランチョンマットを敷いただけで

とたんに
食欲モリモリになったりもするのです。

 

 

なので、
食事の時は
さっとキレイに食卓を整える。

 

食べるという行為を大切に。

 

というお話でした。

 

20181002.JPG

「ひとりひとりに
食事を準備配膳すること」

 

これにはもうひとつ
とても大きな意味があります。

 

お子さん側から見ると

これは僕のごはん
私のごはん
と分かるので、食べようと思う。

 

 

 

ママ側から見ると

・お子さんに必要なごはんを
しっかり食べさせることができる。

・残したり、食べない時は
調子が良くないかな、
と気づくことができる。

 

 

大皿盛りは見た目華やかで
洗い物もラクですが

 

ひとりひとりに配膳する

 

というちょっとしたことが
お子さんの食べるチカラともなり
お子さんの体調管理にもつながります。

 

 

そして
配膳することで
肉ばっかりにならないように、
など

 

食事のバランスにも気が付くことが
できるのです^^

 

お子さんにも
ごはんと味噌汁の位置など
配膳して「いただく」という
食文化が自然に身につきますよ。

 

お子さんのむら食いや
ながら食いに困っていたら

ご家族そろっても食事時間を
楽しく豊かにするためにも

 

食卓の環境を見直してみてくださいね。

 

では素敵な一日をお過ごしください♡

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2020/5/23

子供の便秘を薬に頼らず治したい【オンライン体験クラスのお声】

日暮弘美さん さいたま市在住(ご家族3人、4歳の女の子のママ) ご受講前のお悩み 子供の頑固な便秘、薬に頼らずに治してあげたい 4歳の娘が便秘で薬を服用しています。偏食で、野菜は芋類以外は一切食べません。1日も早く薬に頼らずに便秘を治してあげたいと思い、受講しました。 ご受講後の変化 アドバイス通りにしてみたらポタージュを完食してくれました! 小さいうちはごはん中心で大丈夫、という言葉に安心しました。少しずつですがポタージュを試してみたいと思い、早速作ってみたところ「おいしい!」と完食してくれました! 印 ...

続きを見る

2020/3/29

引き算の食べ方こそが「手当て」だと腑に落ちました。【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

大野理加さん 町田市在住(小学生と2歳の3人の男の子ママ、ご家族5人) 基礎科で印象に残ったこと 引き算の食べ方こそが「手当て」だと分かりました。 今までは調子の悪いときは栄養のつくものを食べさせ、そのうえで自然療法の手当をしていました。 先生の話で、まずは食事を半量にする、ということを聞き、「引き算なのだ」とわかりました。 実際に実践してみると、確かに回復に無理がなく、自然に治していくことが出来ました。手当に頼り過ぎないという考えも気が楽になりました。養生科で引き算の食べ方を学んでいたのに上手く取り入れ ...

続きを見る

2020/6/1

料理が苦手だった私が短時間で数品を作れるようになりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

村田洋子さん 藤沢市在住(ご家族3人、2歳の女の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 身土不二から繋がる郷土食が深い! 郷土食を調べたことで日本はスゴイと思いました。日本人の生きてきた歴史や昔の人の沢山の知恵が、本来人間が持っている力を最大限に生かされ、身も心も元気になるのだと深く納得しました。自分で調べたことで、学びがグッと落としこまれて来ました。 穀物と野菜だけで十分おいしいご飯が作れるということを毎回の実習で感じました。 ご家族ご自身の変化 依存していたコーヒーを飲むのを忘れるように! 「朝はしっか ...

続きを見る

2020/3/27

花粉症、インフルエンザとのバイバイに加え、台所に立つのが楽しくなりました。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

足立夏代さん 横浜市在住(ご家族4人、小学生、高校生のママ) 応用科で印象に残ったこと 献立の組み立てや配膳、陰陽判断など学び多い深い時間 陰陽についてさらに深く学び、植物のあり方や原産地から陰陽を見れたことは深かったです。 また、献立の組み立て方や配膳について学べたのが嬉しかったです。 背伸びかなと思いながら応用科を受講しましたが、とても学び深く良い時間となりました。 ご家族ご自身の変化 花粉症改善、インフルエンザとバイバイに加え、台所に立つのが楽しくなりました。 ・花粉症が改善しました! ・子供たちの ...

続きを見る

2020/3/27

野菜を沢山食べる必要はない、軸とするのは穀物の食べ方【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

勝倉歩さん 川崎市在住(6歳の男の子の働くママ、ご家族3人) 基礎科で印象に残ったこと 野菜を沢山食べる必要はない 野菜を中心としてあれもこれも摂らなきゃ、、、と考えていたのが、穀物の食べ方を軸とすれば良いということが腹落ちして、ラクに捉えられるようになりました。 「手当て法」について学んだことで日々の食事こそ手当てであり、身体を治す手助けなのだと知った上でやってみようと思いました。 ご家族ご自身の変化 家族の「おいしい」が聞けるように! 夫と保育園児の息子から「おいしい!」が度々出てくるようになりました ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

ママと子供のためのかんたんお手当法〜おなかが痛い時編〜

4000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「かんたんお手当法〜お腹が痛い編」をご登録者にプレゼント!


 

もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2020 All Rights Reserved.