重ね煮コラム

2018年重ね煮アカデミーはステップアップします。

こんにちは^^田島恵です。
 
 
 
2017年も残り3週間を切りました。
当たり前ですが、
間もなく2018年が始まります。
 
 
 
皆さんは、
2018年をどう過ごしたいですか?
目標があることだと想います。
 
 
 
目標、夢、ワクワクしますね。
モチロン私にもあります^^
 
 
 
私自身が人生をどう過ごしたいか
という夢や想い、
 
家族との時間、
プライベートの時間をどう過ごすか
どのように仕事を進めたいか、
 
その実現のために
2018年をどのように動くか
を冊子にまとめました。
 
 
 
 
マイプロデュースデザイン2018
田島恵の人生の道標です。
 
 
スクリーンショット (44).png
 
 
「夢は叶わないから夢なんだ」
という方もいると思います。
 
 
でも、
私は叶うと思っています。
 
 
 
 
夢を目標を忘れずに
日々を過ごせば、
1年積み重ねた後に必ず結果はついてくる、
と想っています。
 
 
 
そのためには忘れないこと。
毎日とは言わずとも、
毎月の節目、迷った時に思い起こす
 
 
そして、
想いの原点に立ち返り、
目標へ向けて一歩ずつ進みたい
と想っています。
 
 
 
そのために
マイプロデュースデザイン2018
を描き終えました。
 
 
 
 
そこから動くべき道筋がすっと見えました。
 
 
 
 
2018年の重ね煮アカデミーは
ステップアップします。
 
 
 
「全国の家庭の台所を薬箱にしたい」
という想いから始めた重ね煮アカデミー。
 
 
 
 
旬の食材を自然な形で調理していただく、
調子のよくない時は
身近な食材で手当てをする、
 
働くママも
子育て中で忙しいママも
気構えることなく、
当たり前に
台所から家族の健康を整えることができる、
「ママなら
重ね煮を知っていて当たり前」
の世界を広げたくて
重ね煮アカデミーやレターレシピでお伝えしてきました。
 
 
 
 
 
 
 
今年を振り返ってみても、、、
養生科・基礎科・応用科・本科4コースを開講し、
生徒さんたちの想像以上に大きな変化に
日々驚きと喜びをいただいています。
 
 
 
今年は重ね煮アカデミー認定講師も誕生し、
共に活動してくれています。
 
 
 
このレターレシピの読者さんは
ありがたいことに
1300名を越えました。
 
 
三島と愛知にも呼んでいただき、
重ね煮のココロと知恵をお届けすることができました。
 
 
17098178_1216329818482326_6485367832042766832_n.jpg
 
 
received_10207211739686621.jpeg
 
 
1年間かけて開発・準備をしてきた
「重ね煮コゼー」
たった半日で完売御礼になり、
全国のママたちの強い味方になってくれています。
 
2017.11出荷前.jpg
そして、
すでに来年前期の体験クラスも
数日で満員御礼になり、
 
また新たな生徒さんたちとの出逢いに
今からワクワクしています。
 
 
「北海道で重ね煮アカデミーを学べないですか?」
「九州に先生はいらっしゃいますか?」
と嬉しいお問合せをいただきますが、
反面ご要望に添えないことが心苦しくもあります。
 
 
 
来年2018年は、
重ね煮アカデミー4年目にあたります。
 
 
 
日本全国の家庭へ
「重ね煮のココロ」を届けるために、
全国の台所を「お家の薬箱」にするために、
 
重ね煮アカデミー開始当初は
考えていなかったこと、
この1年過ごしながら薄々必要だと
感じていたことを決意しました。
 
 
 
田島恵と共に、
「重ね煮アカデミー®」
「陰陽調和に基づく重ね煮のココロ」広げてくれる方を募ります。
 
 
そして3年後の2020年には、
関東地方全域で
「重ね煮アカデミー」を学べる環境を実現させたい、
いえ実現させます。
 
 
20171010集合.jpg
 
 
received_10207211723726222.jpeg
 
これから詳細は発信していきますね。
 
 
 
 
2018年の重ね煮アカデミーは
ちょっぴり加速してお伝えしていきます。
お楽しみにしてください♬
 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/2/25

少食で体重が増えない、息子を追いかけて食べさせる毎日が変わりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Fさん(長野県在住) 2歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? ・2歳の息子の少食です。食事に関心がなく、数口食べたら離席して遊びだします。私は息子を追いかけ、口に食べ物を放り込むのが日常でした。一日三回、食事の用意も食べる時間も苦しかったです。小柄で体重が増えないことも心配でした。 ・私自身は産後の体調不良が抜けず、胃痛や蕁麻疹に悩まされていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・アカデミーを受講するにあたって立てた目標は「食卓に笑顔を増やしたい ...

続きを見る

2024/2/19

SIBOやアトピーの不安が減りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

H.Aさん(神奈川県在住) 1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自分自身のSIBOと子どものアトピー性皮膚炎 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 私のSIBOは該当する食品を控えるか食べても規定内にすることしか対処法がなく、養生科の最初の頃は該当の食品を抜くか別の食べられる食品に置き換えて作っていました。日々重ね煮を実践するにつれ、お腹の調子も良くなってきたので、最後の方は該当の食品も規定内で試してみようと思えるようになりました。 また、外食などで該当の ...

続きを見る

2024/2/15

娘のアトピー、通院も薬も手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

S.Kさん(宮城県在住) 幼稚園(5歳)女の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 娘のアトピーを皮膚科に通わず、ステロイドを塗らずに過ごすために家庭できることとして、何をしたら良いか、どんな方法があるか、良いもの探しを永遠としていた。 あれが良いこれが良いとあれこれ試しては続いたり続かなかったり、良いか悪いかも確信がないまま、ずっと正解を求めて彷徨っている状態だったと思う。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 引き算を学んだことで、良い物探しをしなくて良くなった。 一度負担になっ ...

続きを見る

2024/2/5

ほとんど食べられなかった息子、今では「お母さんの重ね煮の料理がおいしい」と手紙をくれるようになりました。【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Kさん(新潟県在住) 小学生(10歳)と幼稚園(4歳)のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? ・長男の全身の蕁麻疹、下痢、耳たぶの付け根の切れ。 ・長女の頬の赤くただれる湿疹、全身のブツブツした肌 ・主人のパニック障害、下痢 ・私の体調不良 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 息子(10歳)の蕁麻疹はほとんど出なくなりました。湿疹はごくたまに出ますが、範囲が広く出なくなりました。 そして、下痢は全くしなくなり1日2.3回の快便です。 娘(4歳)の頬の赤いただれもだいぶよくなり、た ...

続きを見る

2024/1/17

学びの時間が「私のかけがえのない財産」となりました【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Hさん(京都府在住) 4歳、1歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 長男の魚アレルギーとアトピー性皮膚炎に悩んでいました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 重ね煮を続けることで、アトピーの症状ははほとんど出なくなりました。 強い薬でしか治せないと思っていたのに、食事に気をつけることで皮膚の状態がこんなに良くなったことに驚きでした。   食材や調味料は「高価=安全、良いもの」というイメージがありましたが、値段だけではなく食品表示をきちんと確認することの重要 ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

6600名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.