重ね煮コラム

【Q&A】ごぼうを他の野菜に代えることはできますか?

今日はメールマガジン「365日の重ね煮レターレシピ☆時短ママの知恵袋☆」
へいただいたご質問から
皆さんにもお伝えしたいと思ったものをご紹介しますね。

 

vol.9 「春の重ね煮味噌汁」についてのご質問

息子のアレルギーの関係で、
あくの強いゴボウは控えています。

レシピから単純にゴボウを抜いただけでは
陰陽のバランスが崩れるということに
なるのかなぁと思いました。

違う野菜で代用したいと思っています。
その際は、ゴボウであれば大根のように、
同じ種類で代用して構わないでしょうか?

 

ご家族にアレルギーの方がいる
この野菜がお家にない!
ご家族の誰かが苦手な野菜が入っている!

ということもありますね。

 

2パターンの方法をご紹介します。

 

 

1.ごぼうを違う野菜で代用する場合
 
単純にごぼうを抜いてしまうと
お味噌汁が少し陰性に偏ってしまいます。
 
 
その時は
人参の分量を増やす
または
ちりめんじゃこ大さじ1を
味噌の上にのせる。
 
 
方法をとってみてくださいね。
 
 
ごぼうと大根は
同じ根菜類のようでも
代用はききません。
 
 
大根は生でも食べられて
水気が多く、陰性よりの野菜
なのです。
 
 
2.ごぼうを抜かないという手もあります
 
重ね煮の大きな魅力の一つとして、
 
重ねて煮ることでお互いの素材の
良い面を引き出し、
良くない面を打ち消すという働き
 
があります。
 
 
 
例えば、
大豆アレルギーで豆腐が食べられない
というお子さんでも
 
 
重ね煮したお味噌汁や煮ものに入っている豆腐なら
アレルギーが出ない、
ということがあります。
 
 
陰陽が調和されて「中庸」
になっているためですが、
 
これはアレルギーの状況によるので
絶対ではありません。
 
レシピ通りに作り
アレルギーのご家族のお椀には
ごぼうを入れない
 
または
 
少量入れる
 
という選択もできます。
 
ご家族の事情、体調を心がけながら
みんなで同じ食卓を囲める
と幸せ♡ですね。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2021/6/25

内容の濃い学びの時間、料理のレパートリーが増えて「おいしい」と言われるようになりました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Yさん 東京都在住(ご家族3人、5歳の男の子のママ) 重ね煮アカデミーで学んだきっかけ 砂糖と油を使わずにおいしいご飯が作れることに感動しました! 本を参考にして独学で始めたものの、わからないことがあったので、しっかりと学びたいと思ったからです。 また、砂糖と油を使わずに、おいしいご飯が作れることに感動し、 おいしいと同時に体質改善出来るかもしれない、と思ったので 学ぶことを決めました。 養生科で印象に残ったこと 内容の濃い時間でした! 同じ時期に学んでいるメンバーと お互いにグループページで報告し合 ...

続きを見る

2021/6/5

100%の生徒さんが調味料を変えました!【重ね煮アカデミー生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   皆さんは、 どんな調味料を選んでいますか?   一般的には、 料理の味は調味料で決まると 思っているかもしれません。   調味料とは、正しくは 「調味料によって」 食材から引き出せる甘みや旨みが 変わるのです。   重ね煮アカデミー養生科では 調味料について学びます。 生徒さんたちが課題として 調べて発表してくれます。   調べた結果、自分で納得!   全員の生徒さんが 調味 ...

続きを見る

2021/6/6

年中鼻をかんでいた夫の鼻炎が治りました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

S.Tさん 岡山県在住(ご家族5人、7歳、6歳、4歳のお子さんのママ) 年中鼻づまりの鼻炎がきっかけでした 忙しいとついお惣菜やマクドナルドで 済ませてしまうことが多く、 このままの食生活でいいのかな? と悩んでいました。 家族全員鼻炎でが、年中鼻づまりで 苦しんでいる姿をみて 食べるものから体質改善したい、 食生活を整えたい と思いました。   養生科で印象に残ったこと ・身体に良いものではなくて、 身体に馴染むものを選ぶ、ということ。 ・自分の選んだものや食生活を 子供に手渡していく、という ...

続きを見る

2021/6/16

体温が上がって、乾燥肌もなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Tさん 奈良県在住 (ご家族7人、10歳女の子、7歳男の子、4歳女の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 食の軸ができました! 料理の仕方だけでなく、 重ね煮の根本的な考え方、 食の歴史、歯の構造から、 食べ方があることを知って、 目から鱗でした。 改めて食べ方を学ぶことができ、 また、野菜の選び方、食材の選び方 を知り、 自分なりの食の軸ができました。 調味料の作り方や原材料を知ることで、 より調味料が選べるようになりました。   ご家族ご自身の変化 食材や調味料の選び方が変わりました! ...

続きを見る

2021/6/16

息子が耳鼻科、皮膚科に行く回数が減りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

H.Sさん 神奈川県在住(ご家族3人、4歳の男の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 調味料を買い直しました! 野菜の選び方や、調味料の製造方法、 原材料を学べた事です。 何気なく良さそうだな、 と選んでいた調味料も、 調べてみたら短期で製造できるように アルコールが入っていたり、と 製造方法もしっかり分かるように なったので、 家にある調味料を買い直しました。   ご家族ご自身の変化 【息子の変化】耳鼻科、皮膚科に行く回数が減りました! ・鼻炎でアトピー気味の息子が  耳鼻科に行く回数、  皮 ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

「時短ママの朝ごはんバイブル」無料テキストプレゼント

5200名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、1週間のレシピが手に入る「時短ママの朝ごはんバイブル」をご登録者にプレゼント!


もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2021 All Rights Reserved.