無水重ね煮料理と陰陽調和の重ね煮料理との違い

重ね煮コラム

無水の重ね煮との違い

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

今日は、よくご質問をいただく「無水の重ね煮」と「水を使う重ね煮」の違いについて、お話します。

 

「重ね煮」には無水の重ね煮水を使う重ね煮の2種類があります。

両方とも、江戸時代の医師 石塚左玄さんから、マクロビオティックの創始者 桜沢如一さんへと続く食養の流れからつながってきています。
違いは確立した人、確立の目的、背景にあります。

無水の重ね煮は、桜沢如一さんの弟子であった小川法慶先生より学ばれた船越康弘さんが、ご自身が経営されている民宿「わら」でお客様に食べていただくお料理として確立されてきたもの。
重ね煮のベースを無水調理で作ることで野菜の甘みが出るうえに保存がききます。そのベースを様々な料理にアレンジできるという利点から、民宿のような大量調理に向いているように思います。

水を使う陰陽調和の重ね煮は、私の師、梅崎和子先生が小川法慶先生より学び取ったことをレシピ化し、アレルギーをお持ちのお子さんも食べられる家庭料理として確立されたもの。重ね煮アカデミーでお伝えしているのは、後者の水を使う重ね煮です。

 

無水の重ね煮と水を使う重ね煮、水の役割は?

無水の重ね煮水を使う重ね煮の具体的な違いについてお話していきます。

水を使う重ね煮=陰陽調和に基づく重ね煮

陰陽調和の重ね煮の重ね順にはお約束がある。

 

水を使う重ね煮=陰陽調和に基づく重ね煮の特徴は、
一つの鍋の中で陰陽調和をはかる=中庸をつくりあげるという点です。

アレルギー、生活習慣病、その他疾患は陰陽バランスの崩れが原因。

極陰、極陽の食べ物を減らし、日常の食事に陰陽調和の取れた「中庸」のものを食べることでしっかりした土台を作り、少々の揺れがあろうとも、大きく崩れない身体を内側からしっかり作り上げていくことを大切にしている料理です。

 

陰陽バランスが崩れた状態

陰陽バランスが取れた中庸の状態

ですから、一つの鍋に陰性から陽性の順に食材を重ね、地球の70%、そして私たちの身体の70%を占めるを加えてフタをして火にかけると、鍋の中で「小宇宙」ともいえるらせん対流が起きて、お互いのエネルギーがぶつかり合い、陰陽が調和します。

 

らせん対流を起こすために、水は必ず必要なのです。

 

そして対流を起こすためには、水だけでなく空気の通り道も必要です。食材はみじん切りにしたり、ぎゅうぎゅうに重ねたりせずふんわり重ねます。

陰陽調和された中庸の料理は、私たちの身体にすっと染みこみ馴染みます。

 

無水の重ね煮 

よく知られていて、私も耳にするのが「しいたけ、たまねぎ、人参」、いわゆる「しいたまにんじん」の重ね煮のベース。野菜の切り方や包丁の持ち方、からだの角度などにも決まりがあるようです。

重ね煮のベースを無水調理で弱火で30~40分火にかけて作り、ポテトサラダやお味噌汁などにアレンジするというもの。一つの重ね煮ベースから数種類のレシピへとアレンジ可能、無水なので1週間の保存が効くという点も民宿での食事提供には向いているのだと思います。

鍋の中で中庸を作るのではなく、重ね煮のベースを作る段階で野菜の美味しさを引き出すという点にフォーカスされています。

参考サイト:http://wara.jp/blog/page-256/

 

出来上がりまでの時間、食感、色が違う

・水を入れるか入れないか
・火加減が弱いか強いか

それだけの違いと思われるかもしれません。
ですが、出来上がりまでの時間、食感、色に大きな違いがあります。

陰陽調和に基づく重ね煮にあって無水の重ね煮にない部分をお伝えしますね。

 

出来上がり時間

驚きの時短です。
水が助けとなり対流をスムーズに起こしてくれるので、火の通りが早い、つまり短時間で出来上がります。
お味噌汁の場合は調理開始から15分でいただくことができます。

 

食感

20141210ほうれん草の胡麻和え

重ね煮=煮物か汁物という多くの方が持つであろう重ね煮への先入観がくつがえされる和え物のシャキシャキ食感。きんぴらももちろん作れます。
体験クラスにご参加の皆様は100%と言っていいほど感動されます。

「あっ!」という間もないくらいの時間で出来上がっていた、しかも「美味しい」とのお声が多数ありです。
数十秒で蒸し煮が出来、素材の甘みうまみがしっかり残るので、少ない調味料でもおいしい和え物が出来上がります。

 

P1010444-2

「料理はまず初めに目から食べる。」と言われますが、見るだけで元気になれる鮮やかな色が特徴です。水を助けにして素早くスムーズにらせん対流を起こすから。こんなに鮮やかな色に出来上がるのです。ちなみにご飯、味噌汁、煮物、和え物、常備菜の一汁三菜、これだけ作るのにかかる時間は1時間足らずです

 

料理嫌いだった私が料理を楽しめるようになり、息子のアレルギーが治る、自身の体質が変わる、そして子育ても楽しめるきっかけとなった陰陽調和の重ね煮に出会って18年。

 

18年が経った今も、作るたび食べるたびに感動を覚えています^^

 

子供の不調もママの不調も、重ね煮で解決してみませんか?

 

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

2024/4/16

献立に迷う、時間がかかるから料理が苦痛、、、気づけば楽しめるようになっていました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Kさん(横浜市在住) 3歳、0歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で自分の作るものに自信がなく、子どものためにいいものを作りたいのに何を作ったらいいかわかりませんでした。毎日の献立を考えるのも、料理を作るのも、時間がかかって、料理が苦痛になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? まず重ね煮味噌汁が、家にある食材でさっと作れるようになりました。味噌汁1品だけでも具沢山で満足感があるので、味噌汁さえ作れれば大丈夫という気持ちになり、心 ...

続きを見る

2024/4/16

子どもが食べてくれない、栄養が足りているか心配、という不安がなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(神戸市在住) 4歳、1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で、レシピを見ないと作れず、毎日今日のごはんは何にしようと献立を考えたりするのも苦痛でした。 また、幼児食などの本を参考にして作ったりしても子供がなかなかごはんを食べてくれず、栄養が足りているのか心配でした。鼻がつまったり、咳風邪をよく引いたりと体調面も気になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 料理を作ることが楽しくなってきました!毎日の献立は相変わらず迷うこと ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.