重ね煮コラム

食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物⑧

繊細な身体のリズムを持っている女性、生まれて間もない子供に
特に知っていただきたい「食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物」は、
極陰極陽のもの。

1.砂糖
2.果物
3.コーヒーなど外国の飲み物
4.牛乳をはじめとする乳製品
5.生野菜サラダ
6.肉、卵類←今日はここです。
7.油
8.アルコール

食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物①
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物②
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物③
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物④
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物⑤
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物⑥
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物⑦

今日は肉、卵類について

肉について考えてみます。

かつての日本において、肉は貴重品。

戦国時代、江戸時代は、階級の高い武士のみが
薬用として食べられていました。

その肉も牛、豚でなく
狩猟によって獲得したもので鶏、兎、猪など。
家畜を食べるのはタブーだったようです。

肉の消費量が急激に増え始めたのは戦後。

今では「毎日肉を食べている」「肉は欠かせない」
という声もよく聞こえます。

「肉は必要だ。」の声も。

4f599ca1541b3fc0729690567f708f6f_m

 

 

 

 

 

ここで考えていただきたいのは次の2つ。

食性
穀物:野菜、海藻類:肉、魚を5:2:1の割合で食べること。
穀菜魚食
日本人が昔から食べてきたもの、つまり、穀物、野菜、魚、海藻類を食べること。

それが私たち日本人に備わっている
自然治癒力、免疫力を最大限に発揮できる食べ方です

 

肉、卵のタンパク質を沢山摂るようになり、
私たちの体格は以前よりずっと立派になり、
欧米人に劣らなくなりました。

 

けれども、女性においては初潮年齢まり、
更年期も早まっています。
つまり身体面では老化が早まっているということ

その老化に抗うべく
アンチエイジングによいと言われる食材を
積極的に摂ろうとする今の食事情。
負のスパイラルのように感じます。

 

そもそも日本人は欧米人よりが長く、
内臓器官としては肉食向きではない
肉、卵のたんぱく質の過剰摂取は
それらが腸内に長くとどまる間に、
有毒ガス、有毒細菌を増殖させてしまいます。

結果

腸内細菌のバランスが崩れ

アトピー、喘息、花粉症などのアレルギーや
難病とよばれる免疫疾患・
悪性腫瘍
につながっているのです。

戦後から70年間
日本人が欧米の食文化を積極的に取り入れてきた結果が
現在の多種多様の疾病として表れてきています。

そろそろ

人間だけのエゴによる食べ方から脱して
「自然界の一員としての食べ方
を考える時期に来ているのではないかと思います。

 

食物の栄養素のみにスポットを当てるミクロな考えでなく
自然界全体を見るマクロな考えに切り替える時だと
思います。

 

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2021/6/5

100%の生徒さんが調味料を変えました!【重ね煮アカデミー生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   皆さんは、 どんな調味料を選んでいますか?   一般的には、 料理の味は調味料で決まると 思っているかもしれません。   調味料とは、正しくは 「調味料によって」 食材から引き出せる甘みや旨みが 変わるのです。   重ね煮アカデミー養生科では 調味料について学びます。 生徒さんたちが課題として 調べて発表してくれます。   調べた結果、自分で納得!   全員の生徒さんが 調味 ...

続きを見る

2021/6/6

年中鼻をかんでいた夫の鼻炎が治りました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

S.Tさん 岡山県在住(ご家族5人、7歳、6歳、4歳のお子さんのママ) 年中鼻づまりの鼻炎がきっかけでした 忙しいとついお惣菜やマクドナルドで 済ませてしまうことが多く、 このままの食生活でいいのかな? と悩んでいました。 家族全員鼻炎でが、年中鼻づまりで 苦しんでいる姿をみて 食べるものから体質改善したい、 食生活を整えたい と思いました。   養生科で印象に残ったこと ・身体に良いものではなくて、 身体に馴染むものを選ぶ、ということ。 ・自分の選んだものや食生活を 子供に手渡していく、という ...

続きを見る

2021/6/16

体温が上がって、乾燥肌もなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Tさん 奈良県在住 (ご家族7人、10歳女の子、7歳男の子、4歳女の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 食の軸ができました! 料理の仕方だけでなく、 重ね煮の根本的な考え方、 食の歴史、歯の構造から、 食べ方があることを知って、 目から鱗でした。 改めて食べ方を学ぶことができ、 また、野菜の選び方、食材の選び方 を知り、 自分なりの食の軸ができました。 調味料の作り方や原材料を知ることで、 より調味料が選べるようになりました。   ご家族ご自身の変化 食材や調味料の選び方が変わりました! ...

続きを見る

2021/6/16

息子が耳鼻科、皮膚科に行く回数が減りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

H.Sさん 神奈川県在住(ご家族3人、4歳の男の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 調味料を買い直しました! 野菜の選び方や、調味料の製造方法、 原材料を学べた事です。 何気なく良さそうだな、 と選んでいた調味料も、 調べてみたら短期で製造できるように アルコールが入っていたり、と 製造方法もしっかり分かるように なったので、 家にある調味料を買い直しました。   ご家族ご自身の変化 【息子の変化】耳鼻科、皮膚科に行く回数が減りました! ・鼻炎でアトピー気味の息子が  耳鼻科に行く回数、  皮 ...

続きを見る

2021/3/24

ガンコな野菜嫌いの子どもが変わりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

K.Sさん 福岡県在住(ご家族5人、8歳と6歳の女の子、4歳の男の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 塩、醤油、みりんなど調味料を全て変えました! 食べ物に陰陽があるということを初めて知りました。 陰陽から中庸にもっていくことなど知らないことばかりでした。 今までは季節に関係なく食べ物を摂取していましたが、 旬の野菜を食べることの大切さ、 季節や地域に合った食材を選ぶことが大事である ということがわかりました。 調味料を変えることも大切で、 塩、醤油、みりんなどほとんど全て変えました。 調味料の取り方も ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

「時短ママの朝ごはんバイブル」無料テキストプレゼント

5100名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、1週間のレシピが手に入る「時短ママの朝ごはんバイブル」をご登録者にプレゼント!


 

もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2021 All Rights Reserved.