本科修了生 譲原聖子さん

【師範】幸せのお声 生徒さんの喜びのお声

ママたちが子育てに自信を持てる世界の実現へ【重ね煮アカデミー本科修了生のお声】

譲原聖子さん
現在 小田原教室「菜の花」主宰

重ね煮アカデミーの師範を目指したきっかけ

最初は、簡単で美味しい重ね煮の魅力にどっぷりハマり、楽しい気持ちだけでやりたいと思っていました。次女の重度のアトピーと言われ、さらに勉強をして知識を深めたい、次女のアトピーを改善したいと思ったことが大きなきっかけになりました。

そして、同じように悩むママ達の助けになりたい。重ね煮の調理法や考え方をお伝えして気持ちを少しでも楽にしてほしいと思ったからです。

半年間の活動

自分で学んだことをブログに書いたり、生徒さんにお伝えすることで自分自身も知識を深め、自分の中に落とし込むことが出来ました。自分自身も教室を開催するごとに自信がつき、周りからも表情が変わったと言われるようになりました。自分だからこそお伝えできることがあると思えるようになりました。

印象的なエピソード

大変なこともあるため挫折しそうになることもありますが、教室を開催した後に受講生さんの笑顔がみれたり、普段、お野菜を食べない子供が「美味しい」と食べてくれる姿に毎回感動をもらっています。

仲間や田島恵先生の存在

恵先生とは、頻繁にやり取りをしているわけではないのですが、ちゃんと見てくれているのが分かり、いざという時に気付きやアドバイスを頂きとても励みになっています。

先生という絶対的存在が居てくださるお陰で、気持ちがブレずに続けられています。恵先生は憧れでもあり、目標になっています。

仲間の存在は、必要不可欠です。仲間なしでは続けていくことは困難だと感じています。疑問に感じた事や、自信を無くしたときに励ましてくれたり、アドバイスをくれたり、それがどれだけ心強く、どれだけ心を救われているか分かりません。励ましあい向上していく仲間がいるからこそ前を向いて進めていると確信しています。

未来へ向けての想い

まだまだ、未熟ではありますが、歩みを止めなければ必ず成果が出ると信じています。

私のことを知らない人がたくさんいます。

もっと重ね煮のココロを広めていき、もっと手軽に身体を整える智慧と調理法を知って頂き、気持ちを楽にもっと子育てに自信を持てるような世界にしていきます。そして、これからを担う子供たちの身体と心の健康の手助けとなるように活動を広げていきます。

これから師範を目指す方へのメッセージ

自分にしかできない仕事が必ずあります。大変なことも多いのですが、重ね煮を一緒にお伝えし、「重ね煮を知っていて当たり前の世界」を築いていきませんか?これからの子供の健康を願って一緒に活動できたらうれしいです。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/4/16

献立に迷う、時間がかかるから料理が苦痛、、、気づけば楽しめるようになっていました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Kさん(横浜市在住) 3歳、0歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で自分の作るものに自信がなく、子どものためにいいものを作りたいのに何を作ったらいいかわかりませんでした。毎日の献立を考えるのも、料理を作るのも、時間がかかって、料理が苦痛になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? まず重ね煮味噌汁が、家にある食材でさっと作れるようになりました。味噌汁1品だけでも具沢山で満足感があるので、味噌汁さえ作れれば大丈夫という気持ちになり、心 ...

続きを見る

2024/4/16

子どもが食べてくれない、栄養が足りているか心配、という不安がなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(神戸市在住) 4歳、1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で、レシピを見ないと作れず、毎日今日のごはんは何にしようと献立を考えたりするのも苦痛でした。 また、幼児食などの本を参考にして作ったりしても子供がなかなかごはんを食べてくれず、栄養が足りているのか心配でした。鼻がつまったり、咳風邪をよく引いたりと体調面も気になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 料理を作ることが楽しくなってきました!毎日の献立は相変わらず迷うこと ...

続きを見る

2024/2/25

少食で体重が増えない、息子を追いかけて食べさせる毎日が変わりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Fさん(長野県在住) 2歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? ・2歳の息子の少食です。食事に関心がなく、数口食べたら離席して遊びだします。私は息子を追いかけ、口に食べ物を放り込むのが日常でした。一日三回、食事の用意も食べる時間も苦しかったです。小柄で体重が増えないことも心配でした。 ・私自身は産後の体調不良が抜けず、胃痛や蕁麻疹に悩まされていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・アカデミーを受講するにあたって立てた目標は「食卓に笑顔を増やしたい ...

続きを見る

2024/2/19

SIBOやアトピーの不安が減りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

H.Aさん(神奈川県在住) 1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自分自身のSIBOと子どものアトピー性皮膚炎 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 私のSIBOは該当する食品を控えるか食べても規定内にすることしか対処法がなく、養生科の最初の頃は該当の食品を抜くか別の食べられる食品に置き換えて作っていました。日々重ね煮を実践するにつれ、お腹の調子も良くなってきたので、最後の方は該当の食品も規定内で試してみようと思えるようになりました。 また、外食などで該当の ...

続きを見る

2024/2/15

娘のアトピー、通院も薬も手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

S.Kさん(宮城県在住) 幼稚園(5歳)女の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 娘のアトピーを皮膚科に通わず、ステロイドを塗らずに過ごすために家庭できることとして、何をしたら良いか、どんな方法があるか、良いもの探しを永遠としていた。 あれが良いこれが良いとあれこれ試しては続いたり続かなかったり、良いか悪いかも確信がないまま、ずっと正解を求めて彷徨っている状態だったと思う。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 引き算を学んだことで、良い物探しをしなくて良くなった。 一度負担になっ ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.