【応用科】幸せのお声 生徒さんの喜びのお声

フルタイム・残業ありでも簡単・時短!レトルトを使わなくなりました【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

藤田あきこさん
神奈川県茅ヶ崎市在住(小学校3年生の女の子と1年生の男の子のママ、ご家族4人)

重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか?

子供たちが風邪を引いて保育園をよく休むこと

共働きで、時間が無い中で、食事に気をつけたいと思いながらも、どうしていいか分からなかったこと

・料理自体が好きではあるものの、味には自信が無く苦手でした。

・残業から帰って、食事を作る元気もない日があり、レトルトやお惣菜に頼っていたことです。 

 

重ね煮アカデミーで学んでお悩みはどのように変化しましたか?

毎日重ね煮を作るようになり時短で簡単、皮もむかないので、料理が苦手な私でも作れました。
 子供達も美味しい!とモリモリ食べてくれるようになりました。

体調が安定して、子供達があまり保育園を休まなくなりました。

・野菜さえあれば何かしら作れるので、レトルトはほとんど使わなくなりました。

 

なぜそのように変われたと思いますか?

食の軸、選択の軸が身につき、私に迷いがなくなったことでしょうか。子供達にもその安心感が伝わったのかもしれないと感じます。毎日の朝ごはんは、分付きご飯とお味噌汁で、身体がしっかり温まります。

・少しの体調不良では慌てなくなり、食事の調整や手当てを使って、様子を見ることができるようになったからでしょうか。病院に駆け込むことはほとんど無くなりました。

 

重ね煮アカデミーの学びで印象に残ったことを教えてください。

我が家の食卓と私の人生が変わりました!

油の使い方を学べたこと。とにかく油を摂らないことが必要なのではなく、どんな油をどれだけ摂るか、どのように摂るか学べたこと。

手当ての仕方を知って日常的に使えていること。

野菜の陰陽について詳しく学び、更に判断の軸が身についたこと。娘も興味を持ち、一緒に調べながら応用科を学べたこと。

お弁当作りのコツをつかみ苦にならなくなったこと。

・周りの友人が重ね煮を学ぶようになり、友人間で重ね煮が当たり前になりつつあること。話をするのがとても楽しいです。

色々ありますが、重ね煮アカデミーで学んだことで、我が家の食卓と、私の人生が変わりました安心して子育てができる安心して働ける心が楽になったことが、とても大きな変化だと感じます。

 

恵先生はこんな人

優しくて、みんなそれぞれに寄り添ってくれる方です。そしていつも笑顔で前向き。ママ達は話を聞いて貰うと、ホッとすると思います。とても素敵な憧れの方です。

 

こんな方におすすめしたい

働くママ、子育て中の方、1人暮らしの方にも知って欲しいです。

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2023/3/10

自分で体調を整えていく術が分かるようになるから子どもたちに重ね煮を伝えたい。【重ね煮アカデミー応用科修了生のお声】

松田紀子さん 神奈川県在住 1、応用科で印象に残ったこと 基本は養生科にあり。という事でした。 養生科で習ったことが理解出来ているからこそ学びが深まると言う感覚でした。 正直忘れていたこともありまた養生科や基礎科のテキストを見返す事がありました。 正しく学ぶことの大切さを感じました。 最後のレッスンの陰陽バランスを逆にして作ったみそ汁の味の違いを実際食べた時の感覚はしっかり覚えてます。 また献立や配膳に関しては体調をみて整えられるお料理。 毎日軸になる飽きない味。家族に継いでいくお料理。 と掘り下げればよ ...

続きを見る

2023/2/23

自分の経験が誰かの役に立つ仕事です。《重ね煮アカデミー師範》

橋本真弓さん 神奈川県在住 ホームページはこちら 活動の様子はこちら 師範になろうと思ったきっかけは わが家に感動の嵐を起こしてくれた重ね煮という食べ方の知恵をわが家の中だけで収めてしまうのがあまりにもったいなかったからです。 おせっかいな気持ちが大きくて、わたしのような食や健康に悩みがある方には知っていただきたい、きっと楽になるから!という想いが大きく膨らんだのがきっかけです。 師範になって嬉しかったこと なんといっても生徒さんの変化を喜ぶお声です。 わたしが経験した感動と経験とをセットで重ね煮の心をお ...

続きを見る

2023/2/17

かつての私のように悩んでいるママに届けたいと思ったから師範になりました!《重ね煮アカデミー師範》

古川香織さん 静岡県在住 ホームページはこちら 活動の様子はこちら 師範になろうと思ったきっかけは 料理に自信がない毎日のごはん作りが憂うつでした。 過去に長い不妊を経験していたので、ただ好きな物だけ食べていてはいけない、ちゃんとカラダに良いものを作らないといけないと、食べることを難しく考える様になり、娘が産まれてからはさらに思いが強くなり好き嫌いせずなんでも食べてほしくて、野菜を残されるとイライラしました。 ママになれたら、子どもと絵本をたくさん読んで家族で楽しく過ごしたい、思い描いていた自分とは全く違 ...

続きを見る

2023/2/13

気づけばお肌がツルツル、鼻炎が出なくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Yさん(徳島県在住) 2歳の女の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で毎日の食事作りが苦痛でした。スーパーに行くのも面倒でした。娘が生まれてからは、離乳食作りに悪戦苦闘し、大人の食事と別に用意するのが大変でした。 自身は子供のころからアトピーで、体質だから仕方ないとあきらめていましたが、子どもにはその体質を受け継がせたくないと思っていました。 夫も花粉症がひどくて、両親がアレルギー体質だと子ども遺伝すると回りの人からも言われていたので、いつアレルギーを発症するか、毎日 ...

続きを見る

2023/2/17

家族が応援してくれる仕事、誇りに想ってくれる仕事に出会えたことがとても幸せだなと思います。《重ね煮アカデミー師範》

久保田倫子さん 千葉県在住 ホームページはこちら 活動の様子はこちら 師範になろうと思ったきっかけは 当時5歳だった息子が単品食べが多く、小食で、何を作ったらいいか悩んでいました。 風邪をひいたり、結膜炎、蕁麻疹、毎日の様に出る鼻血が心配で病院に通ったり、薬を飲んだり塗ったりすることが多く、その上、HSCの慎重な性格から少しでも丈夫な子に育てたいと思っていました。 両親や祖父母が食に関係する仕事をしていたのもあり、食に関する資格や勉強をしたいと探している時に、重ね煮アカデミーに出会いました。そして、重ね煮 ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

5800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2023 All Rights Reserved.