【基礎科】幸せのお声 生徒さんの喜びのお声

5年間悩み続けた喘息気味の長男の夜中の咳が全く出なくなりました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

K.T.さん
香川県在住(8歳と4歳の男の子2人のママ、アメリカ人のご主人を含むご家族4人)

きっかけは長男の喘息、次男の野菜嫌い、私が料理が苦手なことでした。

師範をされている方のFacebookの投稿で重ね煮に出会いました。 

時は長男が喘息気味、次男の野菜嫌いだったり、私自身も料理が苦手だったので興味が湧きました。

 

重ね煮味噌汁の美味しさに家族が感動しました。

田島先生のメルマガを登録して初めて重ね煮味噌汁を作ってみた時に、とっても美味しくて簡単で主人も長男も「美味しい」と言ってくれ、数日後に長男からまたあの美味しいスープ作って!と言われた事がきっかけだったと思います。

 

調味料、砂糖、油、アレルギー、手当て・・・など、たくさんの学びがありました。

調味料について深く学び、今まで知らずにいたことが怖くなりました。

養生科でも調味料を学びましたが、基礎科ではさらに深く学んで、今まで知らずにいたことが怖くなりました。

以前から含蜜糖は使ってはいたのですが、市販のお菓子には大量に白砂糖が使われていることを分かっていながらも、余り気にせず子供達に与えていたので、学びの後は市販のお菓子を買う量が大分減りました。

友達の子供が次男と同じ歳なのですが、もう既に3回位骨折しています。3人目の子供で、上の子達が食べるから欲しがるのもあると思うのですけど、2歳になる前からチョコレートなどを欲しがるだけ与えていたので、もしかするとそれが原因で骨折が多いのかな?と思いました。

油に関しては、重ね煮に出会うまでは炒め物ばかり作っていたし、外食しても揚げ物が多いので、明らかに油の摂り過ぎだったと思います。

 

家庭でできる手当てがこんなにたくさんあるなんて、知りませんでした。

家庭でできる手当てがこんなにあるなんて知りませんでした。本来だったらおばあちゃんから母へ子供へと伝わっていくべき事なのでしょうが、残念ながら私の母がしてくれた事はお粥位でしょうか?

私から子供達にしっかり伝えて行きたいと思います。

 

アレルギーについて気づきも学びが多くありました。

アレルギーに関しても、以前と今では変わってきていること。これまでは体の外に出ていたアレルギー症状が、今は内臓に自己免疫疾患として出ている。体は食べ物で出来ていることを実感しました。

幼児の腸はまだ未熟なので、卵アレルギーは起こりやすい。我が子に何歳から卵を与えていたか覚えていないのですが、アレルギー反応がなかっただけで、そんな事も知らずに子育てしていたことが恥ずかしくなりました。

 

重ね煮を取り入れて、家族全員に変化がありました。

喘息気味の長男が夜中に咳き込むことがなくなりました。

長男が確か3歳位の時からだったと思うのですが、風邪をひくと必ず、そしていつまでも治らないということが続いていました。

寝てる時に咳をし始めると咳き込んで私も主人も眠れない毎日が続き、病院に連れて行ったら喘息の気があると言われました。また、恐らく風邪を引くことで引き金になって咳が出るいるんじゃないかと、インヘイラーを処方されました。

それからは咳き込むとインヘイラー、少しでも寝て欲しいので寝る前に必ずインヘイラーを使う日々が続いていました

私も主人も勿論本人も睡眠不足でイライラしていたと思います。

それが重ね煮に出会ってから、最後に咳き込んで寝れなかったのはいつだったか思い出せない位、全くしなくなりました風邪を引くことも減ったのですが、たまに風邪をひいて咳が始まっても数日で治っているし、夜中に咳き込むことはありません

5年近く悩んでいたことが、重ね煮に出会ってから1年半位で悩みでは無くなったことが本当に凄いと思います。

 

野菜嫌いの次男が重ね煮ご飯を食べてくれるようになりました。

次男は、以前は見た目で食べなかったりすることが多く、何度も「一口で良いから食べてみて」と言ってやっと食べていたのに、今では、取りあえず一口は直ぐ食べてくれるようになって、好きな味だと沢山食べてくれます。きっと、重ね煮ご飯は食べてみたら美味しいものばかりだからだと思います。

 

主人が重ね煮ご飯をおいしいと言って食べてくれます。

主人はアメリカ人なので、重ね煮が彼の体に馴染んでいるかはよく分からないのですが、美味しいと言って食べてくれるし、この1年半で随分痩せたと思います。未だにビーガンは体に良い、肉、乳製品は体に毒と思っているんですけど、重ね煮ご飯は肉の量も少ないし、乳製品は使わないし、魚の方が使う頻度が多いので、あんまり色々言わなくなりました。ただ、お米を毎日、毎食食べるのが嫌なようです。私も入り玄米を混ぜたり、雑穀を混ぜたり色々変えてはいるのですが、お米ばかりで飽きるとよく言われます。

なので週末は全く違う物を作ったりして、バランスをとっています。

 

初期段階でひっかかっていた子宮頸がん検診。定期検査で細胞がなくなっていました。

私の変化なのですが、1年半前の婦人科検診で子宮頸がんの検査にひっかかりました。「初期の初期段階で稀にこの細胞がガン化する人もいるけど、免疫力が上がれば自然となくなる」との説明を受け、経過観察で3ヶ月に一度検査をしていたんですけど、今年の初めの検査で細胞が無くなっていました。次回の検査でも何もないようであれば、一年に一度の定期検査に戻りますと言われました。

初期の初期段階だったとは言え聞いた時はもの凄いショックだったので本当に嬉しいです。絶対重ね煮のお陰だと思います。

外食よりも自分で作ることが楽しくなりました。

昔は外食が楽しみだったのに、今はどこで食べてもあんまり美味しいと思えなくなり、自分で作ることが楽しくなりました。

料理が苦手で嫌いだった私にとってはもの凄いです。

実家に帰っても母に作ってもらうのが当たり前で、いつも母からいつも文句を言われていたのですが、今だったら作ってあげたいと思います(コロナで帰省も出来ないのです叶っていませんが)。

 

恵先生はこんな人

中身も外見も美しい人です。

とっても気さくで話しやすく、何を質問してもとても丁寧に答えてくれます。食に関しての知識が豊富でそれを惜しみなく教えていただけます。

内容が深く分かりやすいので、毎月の講義が楽しみでした

 

こんな方におすすめしたい

お子さんの食の悩みがある方は勿論ですが、私は重ね煮に出会ったことで、食以外に関しても、本質はどうか?昔はどうだったか?便利な事って本当に必要?これって自然にも人間にも良いのかな?と言う事に目が行くようになりました。そして周りがどう言っていても自分で調べて納得するということが身に付いてきたと思います。

コロナ禍だからこそ、〇〇を食べたら良い、〇〇を飲んだら良い、と他人の意見にすぐ左右されて不安になっている人にもお勧めしたいし、日本人全員にお勧めしたいです。

 

無料メールマガジン
家族の健康を守る術を学べます。

☑️喘息、花粉症、アトピーの悩みを
 改善
したい
☑️子どもの、家族の健康を食から
 守りたい
☑️子どもの野菜嫌いを改善したい

そんな想いを持つママは
まずはこちらで学んでください。

1年365日毎日6時にお届けします

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2022/1/17

鼻炎、咳、肌荒れ...病院通いを繰り返していた子供がこの1年は歯医者以外で通院していません!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Y.さん 茨城県在住(小6のと年中の男の子2人のママ、ご家族4人) 冬になると、子供の鼻炎、咳、肌荒れの症状が出るのではないかと不安でした。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 子どものアレルギー性鼻炎や、喘息のような咳が出やすいこと、アトピーとは言われないけどカサカサや赤みなどの肌荒れでの通院。 「この季節になるとこの症状がまた出るのかなぁ…」といつも不安でした。   薬に頼らず根本から改善したいと思ったことがきっかけでした。 重ね煮アカデミーで学ぼうと思ったきっかけ 薬を処方されて、薬がな ...

続きを見る

2022/1/17

子どもたちの咳や鼻水があっという間に治るように!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.K.さん 茨城県在住(年長の男の子と3歳の女の子のママ、ご家族4人) 2歳の娘が花粉症を発症してしまうのではないか、という不安がありました。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 私自身20年以上花粉症に悩まされてはいましたが、花粉症は一度発症したら治らない、この先もずっと付き合っていくしかないと思っていました。娘が2歳の春、公園で遊んでいるとくしゃみや目をかゆがることが何度かあり、このままでは娘も発症してしまうのではと不安になっていました。 めぐみアレルギーは遺伝するという不安。一旦発症したら薬で抑える ...

続きを見る

2022/1/17

主人の胃腸の不調、子供たちの花粉症、鼻炎、便秘が改善!病院に行く頻度が明らかに減りました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

N.H.さん 埼玉県在住(小6女の子と小3男の子のママ、ご家族4人) 胃腸が弱い、花粉症、鼻炎、便秘・・・ 家族の体調を薬ではなく食べるもので整えたいと思っていました。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 夫がすぐに胃腸の調子を崩しやすく、薬に頼りがちになっていた。 息子の花粉症、季節の変わり目の鼻炎、娘の便秘もあり、家族の体調を薬ではなく食べるもので整えたいと思いつつも、どうしていいのか分からなかった。 めぐみ沢山の不調を抱えていると、それぞれに薬が必要だと思いがちですよね。だからどうしたらいいのか分から ...

続きを見る

2022/1/7

大泣きしていた2歳の娘の便秘が治りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.W.さん 神奈川県在住(6歳と2歳の女の子2人のママ、ご家族4人) 自己流から、もっと深く重ね煮を学びたいと思ったのがきっかけでした。 長女が風邪をひきやすく、集団生活が始まった年少時には、1年の半分くらいは風邪でお休みする程でした。 ちょうど産まれたばかりの次女も、長女の風邪をいつも貰ってしまい病気通いの日々。次女が、5ヶ月の時に遂に入院となってしまい、病室で点滴をつけている姿をみて、何とかしないと!と思ったときに、先生の重ね煮の本に出会いました。 暫くは、本を頼りに自己流でやっていて効果が出てきた ...

続きを見る

2021/12/13

仕事が忙しく時間の制約があっても!食事で家族の健康を守れるようになります。【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

N.A.さん 埼玉県在住(小学校1年生の女の子ママ、ご家族3人) 仕事が忙しくても、野菜たっぷり!冷凍食品に頼らない食事を作りたい。 仕事が忙しく食事のしたくに時間をかけられない中で、野菜を美味しく食べられる食事を作りたいと思っていたこと、幼稚園の子どものお弁当を冷凍食品に頼らずに作れるようになりたかったことから、重ね煮、重ね煮アカデミーにたどり着きました。   手軽さ、美味しさ、レシピだけでなく知識が身につくことが決め手でした。 材料を切って重ねて火にかける、という手軽さと、一方で出汁や調味料 ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

5600名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「最強スープ」をご登録者にプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2022 All Rights Reserved.