重ね煮コラム

成長期の子供にジュニアプロテインは必要?

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

筋肉アップ、ダイエット、美容など様々な目的で、年々飲む人が増えているプロテイン。なんと最近では、成長期の子供の栄養サポートを目的として、ジュニアプロテインと呼ばれるものも登場し注目を集めているようです。

 

複数のメーカーからジュニアプロテインが販売され市場は大きくなっているようですが、果たして、成長期の子供に必要なものなのでしょうか?

 

今日はこの疑問に、「私だったら」の観点でお答えしたいと思います。

 

ジュニアプロテインは成長期の子供に必要?

ジュニアプロテインは成長期の子供に必要なもの?ということを考える前に、まずは、プロテインとはどのようなものなのかを見ていきましょう。

 

プロテイン。直訳するとたんぱく質。ですが、市販されているプロテインは、乳製品や大豆由来のたんぱく質を主成分とした栄養補助食品のことを指しています。

 

また、ジュニアプロテインは大人用のものと違いがあり、たんぱく質がやや少ない代わりに、カルシウムやビタミンが多く入っているのが特徴です

 

大人用のプロテインは主に筋肉を大きくすることを目的にしていますが、ジュニアプロテインは成長期の子供の栄養を補助することを目的にしているため、カルシウムやビタミンが多く入っているのですよね。

 

このように聞くと、飲んだほうが良いのかな?と思うかもしれませんが、ジュニアプロテインはあくまでも栄養補助食品食事で必要な栄養を摂ることができていれば飲む必要はありません。また、飲む場合にも、プロテインにはデメリットもあるということに気をつけたいですね。

 

ジュニアプロテインにはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

ジュニアプロテインのデメリット

ジュニアプロテインのデメリットは2つあります。

①添加物が多く含まれている
②抽出されたたんぱく質の過剰摂取によりアレルギー症状を引き起こす恐れがある

 

一つずつ見ていきますね。

 

①添加物が多く含まれている

プロテインは食品から作られているため副作用がない、と言われ、多くの人が気軽に取り入れていますが、実は添加物がいっぱい!

 

たんぱく質やカルシウムやミネラルといった栄養素と一緒に、多量の添加物も摂取してしまうという点に気をつけたいですね。

 

②抽出されたたんぱく質の過剰摂取により
アレルギー症状を引き起こす恐れがある

キッズプロテインに含まれるたんぱく質は大人用のものよりも少ない、と先ほどお伝えしましたが、それでも大量のたんぱく質が含まれています。

 

そして、プロテインに含まれるたんぱく質は抽出されたもの。この抽出したたんぱく質の過剰摂取により、肝機能や腎機能の低下、下痢、アトピー性皮膚炎、口腔内のかゆみ、腫れなどのアレルギー症状を起こしている人が増えています。

 

植物性のたんぱく質なら安心、とあえて乳製品由来でなく、大豆たんぱくのプロテインを選ぶ人もいますが、大豆も牛乳、小麦、卵に並ぶアレルゲンの一つ。アレルギー症状が出やすいことに変わりはありません

 

どんなに身体に良いと言われる栄養素や成分であっても、適量を超えると害になる部分が出てきます。特に抽出したものには注意が必要です。

 

このようなデメリットがあることを考えると、やはり日々の食事で成長期の子供の身体と心を作っていきたいですね。

 

では、成長期の子供には、どのような食事が良いのでしょうか?

 

答えはとってもシンプルです。

 

身体に馴染むものが
成長期の子供の身体と心を作る

成長期の子供にはたんぱく質が必要?
カルシウム・ビタミンも積極的に摂ったほうがいい?

 

このように栄養素や成分に目を向けるのではなく、私は「身体に馴染むもの」をいただくことを大切にしています。

 

なぜなら、私たちの身体の機能をしっかり働かせてくれる食べ物は、毎日食べても消化吸収排泄がスムーズにできるものだからです。「身体に馴染むもの」が心身の健康を作り、子どもの健やかな成長につながっていくと私は思っています。

 

最後に、「身体に馴染むもの」とは一体どんなものなのか、お伝えしますね。

 

それは、私たち日本人が昔から食べてきた食材や調味料、調理法です。新しいものを何か取り入れようとするのではなく、日々の食事をシンプルに整えていくことを大切にしていきたいですね。

 

身体に馴染むもの

身体に馴染むのは旬の野菜、お米、魚、海藻
伝統的な調味料の塩、味噌、醤油
揚げる、炒めるという油を使った調理法でなく、水を使って煮炊きする調理法 

 

 

いかがでしたか?
ジュニアプロテインのように成分を見ると身体に良いと思えるようなものであっても、私たちの身体に馴染むものでなければ、消化吸収がうまくできずに、残念ながら期待した効果が発揮されないばかりでなく、むしろ不調を招いてしまう恐れもあるのですよね。日々「〇〇に良い」と言われる商品は出てきますが、「身体に馴染むもの」という軸があると、食べる物・食べ方に迷うことがなくなりますよ^^参考になれば幸いです。

 

★是非こちらも合わせてお読みください。脳に良いと言われる「ブレインフード」について書いています。
脳に良いブレインフードは子供に食べさせたほうがいいの?

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2022/9/8

母娘で花粉症用メガネ、目薬、内服薬を手放すことができました!!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Kさん(茨城県在住) 6歳、3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 20年以上悩まされてきた花粉症が とても軽くなりました! 今までは、花粉の時期に外出するときは 花粉症用メガネとマスクが必須 薬も飲んでいました。 目の痒みがとにかく辛く、 グリグリこすって 目の周りがヒリヒリなったり、 鼻が詰まって寝苦しかったり、 憂鬱な毎日でした。 重ね煮を始めて約9ヶ月で迎えた 花粉シーズン、 自分でも信じられないほど目の痒みがなく、 一度も目をグリグリこすりませんでした! く ...

続きを見る

2022/9/2

時短のためのレンチンや作り置きをしなくて良くなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

R.Yさん(滋賀県在住) 3歳、1歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 家族そろって、「いただきます」から「ごちそうさま」までしたい。 子どもに完食してほしい。 長男のアトピーを治したい。 腸内環境を改善して、体調不良時にも食事で改善の手助けをしたい。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 食に対する基準ができたので、あふれる食情報に迷わなくなりました。 色々なものを「おいしい!」と食べることができています。 重ねて煮るだけなので、時短のためのレンチンとか冷凍の ...

続きを見る

2022/8/16

子供のアレルギー性鼻炎や肌荒れ、咳での通院が続いていました。学んでからは歯医者以外の病院へ行っていません。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

A.Yさん(茨城県在住) 中学生、幼稚園の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 子どものアレルギー性鼻炎や、肌荒れ、 咳などでの通院、薬の服用が続くことに 疑問を感じながらも辞められないことに 悩んでいました。 良いと聞いたものはいろいろ試してきたけど そこまでの改善は感じられず。。。 私自身も軸が定まらず、自信がなく、 家族の健康に対して不安が大きかったです。 重ね煮アカデミーで学び、どんな変化がありましたか? いろいろ調べて 重ね煮アカデミーにたどりつきました。 以前から東洋 ...

続きを見る

2022/8/3

学びのきっかけはコロナウィルスでした。子育てに不安を持っているママは受けてみてほしいです。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

S.Nさん(神奈川県在住) 小学生、幼稚園のお子さんのママ 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? きっかけはコロナウィルスです。 子供たちの健康を守るために何ができるだろう?と 普段から食べ物に気をつけるようにしていましたが、 情報に振り回されていて、これなら大丈夫だという自信はありませんでした。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 今なら大丈夫です。 毎日の食事で身体作りから、不調のときも整えることができます。 困ったことがあれば重ね煮に戻って考えることができます。 ...

続きを見る

2022/7/24

重ね煮アカデミーは生き方、家族の在り方まで変わる学びです。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

久保田倫子さん(千葉県在住) 小学2年生の男の子のママ 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 風邪をひきがちな息子の免疫力を上げたいとの気持ちから受講を決めました。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 気がつくと、風邪で病院へ行くこともなくなっていました。 他にあげるとたくさんになるのですが… 私自身の変化 ・便秘が改善 ・生理痛が改善 ・動悸がなくなる ・鼻炎が改善 ・季節の変わり目に出ていた咳がなくなる ・カラダの中からの痒みがなくなる ・首の後ろ、太ももの付け根の ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

5800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2022 All Rights Reserved.