梅雨の不調

重ね煮コラム

梅雨の不調を解消する食養生7つの知恵~ぜんそく、体調不良のお子さんへ~

関東もまもなく梅雨入り。梅雨は湿度が高く、じめじめしますね。

 

 
ぜんそく、鼻炎、関節痛などの持病が出たり、おなかの調子が悪くなったり、身体がだるい重いなどの症状、古傷が痛むのも梅雨ならではのお悩み。
 
これらの困った症状は、ちょっとしたことに気を付けるだけでずいぶん軽くなるのです。

 

 
 
今日は梅雨を快適に過ごすために気を付けたいこと、控えた方がいい食材、積極的に摂りたい食材とその調理法など「おうちで簡単にできる食養生」についてお伝えします。

 

 

梅雨のじめじめは身体の中にも起きています。

 
髪の毛がフニャフニャしてうまくまとまらないという方も多いと思います。

 

実は、これ表面だけの問題ではありません。髪の毛などの目に見える部分だけでなく、私たちの身体の中でもじめじめ、フニャフニャの同じような現象が起きています。身体の内側に老廃物を含んだ水分が滞りやすくなるためです。

 

たまった水分を外へ上手に排出できないと、ぜんそくのお子さんはゼロゼロがひどくなったり、または鼻炎や中耳炎になったり、頭痛や倦怠感、肩こり目まいの原因にもなります。古傷が痛むのもその場所に体内の水分が停滞してしまうためです。

梅雨に取り入れたい7つの食養生

気を付けたいのは体内の「湿」を外に出せる状態をつくること。
つまり、血のめぐりを良くして汗や尿と一緒に余分な水分を排出しやすくすることです。そのために気を付けたいのは次の7つ。

1.火を通したものを食べる

梅雨の湿気で消化機能が落ちやすく
水分が外へ出しづらくなっています。
 
生ものや冷たい物は消化に時間がかかるため、
胃腸が疲れやすくなります。
 

2.牛乳を控える

喘息のお子さんの場合は特に注意が必要です。
 
牛乳はもともと乾燥地帯に住む民族が湿を摂るために食していたもの。
 

 

梅雨どきに飲むと体内に「湿」を停滞させて喘息がひどくなる場合が多いです。中耳炎や鼻炎にも同じことが言えます。

 

3.ウリ科の野菜を食べる。

 

 

きゅうり、ズッキーニ、かぼちゃ、ゴーヤーなどウリ科の野菜にはカリウムが豊富。利尿効果があるため、余分な水を対外へ出すのを助けてくれます。
 

 

イネ科になりますが、とうもろこしも同じく水分の代謝を助けてくれます。
 
 
さっと火を通した味噌煮やラタトュユでいただくといいですね。

4.乾物を活用する

切り干し大根、ひじき、かんぴょうなどの乾物は、体内の余分な水分や老廃物をからめて排出しやすくしてくれます。

また、梅雨は春野菜からいきなり夏野菜への移行時期、言いかえれば季節の衣替え期間です。急にスイッチを切り替えると身体も驚いてしまいます。

端境期の移行期間として乾物を利用するのは、先人から伝わる知恵でもあるのですね。

5.小豆を取り入れる

小豆には血液をキレイにしてくれたり、利尿を促す効果があり、むくみ対策にはおススメです。
 
甘味をつけずにごはんや汁、煮ものとしてお料理の中に取り入れることをおススメします。小豆とかぼちゃの煮物、などいいですね。
 

 

6.梅を活用する

その時期にできる食材は私たちの身体を助けてくれるチカラを持っています。
 

 

梅はクエン酸が豊富で疲労回復にもチカラを貸してくれます。そして血液もキレイにしてくれます。
 
梅干しを食べるのもいいですが、梅和えや梅干し入りのごはんなど毎日のお料理に取り入れてみてください。

 

7.甘い飲み物を控える。

甘い飲み物は尿と一緒にうまく排泄できず身体の中に停滞するため、水毒を引き起こします。

身体の細胞のひとつひとつが水分を含んでパンパンの水太りになっている状態です。

 
大量の汗をかかないのに熱中症予防を兼ねてスポーツ飲料を飲む、、、要注意です。

 

それが様々な体調不良の原因となるのです。中耳炎になりやすい、鼻が詰まる、めまい、だるさなどの自覚症状がある場合は特に控えた方がよいですね。

 

梅雨の不調を助ける「夏の重ね煮味噌汁」をご紹介

季節に実る食材が私たちの身体の助けとなってくれるのです。

 

今日は梅雨におススメのカリウムを沢山含んだウリ科、ナス科の野菜を使った「夏の重ね煮味噌汁」をご紹介しますね。
 

 

 

材料と重ね方(5人分)

-------○------
味噌 60g
油揚げ 半分 細切り
人参 30g いちょう切り
玉ねぎ 80g  薄切り
かぼちゃ100g 角切り
なす 120g 角切り
わかめ(塩蔵)10g 塩抜きしてざく切り
---------------
水  3カップ
大葉

作り方

1.鍋にわかめから順に図の通りに材料を重ねていく。2.味噌は一番上に3~4つに分けてのせる。

3.分量の水を材料の8分目まで加えて、フタをして中火にかける。

4.湯気が出て良い香りがしたら弱火にし、野菜がやわらかくなるまで煮る。

5.味見をして、残りの水を足して調整する。

6.器に盛り、刻んだ大葉を飾る。

 

上へ飾るのはみょうがもおススメ^^
大葉や茗荷などの香味野菜は食欲をそそりますね。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2022/8/11

子供のアレルギー性鼻炎や肌荒れ、咳での通院が続いていました。学んでからは歯医者以外の病院へ行っていません。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

A.Yさん(茨城県在住) 中学生、幼稚園の男の子のママ 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 子どものアレルギー性鼻炎や、肌荒れ、咳などでの通院、 薬の服用が続くことに疑問を感じながらも 辞められないことに悩んでいました。 良いと聞いたものは今までいろいろ試してきたけど そこまでの改善は感じられず。 私自身も軸が定まらず、自信がなく、 家族の健康に対して不安が大きかったです。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? いろいろ調べてるところ重ね煮アカデミーにたどりつきました。 ...

続きを見る

2022/8/3

学びのきっかけはコロナウィルスでした。子育てに不安を持っているママは受けてみてほしいです。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

S.Nさん(神奈川県在住) 小学生、幼稚園のお子さんのママ 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? きっかけはコロナウィルスです。 子供たちの健康を守るために何ができるだろう?と 普段から食べ物に気をつけるようにしていましたが、 情報に振り回されていて、これなら大丈夫だという自信はありませんでした。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 今なら大丈夫です。 毎日の食事で身体作りから、不調のときも整えることができます。 困ったことがあれば重ね煮に戻って考えることができます。 ...

続きを見る

2022/7/24

重ね煮アカデミーは生き方、家族の在り方まで変わる学びです。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

久保田倫子さん(千葉県在住) 小学2年生の男の子のママ 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 風邪をひきがちな息子の免疫力を上げたいとの気持ちから受講を決めました。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 気がつくと、風邪で病院へ行くこともなくなっていました。 他にあげるとたくさんになるのですが… 私自身の変化 ・便秘が改善 ・生理痛が改善 ・動悸がなくなる ・鼻炎が改善 ・季節の変わり目に出ていた咳がなくなる ・カラダの中からの痒みがなくなる ・首の後ろ、太ももの付け根の ...

続きを見る

2022/7/24

重ね煮アカデミーは重ね煮料理を学ぶ場所ではなく、手当て、考え方など『一生物の軸を手に入れる』場所です。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

N.Hさん(埼玉県在住) 中学生の女の子、小学生の男の子のママ 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 夫の体調の不調や、子どもたちの鼻炎、私の花粉症など 気になる健康面を薬を使わずにどうにか改善したいということでした。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 徐々に改善していきました。 最初は健康面の悩みを解決したくて学び始めた重ね煮でした。 基礎科を学び始めたころから、作ることと食べてもらうことが とても楽しくなってきました。 家族の批評には、たまには厳しいものもありまし ...

続きを見る

2022/7/21

喘息の吸引をやめて薬も何ヶ月も飲んでいません。「台所は家庭の薬箱」を痛感します。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

M.Yさん(神奈川県在住) ご主人と二人暮らし 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? コロナ禍で自宅待機のため料理に時間をかけるようになったが、メイン料理ばかりで野菜不足に悩んでいた時に友人に紹介されました。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 今までメディアからの情報に(スーパーフード等)に飛びついていましたが、本当に必要なものがわかり、毎日の重ね煮具沢山味噌汁により野菜問題も解決しました。野菜不足に悩むことも無くなりました。 食べる事で体質は変わると言うこと。台所は ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

薬に頼らない!暑さに負けない強いからだを作る手当て法

5800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2022 All Rights Reserved.