梅雨の不調

重ね煮コラム

梅雨の不調を解消する食養生7つの知恵~ぜんそく、体調不良のお子さんへも~

関東もまもなく梅雨入り。梅雨は湿度が高く、じめじめしますね。

 

 
ぜんそく、鼻炎、関節痛などの持病が出たり、おなかの調子が悪くなったり、身体がだるい重いなどの症状、古傷が痛むのも梅雨ならではのお悩み。

 

 
これらの困った症状は、ちょっとしたことに気を付けるだけでずいぶん軽くなるのです。

 

 
 
今日は梅雨を快適に過ごすために気を付けたいこと、控えた方がいい食材、積極的に摂りたい食材とその調理法など「おうちで簡単にできる食養生」についてお伝えします。

 

 

梅雨のじめじめは身体の中にも

 
 

 

髪の毛がフニャフニャしてうまくまとまらないという方も多いと思います。
 
 

 

実は、これ表面だけの問題ではありません。髪の毛などの目に見える部分だけでなく、私たちの身体の中でもじめじめ、フニャフニャの同じような現象が起きています。身体の内側に老廃物を含んだ水分が滞りやすくなるためです。

 

たまった水分を外へ上手に排出できないと、ぜんそくのお子さんはゼロゼロがひどくなったり、または鼻炎や中耳炎になったり、頭痛や倦怠感、肩こり目まいの原因にもなります。古傷が痛むのもその場所に体内の水分が停滞してしまうためです。
 

 

梅雨に取り入れたい食養生

気を付けたいのは体内の「湿」を外に出せる状態をつくること。
 
 
 
つまり、血のめぐりを良くして汗や尿と一緒に余分な水分を排出しやすくすることです。そのために気を付けたいのは次の7つ。

火を通したものを食べる

梅雨の湿気で消化機能が落ちやすく
水分が外へ出しづらくなっています。
 
生ものや冷たい物は消化に時間がかかるため、
胃腸が疲れやすくなります。
 

牛乳を控える

喘息のお子さんの場合は特に注意が必要です。
 
牛乳はもともと乾燥地帯に住む民族が湿を摂るために食していたもの。
 

 

梅雨どきに飲むと体内に「湿」を停滞させて喘息がひどくなる場合が多いです。中耳炎や鼻炎にも同じことが言えます。
 

 

ウリ科の野菜を食べる。

 

 
 

 

きゅうり、ズッキーニ、かぼちゃ、ゴーヤーなどウリ科の野菜にはカリウムが豊富。利尿効果があるため、余分な水を対外へ出すのを助けてくれます。
 

 

イネ科になりますが、とうもろこしも同じく水分の代謝を助けてくれます。
 
 
さっと火を通した味噌煮やラタトュユでいただくといいですね。

乾物を活用する


切り干し大根、ひじき、かんぴょうなどの乾物は、体内の余分な水分や老廃物をからめて
排出しやすくしてくれます。

 

また、梅雨は春野菜からいきなり夏野菜への移行時期、言いかえれば季節の衣替え期間です。急にスイッチを切り替えると身体も驚いてしまいます。

 

端境期の移行期間として乾物を利用するのは、先人から伝わる知恵でもあるのですね。

 

小豆を取り入れる

小豆には血液をキレイにしてくれたり、利尿を促す効果があり、むくみ対策にはおススメです。
 
甘味をつけずにごはんや汁、煮ものとしてお料理の中に取り入れることをおススメします。小豆とかぼちゃの煮物、などいいですね。
 

 

梅を活用する

その時期にできる食材は私たちの身体を助けてくれるチカラを持っています。
 

 

梅はクエン酸が豊富で疲労回復にもチカラを貸してくれます。そして血液もキレイにしてくれます。
 
梅干しを食べるのもいいですが、梅和えや梅干し入りのごはんなど毎日のお料理に取り入れてみてください。

 

甘い飲み物を控える。

甘い飲み物は尿と一緒にうまく排泄できず身体の中に停滞するため、水毒を引き起こします。

身体の細胞のひとつひとつが水分を含んでパンパンの水太りになっている状態です。

 
 
大量の汗をかかないのに熱中症予防を兼ねてスポーツ飲料を飲む、、、要注意です。
 

 

それが様々な体調不良の原因となるのです。中耳炎になりやすい、鼻が詰まる、めまい、だるさなどの自覚症状がある場合は特に控えた方がよいですね。
 

 

「夏の重ね煮味噌汁」をご紹介

季節に実る食材が私たちの身体の助けとなってくれるのです。

 

今日は梅雨におススメのカリウムを沢山含んだウリ科、ナス科の野菜を使った「夏の重ね煮味噌汁」をご紹介しますね。
 

 

 
【材料と重ね方(5人分)】
-------○------
味噌 60g
油揚げ 半分 細切り
人参 30g いちょう切り
玉ねぎ 80g  薄切り
かぼちゃ100g 角切り
なす 120g 角切り
わかめ(塩蔵)10g 塩抜きしてざく切り
---------------
水  3カップ
大葉【作り方】
1.鍋にわかめから順に図の通りに材料を重ねていく。2.味噌は一番上に3~4つに分けてのせる。

3.分量の水を材料の8分目まで加えて、フタをして中火にかける。

4.湯気が出て良い香りがしたら弱火にし、
野菜がやわらかくなるまで煮る。

5.味見をして、残りの水を足して調整する。

6.器に盛り、刻んだ大葉を飾る。

 

上へ飾るのはみょうがもおススメ^^
大葉や茗荷などの香味野菜は食欲をそそりますね。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2019/10/12

私の花粉症、夫の胃腸の不調、子どもたちの副鼻腔炎まで、体質や遺伝だと諦めていた我が家の不調は全部解決できました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

飯島 美歌さん 鎌倉市在住(ご家族4人)                       養生科で印象に残っていること 砂糖も油も使わないで、美味しくて家族みんなが満足できる食事が作れるようになったこと。 重ね煮と出会ってすぐの頃、正直「数日ならよくても、そのうち物足りなくなるのでは?」と思っていました。ところが、重ね煮ならではの調和のとれたほんのりまぁるい味は我が家の家族の胃袋をギューっと掴んで放しませんでした。物足りないどころか「今日のご飯も美味しいね!」と言ってくれるようになり嬉しかったです。 今まで肉 ...

続きを見る

2019/10/11

休みがちだった娘がほとんど休まず幼稚園へ行けるようになりました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

岡田久仁子さん 神奈川県在住(ご家族3人) 養生科で印象に残ったこと ・季節のものを沢山食べることができること ・少ない調味料で素材の深い味わいとうまみを丸ごと吸収できること ・どんな時でも「これを食べていれば大丈夫!」と思えたこと ・調味料などの食材選びを学んだことで、「意識すること」の大切さを感じたこと ご家族ご自身の変化 ・野菜を沢山食べるようになりました。 ・一年の3分の1はお休みしていた娘が休みなく幼稚園へ行けるようになり、病院へも行かなくなったこと。 ・身体の調子が良くないと感じると、家族の方 ...

続きを見る

2019/10/5

夫も子どもも野菜が食べられるようになった!【重ね煮アカデミー基礎科修了生のお声】

溝口泰子さん 横浜市在住(ご家族3人) 基礎科で印象に残ったこと 油の使い方。 重ね煮では全体食として摂るため、抽出した液体の油を意識して摂らなくても十分だということ。 ご家族ご自身の変化 調味料の選び方や油の使い方が変わり、味つけに困らなくなりました。 重ね煮を始めてからだんだんと身体が整ってくるのが分かるようになり、外食が続いたり、甘いものを取り過ぎた時は身体が重く体調を崩すことに気がつきました。自分の取説ができました。 手当てができるようになり、病院のお世話になることが減りました。 重ね煮した野菜な ...

続きを見る

2019/10/5

「重ね煮」が料理の当たり前に!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

田中夕子さん 岩手県在住(ご家族4人) 養生科で印象に残ったこと 特別に手の込んだ料理を作らなくてもこんなにも美味しくできるんだ!ということ。 どこか似ているのか志が共通している方達と共に学べて毎回楽しく半年間があっという間でした。 ご家族ご自身の変化 「重ね煮」が料理の当たり前になっていて「これはどう重ねたら美味しくなるかな。」と必ず考えるようになりました。時間がなくてもお味噌汁だけでもささっと作れるので、苦なく料理ができ、台所に立つのが楽しくなりました。子ども達もいつの間にか味を覚えて「今日はスープが ...

続きを見る

2019/9/27

調子が良くない時は子どもが自分から葛ねりや梅醤番茶が欲しいと言うようになりました!【重ね煮アカデミー応用科修了生のお声】

山口絵里さん 小田原市在住(ご家族4人) 応用科で印象に残ったこと やはり陰陽の重ね方を逆にした実験です。味の違いを感じて言葉にして初めて、まるい味を知り、正しい順番に重ねようと感じました。 野菜の陰陽の見方も形や根っこなど様々な視点があること、それぞれが関係していることが興味深かったです。 ご家族ご自身の変化 応用科で学んだ魚料理や味付けでレパートリーが増えて、献立の考え方も楽になりました。 子どもが風邪を引かなくなり、たまに引いても長引かなくなりました。調子が良くない時は子どもが自分から葛ねりや梅醤番 ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

ママと子供のためのかんたんお手当法〜のどが痛い時編〜

3200名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「かんたんお手当法〜のどが痛い編」をご登録者にプレゼント!


もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2019 All Rights Reserved.