重ね煮コラム

増え続けている「果物アレルギー」その原因と対策

今や2人に1人は何らかのアレルギーを持っていると言われています。

 

そんな中、20年ほど前から出始め年々増加傾向にあるのが果物アレルギー。

 

厚生労働省の「アレルギー原因食品調査」によると、20歳から40歳の世代において果物は第3位となっています。小さい時はそうでもなかったのに学童期から発症した、中学生くらいから発症した、というケースが多いことを示しています。

 
また、果物アレルギーと花粉症の深い関係も指摘されています。

 
 
 

 

アナフィラキシーなどの重篤なアレルギー症状を起こす可能性もある果物アレルギー、その原因と対策について書いています。
 

 

果物アレルギーの症状と起こしやすい果物

 

 

桃を食べると口の中がイガイガする、りんご、いちごやさくらんぼでも同じような症状が、、、というように喉や舌、唇などの口腔内に現れることが多いのが果物アレルギー。ひどい場合は呼吸困難に至ることもあります。
 
 

 

種類としては、りんご、いちご、さくらんぼ、梨などバラ科の果物、または、マンゴーやキウイなどのウルシ科の果物が起こしやすくなります。

 

果物アレルギーの原因と対策

果物アレルギーと花粉症の深い関係についても指摘されていますが、これは果物と花粉のタンパク質組成が似ているためです。花粉症の方は同時に果物アレルギーを持っていることが多いです。
 
 

 
では、どのような対策をすればいいでしょうか?

 

血液検査や皮膚検査でアレルギー反応を起こす果物を特定して、それ以外の果物を食べるようにする?

 


重篤なアレルギー症状を避けるためにもアレルギー反応を起こす果物を知っておくことは必要かもしれません。ですが、これは根本的な解決とはなりません。むしろ、食べる果物が偏るため、検査でアレルギーの出なかった他の果物に対してもアレルギー症状を起こす可能性も出てきます。

 

果物の食べ方と腸の関係

 

 

アレルギーは免疫反応。つまり、腸の環境と大きな繋がりがあります。
 
 

 

果物に対してアレルギー反応が起きるのは個人差はあるものの、これまで食べてきた果物の量が消化能力を上回ってしまったせいです。
 
 

 
そして、日本の果物は糖度表示が当たり前、というくらい昔に比べて甘くなっています。果物に多く含まれる果糖は、体内で消化分解しきれないと腸内で発酵し、腸内環境に悪い影響を与えてしまいます。

 

その結果、果物アレルギーだけでなく、花粉症や便秘、下痢、風邪を引きやすいなど腸が司る免疫機能の低下を引き起こします。

 

果物は生よりも加熱が安全

 
ビタミンCが豊富と言われる果物ですが、果糖も多いということを忘れずに。そしてマンゴーやバナナなどの南国の果物ほど身体を冷やします。
 
 

 

また、果物の食べ方を変えるとアレルギー症状は軽減します。果物のアレルゲンは熱に弱いため、生で食べるよりも、火を通すことをおすすめします。特に胃腸が未成熟な小さいお子さんには、煮りんごやコンポートというように加熱したものを食べさせるのが安心です。
 
 
 
 

 

どんなに身体に良いと言われるものも
「適量」が大切。摂り過ぎは毒になる。
 

 

ここ数年、酵素、コールドプレスジュースやスムージーが流行ったことから急激に果物消費が増えたことも果物アレルギー増加の背景にあると思われます。
 

 

野菜嫌いのお子さんのため、ビタミンを補うために、ミックス野菜ジュースやスムージーの形で摂るのは要注意!
 
 
果物は毎日必ず食べなければならないものではありません。おやつや楽しみとして、甘すぎない季節の果物を適量いただくことをおすすめします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2021/6/25

内容の濃い学びの時間、料理のレパートリーが増えて「おいしい」と言われるようになりました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Yさん 東京都在住(ご家族3人、5歳の男の子のママ) 重ね煮アカデミーで学んだきっかけ 砂糖と油を使わずにおいしいご飯が作れることに感動しました! 本を参考にして独学で始めたものの、わからないことがあったので、しっかりと学びたいと思ったからです。 また、砂糖と油を使わずに、おいしいご飯が作れることに感動し、 おいしいと同時に体質改善出来るかもしれない、と思ったので 学ぶことを決めました。 養生科で印象に残ったこと 内容の濃い時間でした! 同じ時期に学んでいるメンバーと お互いにグループページで報告し合 ...

続きを見る

2021/6/5

100%の生徒さんが調味料を変えました!【重ね煮アカデミー生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   皆さんは、 どんな調味料を選んでいますか?   一般的には、 料理の味は調味料で決まると 思っているかもしれません。   調味料とは、正しくは 「調味料によって」 食材から引き出せる甘みや旨みが 変わるのです。   重ね煮アカデミー養生科では 調味料について学びます。 生徒さんたちが課題として 調べて発表してくれます。   調べた結果、自分で納得!   全員の生徒さんが 調味 ...

続きを見る

2021/6/6

年中鼻をかんでいた夫の鼻炎が治りました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

S.Tさん 岡山県在住(ご家族5人、7歳、6歳、4歳のお子さんのママ) 年中鼻づまりの鼻炎がきっかけでした 忙しいとついお惣菜やマクドナルドで 済ませてしまうことが多く、 このままの食生活でいいのかな? と悩んでいました。 家族全員鼻炎でが、年中鼻づまりで 苦しんでいる姿をみて 食べるものから体質改善したい、 食生活を整えたい と思いました。   養生科で印象に残ったこと ・身体に良いものではなくて、 身体に馴染むものを選ぶ、ということ。 ・自分の選んだものや食生活を 子供に手渡していく、という ...

続きを見る

2021/6/16

体温が上がって、乾燥肌もなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Tさん 奈良県在住 (ご家族7人、10歳女の子、7歳男の子、4歳女の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 食の軸ができました! 料理の仕方だけでなく、 重ね煮の根本的な考え方、 食の歴史、歯の構造から、 食べ方があることを知って、 目から鱗でした。 改めて食べ方を学ぶことができ、 また、野菜の選び方、食材の選び方 を知り、 自分なりの食の軸ができました。 調味料の作り方や原材料を知ることで、 より調味料が選べるようになりました。   ご家族ご自身の変化 食材や調味料の選び方が変わりました! ...

続きを見る

2021/6/16

息子が耳鼻科、皮膚科に行く回数が減りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

H.Sさん 神奈川県在住(ご家族3人、4歳の男の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 調味料を買い直しました! 野菜の選び方や、調味料の製造方法、 原材料を学べた事です。 何気なく良さそうだな、 と選んでいた調味料も、 調べてみたら短期で製造できるように アルコールが入っていたり、と 製造方法もしっかり分かるように なったので、 家にある調味料を買い直しました。   ご家族ご自身の変化 【息子の変化】耳鼻科、皮膚科に行く回数が減りました! ・鼻炎でアトピー気味の息子が  耳鼻科に行く回数、  皮 ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

「時短ママの朝ごはんバイブル」無料テキストプレゼント

5200名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、1週間のレシピが手に入る「時短ママの朝ごはんバイブル」をご登録者にプレゼント!


もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2021 All Rights Reserved.