重ね煮コラム

カサカサかゆい!子供の乾燥肌を予防改善する秋の食べ方【レシピ付】

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

空気も気温もすっかり秋めいてきましたね。

 

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋・・・など、楽しみがたくさんある秋ですが、秋から冬にかけては乾燥の季節。乾燥による肌のかゆみを訴えるようになるお子さんも多くなります。

 

そこで今日は、秋の乾燥肌の原因と、予防・改善につながる食事のポイントをお伝えします。最後に秋の乾燥肌対策におすすめのレシピもご紹介しますよ!ぜひ最後までお読みください^^

 

カサカサかゆい!
秋の乾燥肌の原因

涼しくなり始める秋は、気温の変化による肌へのダメージを受けやすい季節です。また、梅雨から夏にかけて高かった湿度が下がり、カラッとした空気が気持ちよくなる反面、急に肌の乾燥を感じやすくなります。

秋の乾燥肌の原因

1.夏の紫外線ダメージが影響する

2.季節の変わり目で寒暖差が激しくなり、肌にストレスがかかる

3.湿度が低くなり始め、肌のバリア力が低下する

 

乾燥肌対策といえば、クリームなどによる外からの保湿を一番に思い浮かべる方が多いかと思いますが、食事内容・食習慣を見直すことで、身体の中から乾燥肌を予防・改善することができます。

 

乾燥肌を予防・改善する秋の食べ方

季節は秋に変わっていますが、まだ夏と同じようなものを食べている、という場合は要注意。具体的には、こんな食習慣があるお子さんは、肌の乾燥だけでなく、身体の不調があらわれやすくなるので、気をつけてくださいね。

 

・トマトやきゅうりの生野菜サラダを毎日食べていませんか?

氷を入れた飲み物を毎日飲んでいませんか?

アイスクリームを毎日食べていませんか?

果物たっぷりの朝ごはんを食べていませんか?

冷たい麺類を食べていませんか?

 

洋服の衣替えをするように、食べ物の衣替えも必要。秋の食べ方へシフトする必要があるのです。そうすることで、身体が整い、肌の乾燥も予防・改善することができます。

 

では、秋の食べ方って?

 

昔から

「秋は糖質を盛れ」

と言われています。

 

秋においしくなる食材といえば、

さつまいもじゃがいも

もう少しすれば

新米新豆も出てきますね。

 

これらの糖質は、身体の内と外から乾燥を防いで潤いを保ってくれます

 

食欲の秋。
太らないように糖質制限をしよう!なんて考えていたママも要注意。この時期に糖質制限なんてしたら、お肌がカサカサしてしまいますよ!

 

ママも子どもも、秋に美味しい糖質をしっかり食べて、乾燥から肌を守りましょう^^

 

乾燥肌対策におすすめ
さつまいもレシピ

さつまいもといえば、秋の味覚の代名詞の一つ。糖質をたっぷり含むさつまいもは、乾燥肌対策におすすめの食材です。

 

さつまいもを使った、重ね煮アカデミー生に人気のレシピをご紹介したいと思います。

 

あと一品欲しいという時に
お弁当のおかずに
簡単に出来て美味しいので
重宝しています!

の声多数です^^

 

さつまいもとすき昆布の煮もの

 

【材料】

------〇------
さつまいも 300g・・・1cm程度の輪切り
すき昆布 7g・・・水で戻す
---------------

水    1/2カップ
梅酢(あれば) 小さじ1/3
しょうゆ 大さじ1

 

【作り方】

1.鍋に図のように材料を重ね、水1/2カップを加えて、フタをして強火にかける。

2.沸騰したら弱火にし、さつまいもがやわらかくなるまで煮る。

3.しょうゆを加えて味をととのえ、汁気がなくなるまで煮含める。

 

【ポイント】

☆すき昆布は昆布を細長く切ったもの。サラダ昆布や刻み昆布という名前で売っていることもあります。

☆お家にあれば水に梅酢を混ぜて鍋に入れてくださいね。色よく仕上がり、甘みも引き立ちますよ。

 

ぜひ、作ってみてくださいね!

 

いかがでしたか?
夏から秋への季節の変化。洋服だけでなく、食べ物の衣替えも必要です。秋に美味しいお芋やお米、糖質をしっかり摂って、肌を乾燥から守りましょう^^

 

★秋はアレルギー性鼻炎が悪化する季節でもあります。こちらも合わせてお読みください。
秋はアレルギー性鼻炎の悪化に注意!症状の改善につながる食習慣

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。
重ね煮で手に入る家族の健康。ぜひ家族の食卓に取り入れてみてください^^

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

2024/4/16

献立に迷う、時間がかかるから料理が苦痛、、、気づけば楽しめるようになっていました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Kさん(横浜市在住) 3歳、0歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で自分の作るものに自信がなく、子どものためにいいものを作りたいのに何を作ったらいいかわかりませんでした。毎日の献立を考えるのも、料理を作るのも、時間がかかって、料理が苦痛になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? まず重ね煮味噌汁が、家にある食材でさっと作れるようになりました。味噌汁1品だけでも具沢山で満足感があるので、味噌汁さえ作れれば大丈夫という気持ちになり、心 ...

続きを見る

2024/4/16

子どもが食べてくれない、栄養が足りているか心配、という不安がなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(神戸市在住) 4歳、1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で、レシピを見ないと作れず、毎日今日のごはんは何にしようと献立を考えたりするのも苦痛でした。 また、幼児食などの本を参考にして作ったりしても子供がなかなかごはんを食べてくれず、栄養が足りているのか心配でした。鼻がつまったり、咳風邪をよく引いたりと体調面も気になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 料理を作ることが楽しくなってきました!毎日の献立は相変わらず迷うこと ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.