重ね煮コラム

【夏休み特集】アレルギーの子供でも大丈夫!卵・牛乳・小麦不使用の安心おやつ

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

毎日のごはん・おやつ作りに悩む、夏休み中の子供をお持ちのママへ。
昨日に続き、おやつに関するお話です。

昨日は、卵・牛乳・小麦のアレルギーを持つ子供に、果物・ジュースの摂り過ぎは要注意というお話をしました。★詳しくは、こちらをご覧ください。
夏休み中の子供のおやつ問題!卵・牛乳・小麦。アレルギーっ子のおやつは果物がいいですか?

今日は、

果物、ジュースの摂り過ぎがダメなら、アレルギーっ子のおやつは何を食べればいいの?」

そんな疑問にお答えします。

子供のおやつ=甘いもの、ではありません

おやつ=軽い食事

アレルギーのあるなしに関わらずおやつ=甘いものという習慣をつけないことが大切です。

おやつ=甘いもの

は、大人が作った勝手なイメージ。

子供の胃腸は未発達のため、一度に沢山食べることが出来ず、そのため4回食として、昼食と夕食の間のおやつが必要になってくるのです。なので、おやつ=軽い食事捉えましょう。

 

アレルギーっ子のおやつはこれでOK!

おやつの具体例

おやつ=軽い食事と捉えると、おやつのハードルも下がりませんか?
例えば、このような感じでOKなのです^^

おにぎり、スープ、うどん、干し芋、焼き芋、とうもろこしなどをおやつに取り入れて、時にお団子や寒天ゼリーを特別感を持って出せるといいですね。 
日々のごはんにハレとケがあるように、おやつにもハレとケを作ると「毎日手作りしなきゃ!」と負担に思う事もなくなりますよ。おにぎりならすぐに作ることができますし、スープやうどんは朝またはお昼に多めに作ったものでもちろん大丈夫です^^

12歳までの味覚形成が鍵

子供の味覚形成12歳までに決定する、と言われています。それまでは身体と心の基盤を作る大切な時期。特に4~5歳くらいまでは、親が食べるものを判断して調整してあげられる時期です。

おやつ=甘いもの

の思考をやめて、必要なものをママが判断して、食の軸、身体の軸をしっかり作ってあげることが大切になります。

軸さえ出来てしまえば、ママも子育てが楽になりますよ^^

初めにお伝えしたように、これはアレルギーのある、なしに関わらず、言えることです。アレルギーのお子さんはアレルギー改善に、そうでないお子さんは免疫力の向上アレルギー予防つながるのです。


「三つ子の魂百まで」と言いますね。〇〇ド〇ルドがハッピーセットでお子さん向け商品に力を入れるのもそのため。大人になっても、お子さんを連れて戻ってきてくれるからです。

そうは言っても、すでにスナック菓子やチョコレート食べてしまっているし、どうしようもない!と思ってしまったママへ。実は、我が家も「食べるものの質の大切さ」気が付いたのは長男が3歳の時。甘いお菓子、ジュースは日常でした。バナナも常備食でした^^

 

おやつの習慣は変えられます!

甘いお菓子、ジュース、バナナのおやつが当たり前だった我が家。そんな我が家がどんなふうにおやつを変えていったのか、少しお話ししますね。

我が家の場合は、甘いおやつの割合を減らすことから始めました。外出時はいつもおにぎり持参。外出先でおにぎりを食べつくしてしまった時によくお世話になったのは干しいもです。家では、おやつの前におにぎりを1つ。

こんなこともしてみましたよ。

お皿におにぎり、いつものおやつを少し並べる。始めは市販のおやつでした。そこにベランダの草花を添えてみる。「おいしいおやつを作っているから待ってて」と言うと、長男は自分の両手で目隠しをして、楽しみに待っていてくれました。

ちょっとした工夫で普段のおやつが輝きます。お子さんの笑顔も輝きますよ^^

おやつは身体だけでなく、心の栄養となるものにしたいので、こういう楽しみ方もよかったら取り入れてみてくださいね。

 

重ね煮レターレシピ(無料メールマガジン)では、365日毎日、重ね煮の知恵とレシピをお届けしています。子供の、家族の健康を食から守りたい、という5,000人以上のママが学んでいます。

無料メールマガジン
家族の健康を守る術を学べます。

☑️喘息、花粉症、アトピー、
 アレルギーの悩みを改善
したい
☑️子どもの、家族の健康を食から
 守りたい
☑️子どもの野菜嫌いを改善したい

そんな想いを持つママは
まずはこちらで学んでください。

1年365日毎日6時にお届けします

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2022/1/17

鼻炎、咳、肌荒れ...病院通いを繰り返していた子供がこの1年は歯医者以外で通院していません!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Y.さん 茨城県在住(小6のと年中の男の子2人のママ、ご家族4人) 冬になると、子供の鼻炎、咳、肌荒れの症状が出るのではないかと不安でした。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 子どものアレルギー性鼻炎や、喘息のような咳が出やすいこと、アトピーとは言われないけどカサカサや赤みなどの肌荒れでの通院。 「この季節になるとこの症状がまた出るのかなぁ…」といつも不安でした。   薬に頼らず根本から改善したいと思ったことがきっかけでした。 重ね煮アカデミーで学ぼうと思ったきっかけ 薬を処方されて、薬がな ...

続きを見る

2022/1/17

子どもたちの咳や鼻水があっという間に治るように!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.K.さん 茨城県在住(年長の男の子と3歳の女の子のママ、ご家族4人) 2歳の娘が花粉症を発症してしまうのではないか、という不安がありました。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 私自身20年以上花粉症に悩まされてはいましたが、花粉症は一度発症したら治らない、この先もずっと付き合っていくしかないと思っていました。娘が2歳の春、公園で遊んでいるとくしゃみや目をかゆがることが何度かあり、このままでは娘も発症してしまうのではと不安になっていました。 めぐみアレルギーは遺伝するという不安。一旦発症したら薬で抑える ...

続きを見る

2022/1/17

主人の胃腸の不調、子供たちの花粉症、鼻炎、便秘が改善!病院に行く頻度が明らかに減りました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

N.H.さん 埼玉県在住(小6女の子と小3男の子のママ、ご家族4人) 胃腸が弱い、花粉症、鼻炎、便秘・・・ 家族の体調を薬ではなく食べるもので整えたいと思っていました。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 夫がすぐに胃腸の調子を崩しやすく、薬に頼りがちになっていた。 息子の花粉症、季節の変わり目の鼻炎、娘の便秘もあり、家族の体調を薬ではなく食べるもので整えたいと思いつつも、どうしていいのか分からなかった。 めぐみ沢山の不調を抱えていると、それぞれに薬が必要だと思いがちですよね。だからどうしたらいいのか分から ...

続きを見る

2022/1/7

大泣きしていた2歳の娘の便秘が治りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.W.さん 神奈川県在住(6歳と2歳の女の子2人のママ、ご家族4人) 自己流から、もっと深く重ね煮を学びたいと思ったのがきっかけでした。 長女が風邪をひきやすく、集団生活が始まった年少時には、1年の半分くらいは風邪でお休みする程でした。 ちょうど産まれたばかりの次女も、長女の風邪をいつも貰ってしまい病気通いの日々。次女が、5ヶ月の時に遂に入院となってしまい、病室で点滴をつけている姿をみて、何とかしないと!と思ったときに、先生の重ね煮の本に出会いました。 暫くは、本を頼りに自己流でやっていて効果が出てきた ...

続きを見る

2021/12/13

仕事が忙しく時間の制約があっても!食事で家族の健康を守れるようになります。【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

N.A.さん 埼玉県在住(小学校1年生の女の子ママ、ご家族3人) 仕事が忙しくても、野菜たっぷり!冷凍食品に頼らない食事を作りたい。 仕事が忙しく食事のしたくに時間をかけられない中で、野菜を美味しく食べられる食事を作りたいと思っていたこと、幼稚園の子どものお弁当を冷凍食品に頼らずに作れるようになりたかったことから、重ね煮、重ね煮アカデミーにたどり着きました。   手軽さ、美味しさ、レシピだけでなく知識が身につくことが決め手でした。 材料を切って重ねて火にかける、という手軽さと、一方で出汁や調味料 ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

5600名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「最強スープ」をご登録者にプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2022 All Rights Reserved.