重ね煮コラム

【夏休み特集】アレルギーの子供でも大丈夫!卵・牛乳・小麦不使用の安心おやつ

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

毎日のごはん・おやつ作りに悩む、夏休み中の子供をお持ちのママへ。
昨日に続き、おやつに関するお話です。

昨日は、卵・牛乳・小麦のアレルギーを持つ子供に、果物・ジュースの摂り過ぎは要注意というお話をしました。★詳しくは、こちらをご覧ください。
夏休み中の子供のおやつ問題!卵・牛乳・小麦。アレルギーっ子のおやつは果物がいいですか?

今日は、

果物、ジュースの摂り過ぎがダメなら、アレルギーっ子のおやつは何を食べればいいの?」

そんな疑問にお答えします。

子供のおやつ=甘いもの、ではありません

おやつ=軽い食事

アレルギーのあるなしに関わらずおやつ=甘いものという習慣をつけないことが大切です。

おやつ=甘いもの

は、大人が作った勝手なイメージ。

子供の胃腸は未発達のため、一度に沢山食べることが出来ず、そのため4回食として、昼食と夕食の間のおやつが必要になってくるのです。なので、おやつ=軽い食事捉えましょう。

 

アレルギーっ子のおやつはこれでOK!

おやつの具体例

おやつ=軽い食事と捉えると、おやつのハードルも下がりませんか?
例えば、このような感じでOKなのです^^

おにぎり、スープ、うどん、干し芋、焼き芋、とうもろこしなどをおやつに取り入れて、時にお団子や寒天ゼリーを特別感を持って出せるといいですね。 
日々のごはんにハレとケがあるように、おやつにもハレとケを作ると「毎日手作りしなきゃ!」と負担に思う事もなくなりますよ。おにぎりならすぐに作ることができますし、スープやうどんは朝またはお昼に多めに作ったものでもちろん大丈夫です^^

12歳までの味覚形成が鍵

子供の味覚形成12歳までに決定する、と言われています。それまでは身体と心の基盤を作る大切な時期。特に4~5歳くらいまでは、親が食べるものを判断して調整してあげられる時期です。

おやつ=甘いもの

の思考をやめて、必要なものをママが判断して、食の軸、身体の軸をしっかり作ってあげることが大切になります。

軸さえ出来てしまえば、ママも子育てが楽になりますよ^^

初めにお伝えしたように、これはアレルギーのある、なしに関わらず、言えることです。アレルギーのお子さんはアレルギー改善に、そうでないお子さんは免疫力の向上アレルギー予防つながるのです。


「三つ子の魂百まで」と言いますね。〇〇ド〇ルドがハッピーセットでお子さん向け商品に力を入れるのもそのため。大人になっても、お子さんを連れて戻ってきてくれるからです。

そうは言っても、すでにスナック菓子やチョコレート食べてしまっているし、どうしようもない!と思ってしまったママへ。実は、我が家も「食べるものの質の大切さ」気が付いたのは長男が3歳の時。甘いお菓子、ジュースは日常でした。バナナも常備食でした^^

 

おやつの習慣は変えられます!

甘いお菓子、ジュース、バナナのおやつが当たり前だった我が家。そんな我が家がどんなふうにおやつを変えていったのか、少しお話ししますね。

我が家の場合は、甘いおやつの割合を減らすことから始めました。外出時はいつもおにぎり持参。外出先でおにぎりを食べつくしてしまった時によくお世話になったのは干しいもです。家では、おやつの前におにぎりを1つ。

こんなこともしてみましたよ。

お皿におにぎり、いつものおやつを少し並べる。始めは市販のおやつでした。そこにベランダの草花を添えてみる。「おいしいおやつを作っているから待ってて」と言うと、長男は自分の両手で目隠しをして、楽しみに待っていてくれました。

ちょっとした工夫で普段のおやつが輝きます。お子さんの笑顔も輝きますよ^^

おやつは身体だけでなく、心の栄養となるものにしたいので、こういう楽しみ方もよかったら取り入れてみてくださいね。

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/7/4

アトピーの薬が不要!とても綺麗な肌になりました。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

A.Hさん(京都府在住) 4歳、2歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 長男のアレルギーとアトピー性皮膚炎に悩んでいた時に重ね煮と出会い、オンライン体験クラスに参加しました。内容に興味を持ち、長男のアトピーが少しでも良くなるならと本講座を受講した。 重ね煮アカデミーで学び、どんな変化がありましたか? 養生科の半年、先生の本や課題レシピで重ね煮を取り入れると長男の膝の裏に薬を塗る回数が減ってきた。 更に基礎科の半年、朝食の重ね煮味噌汁を続けると、もうアトピーの薬が不要になった。 ...

続きを見る

2024/7/3

肌荒れが悩みだったのに、今では「きれい!」と褒められるように!【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

M.Kさん(滋賀県在住) 小3、年中の2人の女の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 子どもの頃からおなかが弱く、便秘と下痢を繰り返していましたが、それが普通というか当たり前になっていて“自分はそういう体質なんだ”と思っていました。中学時代からは肌荒れもひどく、ニキビや毛穴など肌の悩みもずっとありました。 次女の産後おなかの不調が特にひどくなり、腸ケアや食事改善に取り組み始め、重ね煮に出逢いました。 重ね煮アカデミーで学び、どんな変化がありましたか? 重ね煮を始めてから少しずつ体調が ...

続きを見る

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.