重ね煮コラム

【夏休み特集】アレルギーの子供でも大丈夫!卵・牛乳・小麦不使用の安心おやつ

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

毎日のごはん・おやつ作りに悩む、夏休み中の子供をお持ちのママへ。
昨日に続き、おやつに関するお話です。

昨日は、卵・牛乳・小麦のアレルギーを持つ子供に、果物・ジュースの摂り過ぎは要注意というお話をしました。★詳しくは、こちらをご覧ください。
夏休み中の子供のおやつ問題!卵・牛乳・小麦。アレルギーっ子のおやつは果物がいいですか?

今日は、

果物、ジュースの摂り過ぎがダメなら、アレルギーっ子のおやつは何を食べればいいの?」

そんな疑問にお答えします。

子供のおやつ=甘いもの、ではありません

おやつ=軽い食事

アレルギーのあるなしに関わらずおやつ=甘いものという習慣をつけないことが大切です。

おやつ=甘いもの

は、大人が作った勝手なイメージ。

子供の胃腸は未発達のため、一度に沢山食べることが出来ず、そのため4回食として、昼食と夕食の間のおやつが必要になってくるのです。なので、おやつ=軽い食事捉えましょう。

 

アレルギーっ子のおやつはこれでOK!

おやつの具体例

おやつ=軽い食事と捉えると、おやつのハードルも下がりませんか?
例えば、このような感じでOKなのです^^

おにぎり、スープ、うどん、干し芋、焼き芋、とうもろこしなどをおやつに取り入れて、時にお団子や寒天ゼリーを特別感を持って出せるといいですね。 
日々のごはんにハレとケがあるように、おやつにもハレとケを作ると「毎日手作りしなきゃ!」と負担に思う事もなくなりますよ。おにぎりならすぐに作ることができますし、スープやうどんは朝またはお昼に多めに作ったものでもちろん大丈夫です^^

12歳までの味覚形成が鍵

子供の味覚形成12歳までに決定する、と言われています。それまでは身体と心の基盤を作る大切な時期。特に4~5歳くらいまでは、親が食べるものを判断して調整してあげられる時期です。

おやつ=甘いもの

の思考をやめて、必要なものをママが判断して、食の軸、身体の軸をしっかり作ってあげることが大切になります。

軸さえ出来てしまえば、ママも子育てが楽になりますよ^^

初めにお伝えしたように、これはアレルギーのある、なしに関わらず、言えることです。アレルギーのお子さんはアレルギー改善に、そうでないお子さんは免疫力の向上アレルギー予防つながるのです。


「三つ子の魂百まで」と言いますね。〇〇ド〇ルドがハッピーセットでお子さん向け商品に力を入れるのもそのため。大人になっても、お子さんを連れて戻ってきてくれるからです。

そうは言っても、すでにスナック菓子やチョコレート食べてしまっているし、どうしようもない!と思ってしまったママへ。実は、我が家も「食べるものの質の大切さ」気が付いたのは長男が3歳の時。甘いお菓子、ジュースは日常でした。バナナも常備食でした^^

 

おやつの習慣は変えられます!

甘いお菓子、ジュース、バナナのおやつが当たり前だった我が家。そんな我が家がどんなふうにおやつを変えていったのか、少しお話ししますね。

我が家の場合は、甘いおやつの割合を減らすことから始めました。外出時はいつもおにぎり持参。外出先でおにぎりを食べつくしてしまった時によくお世話になったのは干しいもです。家では、おやつの前におにぎりを1つ。

こんなこともしてみましたよ。

お皿におにぎり、いつものおやつを少し並べる。始めは市販のおやつでした。そこにベランダの草花を添えてみる。「おいしいおやつを作っているから待ってて」と言うと、長男は自分の両手で目隠しをして、楽しみに待っていてくれました。

ちょっとした工夫で普段のおやつが輝きます。お子さんの笑顔も輝きますよ^^

おやつは身体だけでなく、心の栄養となるものにしたいので、こういう楽しみ方もよかったら取り入れてみてくださいね。

 

重ね煮レターレシピ(無料メールマガジン)では、365日毎日、重ね煮の知恵とレシピをお届けしています。子供の、家族の健康を食から守りたい、という5,000人以上のママが学んでいます。

無料メールマガジン
家族の健康を守る術を学べます。

☑️喘息、花粉症、アトピー、
 アレルギーの悩みを改善
したい
☑️子どもの、家族の健康を食から
 守りたい
☑️子どもの野菜嫌いを改善したい

そんな想いを持つママは
まずはこちらで学んでください。

1年365日毎日6時にお届けします

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2021/6/25

内容の濃い学びの時間、料理のレパートリーが増えて「おいしい」と言われるようになりました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Yさん 東京都在住(ご家族3人、5歳の男の子のママ) 重ね煮アカデミーで学んだきっかけ 砂糖と油を使わずにおいしいご飯が作れることに感動しました! 本を参考にして独学で始めたものの、わからないことがあったので、しっかりと学びたいと思ったからです。 また、砂糖と油を使わずに、おいしいご飯が作れることに感動し、 おいしいと同時に体質改善出来るかもしれない、と思ったので 学ぶことを決めました。 養生科で印象に残ったこと 内容の濃い時間でした! 同じ時期に学んでいるメンバーと お互いにグループページで報告し合 ...

続きを見る

2021/6/5

100%の生徒さんが調味料を変えました!【重ね煮アカデミー生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   皆さんは、 どんな調味料を選んでいますか?   一般的には、 料理の味は調味料で決まると 思っているかもしれません。   調味料とは、正しくは 「調味料によって」 食材から引き出せる甘みや旨みが 変わるのです。   重ね煮アカデミー養生科では 調味料について学びます。 生徒さんたちが課題として 調べて発表してくれます。   調べた結果、自分で納得!   全員の生徒さんが 調味 ...

続きを見る

2021/6/6

年中鼻をかんでいた夫の鼻炎が治りました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

S.Tさん 岡山県在住(ご家族5人、7歳、6歳、4歳のお子さんのママ) 年中鼻づまりの鼻炎がきっかけでした 忙しいとついお惣菜やマクドナルドで 済ませてしまうことが多く、 このままの食生活でいいのかな? と悩んでいました。 家族全員鼻炎でが、年中鼻づまりで 苦しんでいる姿をみて 食べるものから体質改善したい、 食生活を整えたい と思いました。   養生科で印象に残ったこと ・身体に良いものではなくて、 身体に馴染むものを選ぶ、ということ。 ・自分の選んだものや食生活を 子供に手渡していく、という ...

続きを見る

2021/6/16

体温が上がって、乾燥肌もなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Tさん 奈良県在住 (ご家族7人、10歳女の子、7歳男の子、4歳女の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 食の軸ができました! 料理の仕方だけでなく、 重ね煮の根本的な考え方、 食の歴史、歯の構造から、 食べ方があることを知って、 目から鱗でした。 改めて食べ方を学ぶことができ、 また、野菜の選び方、食材の選び方 を知り、 自分なりの食の軸ができました。 調味料の作り方や原材料を知ることで、 より調味料が選べるようになりました。   ご家族ご自身の変化 食材や調味料の選び方が変わりました! ...

続きを見る

2021/6/16

息子が耳鼻科、皮膚科に行く回数が減りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

H.Sさん 神奈川県在住(ご家族3人、4歳の男の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 調味料を買い直しました! 野菜の選び方や、調味料の製造方法、 原材料を学べた事です。 何気なく良さそうだな、 と選んでいた調味料も、 調べてみたら短期で製造できるように アルコールが入っていたり、と 製造方法もしっかり分かるように なったので、 家にある調味料を買い直しました。   ご家族ご自身の変化 【息子の変化】耳鼻科、皮膚科に行く回数が減りました! ・鼻炎でアトピー気味の息子が  耳鼻科に行く回数、  皮 ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

「時短ママの朝ごはんバイブル」無料テキストプレゼント

5200名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、1週間のレシピが手に入る「時短ママの朝ごはんバイブル」をご登録者にプレゼント!


もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2021 All Rights Reserved.