【養生科】幸せのお声 生徒さんの喜びのお声

子どもの喘息の通院からついに卒業できました!【重ね煮アカデミー養生科生さんの変化】

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

 

梅雨の時期は悪化しやすい喘息発作。

お子さんが風邪を引くたびに喘息発作を
怯えていたママ

 

けれども、

薬も吸入薬も不要に!
ついに通院も卒業できました!

 

こんな嬉しい報告がありました。
ご紹介しますね。

 

今日は、養生科の生徒さん
(6歳、3歳の男の子のママ)の声です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

3歳の次男、

春はどうかな?と思っていましたが
重ね煮を食卓に登場させ始めてから
一度も喘息の発作を起こしていません。

引き続き家庭の台所から
家族の健康をサポートしたいです!

ーーーーーーーーーーーーーー

R.Nさん(香川県在住)

 

「家族の体調管理をできるようになりたい!」

 

その想いから
重ね煮アカデミーで学ぶことを決めたRさん、

Rさんの自信を持てたお声がとっても嬉しいです。

 

Rさんの今の台所の様子をご紹介しますね。

ーーーーーーーーーーーーーーー

今日のおやつに豆腐団子作りました!

子供たちも喜んでお手伝い♡
あんこ大好きな子供たちが絶対催促すると思って
あんこも炊いておきました 😳 

ちょっと贅沢なおやつ♡

おかわりおかわりでちょっと困りました(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーー

 

お子さんと一緒におやつ作り。

笑顔いっぱいで幸せそうです。

 

 

喘息を起こすからおやつはダメ、ではないんですよ。

 

食の中心にするものが分かり、食べ方が変われば

アレルギーや喘息を 引き起こさない安心おやつも
作れるようになります。

 

ご家族の身体はモチロン、台所も、ママのココロも
変わるのです。

 

お家の台所を薬箱にできる!
それをおいしく手軽に実現できるのが重ね煮です。

重ね煮アカデミーの生徒さんたちが
お子さんのアレルギーの悩みをどんどん手放して
笑顔になっているのは、

 

身体を整える食べ方の軸を学び
重ね煮調理を身につけていくから、なのですよね。

 

 

食が変われば
3ヶ月で体は変わります。

 

本気でお子さんの喘息を治したい
鼻炎や花粉症のアレルギーを治したい
と思ったら、食の「捉え方」を変えましょう。

 

早ければ早いほど、変化が出やすくなります。

 

子どもが痒がるのを見たくない!
アトピーを改善したい。

朝までぐっすり眠れたら、、、
喘息を改善したい。

食卓でガミガミ言いたくない
野菜嫌いをなくしたい。

料理が苦手でも
「おいしいね!」と言われたい。

 

こんな当たり前かもしれないけど
意外と手に入ってない幸せを、重ね煮アカデミーが叶えます。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/4/16

献立に迷う、時間がかかるから料理が苦痛、、、気づけば楽しめるようになっていました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Kさん(横浜市在住) 3歳、0歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で自分の作るものに自信がなく、子どものためにいいものを作りたいのに何を作ったらいいかわかりませんでした。毎日の献立を考えるのも、料理を作るのも、時間がかかって、料理が苦痛になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? まず重ね煮味噌汁が、家にある食材でさっと作れるようになりました。味噌汁1品だけでも具沢山で満足感があるので、味噌汁さえ作れれば大丈夫という気持ちになり、心 ...

続きを見る

2024/4/16

子どもが食べてくれない、栄養が足りているか心配、という不安がなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(神戸市在住) 4歳、1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で、レシピを見ないと作れず、毎日今日のごはんは何にしようと献立を考えたりするのも苦痛でした。 また、幼児食などの本を参考にして作ったりしても子供がなかなかごはんを食べてくれず、栄養が足りているのか心配でした。鼻がつまったり、咳風邪をよく引いたりと体調面も気になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 料理を作ることが楽しくなってきました!毎日の献立は相変わらず迷うこと ...

続きを見る

2024/2/25

少食で体重が増えない、息子を追いかけて食べさせる毎日が変わりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Fさん(長野県在住) 2歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? ・2歳の息子の少食です。食事に関心がなく、数口食べたら離席して遊びだします。私は息子を追いかけ、口に食べ物を放り込むのが日常でした。一日三回、食事の用意も食べる時間も苦しかったです。小柄で体重が増えないことも心配でした。 ・私自身は産後の体調不良が抜けず、胃痛や蕁麻疹に悩まされていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・アカデミーを受講するにあたって立てた目標は「食卓に笑顔を増やしたい ...

続きを見る

2024/2/19

SIBOやアトピーの不安が減りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

H.Aさん(神奈川県在住) 1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自分自身のSIBOと子どものアトピー性皮膚炎 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 私のSIBOは該当する食品を控えるか食べても規定内にすることしか対処法がなく、養生科の最初の頃は該当の食品を抜くか別の食べられる食品に置き換えて作っていました。日々重ね煮を実践するにつれ、お腹の調子も良くなってきたので、最後の方は該当の食品も規定内で試してみようと思えるようになりました。 また、外食などで該当の ...

続きを見る

2024/2/15

娘のアトピー、通院も薬も手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

S.Kさん(宮城県在住) 幼稚園(5歳)女の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 娘のアトピーを皮膚科に通わず、ステロイドを塗らずに過ごすために家庭できることとして、何をしたら良いか、どんな方法があるか、良いもの探しを永遠としていた。 あれが良いこれが良いとあれこれ試しては続いたり続かなかったり、良いか悪いかも確信がないまま、ずっと正解を求めて彷徨っている状態だったと思う。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 引き算を学んだことで、良い物探しをしなくて良くなった。 一度負担になっ ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.