重ね煮コラム

非常時に役立つ食の知恵「生命を繋ぐ防災食」

これまで未経験の最大規模と言われた台風19号が去りました。

予想通りの降水量の影響により千曲川、多摩川などの河川の氾濫が相次ぎ、被害の大きさに胸を痛めつつ、少しでも早い回復を祈るばかりです。

今回のような未曾有と言われる大規模台風、未経験なことは誰でも恐ろしいもの。備えと心構えがあれば落ち着いて対処することができます。そのために整えておきたいのは、食の確保と住環境の維持です。

特別な物を買わずとも家庭で行える非常時に役立つ食の知恵をお伝えします。

生命を繋ぐ食の3要素

私たちの生命を繋ぐために大切な3要素は水・塩・穀物です。

脱水症状に陥れば数日間で、体内から塩分が奪われれば体温の低下や意識障害など瞬時に生命の危険に脅かされます。熱中症を想像すればお分かりですね。

そして穀物。植物の中で最も高等と言われる穀物は種子を食べるもの。完全栄養と言われる穀物は私たちの身体を作るため、生命活動を維持するための栄養素をしっかり含んでいます。

以上の理由から、私たちがもしもの非常時に確保しておきたい食べ物は、水、塩、穀物なのです。次にそれぞれの要素についてひとつずつお伝えしていきます。

水の確保

今回の台風ではスーパーのレジには水のペットボトルを箱で買う人が多く見られました。長期に渡る場合には必要かもしれませんが、家で水を貯め置くことができます。

・お風呂の水をはっておく
・鍋に水を貯めておく
・夏場にお茶を入れていた容器に水を入れておく など。

その他、我が家では20リットルの水タンクが重宝しています。災害時に使用する機会はありがたいことにまだないのですが、蛇口がついているこの水タンク、いざという時には料理、手洗い、トイレに使えるので優れものです。ペットボトルを箱買いしても2リットル×6本で12リットル、と考えると、水タンクは1,000円前後の価格で折り畳み可能なタイプもありますので、備えておくと安心材料のひとつとなりますね。

塩の確保

塩とは塩分のこと。ミネラルを含む塩が身体の生命活動を維持してくれます。

そういう意味では、食べられる塩として梅干し、味噌を常備しておきたいものです。これらは常温保存もできる保存食。おにぎりの具にしたり、表面に塗ったりすれば立派な食事になります。

穀物の確保

私たちが持っている宝物であり、生命維持の基本の食物は穀物、つまりお米です。米こそ最高の保存食、おかゆや炒飯、炊き込みごはんなど手に入る食材と合わせることでバリエーションが豊富に広がるどんな食材とも相性の合う食物です。

カップ麺や菓子パンは数日で飽きても、毎日食べて飽きが来ないのも良いところですね。

停電時、「炊飯器でごはんが炊けない」と心配な方のために、ガスボンベの節約も可能なガスコンロでの炊飯をご紹介しますね。

【ガスコンロでの炊飯方法】
1.米の重量の1.1~1.2倍の水に30分以上浸水しておく。
米1カップ(180cc)に対して、水1カップ(200cc)で大丈夫。

2.フタをして中火にかけて、湯気が出たら弱火にして3分維持。

3.火からおろしてバスタオルをぐるぐる巻いて、電子レンジがあれば入れる。(保温性を高めるため)*重ね煮コゼーがある方は重ね煮コゼーへ入れてくださいね。

乾物も活用できる最高の保存食

とはいっても、米と味噌、梅干しだけでは不安ですよね。

そんな時には乾物を持っておくと役立ちます。特に、切り干し大根、ひじきがおすすめ。野菜と合わせて調理することで繊維やミネラル、ビタミンをしっかり補えます。

断水になりそうな時には、予め水で戻しておくと、戻し汁と共にカセットコンロで調理可能です。その場合にもバスタオルや重ね煮コゼーを使用すると、ガスボンベの節約になりますよ。また、重ね煮は最高に節水な調理法です。ぜひ重ね煮で作ってみてください。

これがあれば安心!のごはんと味噌汁

最後にガスコンロひとつで作れて、余っている野菜で手軽においしく作れるだしいらずの重ね煮味噌汁をご紹介します。重ねる順番を守れば、だしがなくともおいしくできる、さらには火の通りも早いのでガスボンベの節約にもなるのです。災害時には、グラムは計らなくとも、そこそこにおいしくなりますので大丈夫です。

ごはんと味噌汁、乾物の煮物があれば、生命も繋げて身体も整うという一石二鳥の災害食になりますね。

秋の重ね煮味噌汁
 
 
【材料と作り方】
--------〇---------
味噌   60g
油揚げ  1/2枚…細切り
ごぼう  20g…ささがき
人参   25g…いちょう切り
たまねぎ 60g…うす切り
さつまいも 80g…半月切り
きのこ  60g…ほぐす
--------------------
水   3カップ
ねぎ  1本…小口切り
 
1.鍋に図の順に材料を重ね、ひたひたの水を加えてフタをして中火にかける。
2.湯気が出たら弱火にし、野菜がやわらかくなれば、残りの水を加えて味をととのえる。
3.器に盛り、ねぎを散らす。
☆さつまいもはかぼちゃやじゃがいもに置きかえてもおいしくできます^^

生きる知恵が未来を作る

台風19号による警戒が叫ばれる中、スーパーの商品棚で品薄になったのは、菓子パンとカップ麺でした。私が見たスーパーでは、乾物は豊富にあり、米、味噌もしっかりありました。

菓子パンやカップ麺は一時的な空腹しのぎにはなっても、数日続くと飽きも来ますし、身体の不調を起こしやすくなります。そしてゴミが出ます!ゴミを燃やすと地球の温暖化が進みます!台風の一因ですよね。

また、台風は大型低気圧。気候の変化の影響を受けやすい私たちの身体は頭痛やめまい、ぜんそくなどの不調を起こしやすくもなります。そんな時こそ簡易的なインスタント食品よりも身体を整える非常食を選びたいものです。

私たちの行動が子ども達へと繋がる地球の未来を作っているといっても過言ではありません。

地球と共に、自然と共に、共存していく方法がここにありますし、家庭でも伝えていける生きる知恵です。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

2024/4/16

献立に迷う、時間がかかるから料理が苦痛、、、気づけば楽しめるようになっていました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Kさん(横浜市在住) 3歳、0歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で自分の作るものに自信がなく、子どものためにいいものを作りたいのに何を作ったらいいかわかりませんでした。毎日の献立を考えるのも、料理を作るのも、時間がかかって、料理が苦痛になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? まず重ね煮味噌汁が、家にある食材でさっと作れるようになりました。味噌汁1品だけでも具沢山で満足感があるので、味噌汁さえ作れれば大丈夫という気持ちになり、心 ...

続きを見る

2024/4/16

子どもが食べてくれない、栄養が足りているか心配、という不安がなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(神戸市在住) 4歳、1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で、レシピを見ないと作れず、毎日今日のごはんは何にしようと献立を考えたりするのも苦痛でした。 また、幼児食などの本を参考にして作ったりしても子供がなかなかごはんを食べてくれず、栄養が足りているのか心配でした。鼻がつまったり、咳風邪をよく引いたりと体調面も気になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 料理を作ることが楽しくなってきました!毎日の献立は相変わらず迷うこと ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.