重ね煮コラム

子供の身体と心を育てるお弁当の作り方③

こんにちは。
「重ね煮アカデミー」主宰
重ね煮健康料理研究家・田島恵です。

 

今までお話してきました身体と心を育てるお弁当を作るポイントは
・黄金比
・「根のもの、葉のもの、実のもの」を意識して入れる
でした。

 

 

今日は最後の一つ。
旬の野菜を意識して入れること。

 

幼稚園児のお弁当作りで気を付けていること。
島根大学教育学部のアンケートによると
第1位は彩り
2位は食べやすさ、3位は栄養バランスという結果です。
「旬の野菜を意識すること」はなんと全体の1.5%で11位。

 

けれども、お弁当作りで困っていることのアンケートについて
1位はレパートリーの少なさ、2位は栄養バランスは。
そして、お母さんが幼稚園児のお子さんに作りたいお弁当第1位
栄養バランスのよいお弁当という結果なのです。

 

子供の身体と心を育てるお弁当が作りたいのに困っている
ということが伺えます。

 

では、旬の野菜の取り入れ方についてお話ししますね。

 

が欲しいからミニトマトは必須でしょうか。
冬にも夏が旬のミニトマト。
でなく、冬に美味しいさつまいも、人参を入れていただきたいと思います。
時には皮つきのりんごもいいですね^^

 

が欲しいから冷凍枝豆常備でしょうか。
確かに夏は枝豆が美味しいですね^^
でも、他の季節にもその時期ならではの緑の葉物野菜は沢山あります。
夏にはピーマン、かぼちゃの皮の緑も美しいです。
冬はほうれん草、小松菜の美味しい時期ですね。

 

について。
毎回卵焼き、ゆで卵を作る必要はないのですよ。
夏はとうもろこし、かぼちゃ。
その他の季節は
じゃがいも、さつまいものイモ類が黄色の役割をしてくれますよ。

 

季節感あふれるお弁当が作れると、栄養バランスも整ってきますね。
どうですか?
季節ごとの野菜を使うことでレパートリーが増えましたよね^^

 

旬の野菜を入れることを意識すると
冷凍野菜を常備する必要もなくなり、
明日がお弁当と聞いて慌てて材料を買いに走るということもなくなります。

 

根菜類は常備しておき、
葉物野菜がなくなれば買い足すというように
お買い物も楽になりそうです^^

 

季節感感じるお弁当は子どもの心と味覚を育てます。

 

黄金比を意識する。
根のもの、葉もの、実ものを入れる。
旬の野菜を入れる

 

これはおうちごはんにおいても共通の
身体と心を育てる食事の大切なポイントです。

 

お子さんは豪華なお弁当や品数の多いお弁当を望んではいません。

 

お母さんと初めて離れての集団生活
お子さんも不安の中で頑張っています。
初めは食べきれるようにいつもより少な目がいいですね。

 

幼稚園でお弁当箱を開けた時にお母さんの味、においが感じられれば安心しますよ。

 

手をかけずに愛情をかけたお弁当作りを。
頑張って!お母さん。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2021/4/26

栄養素やカロリーは関係ない!

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   私たちは 「これは栄養がある。」 「これはビタミンがいっぱい。」 「これを食べると頭が良くなる。」 というように、食べることに目的をつけてしまいがち。   重ね煮アカデミーでは カロリー、栄養学は一切関係ありません。   「栄養がある。」は、西洋の栄養学から生まれた言葉。 エネルギーをつくるもの 身体をつくるもの 整えるもの すなわち 炭水化物 たんぱく質 脂質、野菜 をバランス良く、ということになるよう ...

続きを見る

2021/4/18

100%の生徒さんが調味料を変えました!【重ね煮アカデミー生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   皆さんは、どんな調味料を選んでいますか?   一般的には、 料理の味は調味料で決まると 思っているかもしれません。   調味料とは、正しくは 「調味料によって」 食材から引き出せる甘みや旨みが変わるのです。   重ね煮アカデミー養生科では 調味料について学びます。 生徒さんたちが課題として 調べて発表してくれます。   調べた結果、自分で納得!   全員の生徒さんが調味料を変 ...

続きを見る

2021/4/18

宅配の食材セットの購入をやめました!【重ね煮アカデミー養生科生のお声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   「宅配の食材セットの購入をやめました」 どういうこと?って思いますよね。 重ね煮アカデミーの生徒さんからのお声が届きました。 ご紹介させていただきますね。 ーーーーーーーーーーーーーーーーー (一部抜粋) 宅配会社の食材セットを 購入していたのをやめました。 野菜を沢山購入するようになり これまで使わなかった 根菜類を沢山使うようになりました。 料理を作ることに対して 「苦痛・面倒・できたらしたくない」 から「簡単・ラク・楽 ...

続きを見る

2021/4/15

3ヶ月で砂糖依存から脱出できました!【重ね煮アカデミー養生科生の声】

こんにちは。 「台所は家庭の薬箱」 重ね煮アカデミー 田島恵です。   「本当に自然に我慢しないで 砂糖離れできたことがすごいです!!!」   重ね煮アカデミーの生徒さんからの声が届きました。 甘いものをやめたい やめなければ、、、 多くのママのお悩みではないでしょうか? また、我慢する!しか、 解決策が見つからない問題だと思います。 実はこのお声、 3ヶ月前には砂糖をやめたい!どうしたら、、、? と言っていた生徒さんの声です。 どうしてこんなに変化できたのか 少しご紹介しますね。 & ...

続きを見る

2021/4/1

年中鼻をかんでいた夫の鼻炎が治りました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

S.Tさん 岡山県在住(ご家族5人、7歳、6歳、4歳のお子さんのママ) 年中鼻づまりの鼻炎がきっかけでした 忙しいとついお惣菜やマクドナルドで 済ませてしまうことが多く、 このままの食生活でいいのかな?と悩んでいました。 家族全員鼻炎でが、年中鼻づまりで苦しんでいる姿をみて 食べるものから体質改善したい、 食生活を整えたいと思いました。   養生科で印象に残ったこと ・身体に良いものではなくて、身体に馴染むものを選ぶ、ということ。 ・自分の選んだものや食生活を子供に手渡していく、ということ。 食 ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

朝15分で出来ちゃう!体が整う完食弁当テキスト

4800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、朝15分で出来ちゃう!体が整う完食弁当のレシピテキストをご登録者にプレゼントします。


 

もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2021 All Rights Reserved.