重ね煮コラム

赤ちゃんはなぜ薄味が良いの?~大切な味覚の話②~

 

甘味、塩味、酸味、苦味、うま味
味覚は味を楽しむだけでなく
自分自身の身体を守るために必要なもの。

赤ちゃんはなぜ薄味が良いの?~大切な味覚の話①~

その大切な味覚を司っているのは
舌の表面に存在している味蕾細胞。

 

味蕾細胞がさまざまな種類の味覚をキャッチして
大脳へ送り、味を感じる仕組みになっています。

 

味蕾細胞の数は生まれてから増え続け
12~15歳がピーク
その後減少していくと言われています。
ところが
ピーク時期にあるはずの子どもの味覚障害が増えている!

 

味蕾細胞は敏感で繊細。

刺激物、添加物、薬、濃い味つけで
簡単に傷つけられてしまいます。

 

東京医科歯科大学研究グループによる味覚実験を行った際
味覚障害のあった子供には
ファストフードを食べることが多い
清涼飲料水を毎日飲んでいる

という共通点がみられたという報告があります。

 

 

ファーストフード、インスタント食品、
コンビニエンスストアのおにぎり、
花粉症の薬、風邪薬、
炭酸飲料
赤ちゃんの場合はレトルトの離乳食

などを常食してしまうと、、、

 

113ca879fcba8c7ef268377b9db6e28c_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傷つけられっぱなしの味蕾細胞は再生不能、
感度が鈍くなり、結果「味覚障害」を引き起こすのです
味覚障害になってしまうと

素材の味が楽しめない
濃い味つけのものしか美味しく感じない
酸味と塩味の区別がつかない

 

など
味付けの濃いもの、油っぽいものを好む傾向にあり、
「食べること」の楽しみが減るだけでなく
体の不調を引き起こす原因になってしまうのです。

 

大切なお子さんの味覚を守り、
健康に育てるにはどうすればいいでしょうか?

 

もうお分かりだと思います。

 

続く-

 

 

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2019/10/12

私の花粉症、夫の胃腸の不調、子どもたちの副鼻腔炎まで、体質や遺伝だと諦めていた我が家の不調は全部解決できました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

飯島 美歌さん 鎌倉市在住(ご家族4人)                       養生科で印象に残っていること 砂糖も油も使わないで、美味しくて家族みんなが満足できる食事が作れるようになったこと。 重ね煮と出会ってすぐの頃、正直「数日ならよくても、そのうち物足りなくなるのでは?」と思っていました。ところが、重ね煮ならではの調和のとれたほんのりまぁるい味は我が家の家族の胃袋をギューっと掴んで放しませんでした。物足りないどころか「今日のご飯も美味しいね!」と言ってくれるようになり嬉しかったです。 今まで肉 ...

続きを見る

2019/10/11

休みがちだった娘がほとんど休まず幼稚園へ行けるようになりました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

岡田久仁子さん 神奈川県在住(ご家族3人) 養生科で印象に残ったこと ・季節のものを沢山食べることができること ・少ない調味料で素材の深い味わいとうまみを丸ごと吸収できること ・どんな時でも「これを食べていれば大丈夫!」と思えたこと ・調味料などの食材選びを学んだことで、「意識すること」の大切さを感じたこと ご家族ご自身の変化 ・野菜を沢山食べるようになりました。 ・一年の3分の1はお休みしていた娘が休みなく幼稚園へ行けるようになり、病院へも行かなくなったこと。 ・身体の調子が良くないと感じると、家族の方 ...

続きを見る

2019/10/5

夫も子どもも野菜が食べられるようになった!【重ね煮アカデミー基礎科修了生のお声】

溝口泰子さん 横浜市在住(ご家族3人) 基礎科で印象に残ったこと 油の使い方。 重ね煮では全体食として摂るため、抽出した液体の油を意識して摂らなくても十分だということ。 ご家族ご自身の変化 調味料の選び方や油の使い方が変わり、味つけに困らなくなりました。 重ね煮を始めてからだんだんと身体が整ってくるのが分かるようになり、外食が続いたり、甘いものを取り過ぎた時は身体が重く体調を崩すことに気がつきました。自分の取説ができました。 手当てができるようになり、病院のお世話になることが減りました。 重ね煮した野菜な ...

続きを見る

2019/10/5

「重ね煮」が料理の当たり前に!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

田中夕子さん 岩手県在住(ご家族4人) 養生科で印象に残ったこと 特別に手の込んだ料理を作らなくてもこんなにも美味しくできるんだ!ということ。 どこか似ているのか志が共通している方達と共に学べて毎回楽しく半年間があっという間でした。 ご家族ご自身の変化 「重ね煮」が料理の当たり前になっていて「これはどう重ねたら美味しくなるかな。」と必ず考えるようになりました。時間がなくてもお味噌汁だけでもささっと作れるので、苦なく料理ができ、台所に立つのが楽しくなりました。子ども達もいつの間にか味を覚えて「今日はスープが ...

続きを見る

2019/9/27

調子が良くない時は子どもが自分から葛ねりや梅醤番茶が欲しいと言うようになりました!【重ね煮アカデミー応用科修了生のお声】

山口絵里さん 小田原市在住(ご家族4人) 応用科で印象に残ったこと やはり陰陽の重ね方を逆にした実験です。味の違いを感じて言葉にして初めて、まるい味を知り、正しい順番に重ねようと感じました。 野菜の陰陽の見方も形や根っこなど様々な視点があること、それぞれが関係していることが興味深かったです。 ご家族ご自身の変化 応用科で学んだ魚料理や味付けでレパートリーが増えて、献立の考え方も楽になりました。 子どもが風邪を引かなくなり、たまに引いても長引かなくなりました。調子が良くない時は子どもが自分から葛ねりや梅醤番 ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

ママと子供のためのかんたんお手当法〜のどが痛い時編〜

3200名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「かんたんお手当法〜のどが痛い編」をご登録者にプレゼント!


もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2019 All Rights Reserved.