んにちは^^田島恵です。

 
読者さんより
日々沢山のメッセージを
いただいています。
ありがとうございます。
 
 
 
今日は
重ね煮味噌汁の味噌について。

Mさん、ありがとうございます。
こちらから
お答えさせていただきますね。

 
 
 
 
「栄養素の講座を受講した時
味噌に入っている酵素は熱に弱く

酵素を取り入れたい場合は
極力生で摂るように言われました。
 
味は別として
身体によいのは
酵素がメインがよいのか
調和メインがよいのか

どちらでしょうか?」

 
 
 
 

重ね煮味噌汁を作る時は、
陰性の食材から
陽性の食材までを重ねて、
さらに上に味噌をのせて
火にかけますね。
 
 
IMG_1584☆.jpg
 
 
今までの当たり前とは異なるので
疑問に思われて当然だと思います。
 
 
 
ですが、
 
 
酵素学を学ばれた方が
よく言われる
「酵素を摂る」ということ。
 
 
 
私は必要性を感じません。

なぜなら、
酵素を
外から摂ることに
意識を向けるよりも

本来体内に持っている
内の酵素を
大切にする方が

 
自然で無理がない
と思っているからです。

 
 
酵素を摂るために

生で味噌を食べて
生野菜を食べて
果物を食べて、、、

 
ってどうでしょう?
 
 
 
胃で分解されて
なくなる酵素
(↑私はこう想っています)
をせっせと摂っていても

体内にある消化酵素は
生のものを懸命に
消化、分解しなきゃいけない!
.

.
.
疲弊しちゃいますね。
 
 
 
消化器官、つまり
胃腸に負担がかかる食べ方を
しないこと
 
 
これは
本来持っている消化酵素を
大切にしてあげることであり、

健康に繋がると想っています。

 
 
 
 
もうひとつ
気になるのは
メッセージの中の
 
味は別として
身体によいのは
酵素がメインがよいのか
調和メインがよいのか」

というところ。

 
 
 
どうして
味は別なのでしょう?
 
 
「おいしい」と感じて
食べることは
とても大切だと想います。
 
 
 
身体によい
という表現

色々な意味合いがあり

誤解を生じやすいですよね。
私個人的にはあまり好きでなく
使いません。
 
 
 
 
 
 
なぜなら
身体によい
と信じているものを

頑張って摂り
摂り過ぎることで
かえって体調を崩している方
を沢山見てきているからです。

 
 
 
身体によいものが
健康ではない。
 
 
身体になじむものが
健康を作ります。
 
 
 
 
 
重ね煮味噌汁は、
鍋の中の食材を
「調和」させる
ことを大切にしています。
 
 
調和の味は
ほんのり甘みを感じる
まるい味。
 
 
 
調和させるためには、
鍋の中で
対流を起こしたいので
 
初めに味噌を
重ねておくのです。
 
 
 
 
味噌には

サバの味噌煮、
味噌煮込みにも使われるように
食材をやわらかく仕上げるチカラ
もありますね。

 
 
 
実際に
野菜だけを重ね煮してから
味噌を後から入れてみた
生徒さんが
いらっしゃいます。
 
 
 
「全然味が違いました!
最初から味噌を入れた方が
断然美味しかったです。」
と言われています。
 
 
 
 
 
どうしたいか、
どう味わいたいか
によって
味噌の扱い方」
変わってきますね。
 
 
 
 
そして
おいしい
どんな時も
一番大切にしたいことです。
 
 
きのことさつまいもの重ね煮味噌汁.jpg
 
 
 
これまでココに引っかかって
作っていなかったという方
だまされたと思って(笑)
味噌まで重ねてみてください。
 
 
 
 
新たな発見に
感動していただけると
思います^^
 
 
 
 
 

《重ね煮1Day体験クラス日程》
追加開催決定

3月1日(金)
10時30分から13時30分

お申込み、詳細はこちらから

http://megu-kasaneni.com/taiken/


お申込みは明日午前9時からです。
 
 
 

365日の重ね煮レターレシピ☆時短ママの知恵袋☆

2600名を超える全国のママさんに愛読いただいている
365日の重ね煮レターレシピ(無料メールマガジン)です。

今なら、無料メールマガジン登録で、

パパも子供も大満足!
朝15分で出来ちゃう身体が整う完食弁当

をプレゼントしています。



▼登録はこちらから▼

メールアドレス ※必須
名前(姓)
 
2019年体験レッスン最新日程

毎回満員御礼をいただいております。

少人数で丁寧にわかりやすく
重ね煮の理論と調理が一日で分かる

重ね煮アカデミー®1Day体験クラス詳細はこちら

重ね煮アカデミー体験レッスン