【養生科】幸せのお声

「砂糖なしで料理を作るには」を探していました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

K.A.さん
東京都在住(年長の女の子と2歳の男の子2人のママ、ご家族4人)

「砂糖なしで料理を作るには」を探していた時に出会ったのがきっかけです。

私や家族はこのような↓不調を抱えていたので、「砂糖なしで料理を作るにはどうすればよいか」で検索したり探していました。その時に、重ね煮に出会ったのがきっかけです。

 

①長女の赤ちゃんの頃からの便秘毎日の薬と、出ないときは浣腸使用。

②母、祖母、曾祖母がすい臓がんで亡くなったこと。糖尿病だったこと。

③私が2人目産後から生理が止まりホルモン薬で生理を起こしていること。体重が増えないことが原因らしいです。

④長男がごはんと味噌汁を好んで食べないこと(肉、魚、卵、豆腐なら食べる)

⑤夫がお腹が弱くそれに伴い痔になること。うつになったことがあること。

 

長女の便秘の薬の種類や頻度が減りました。

長女の便秘は2種類の薬⇨1種類⇨1/3包を、隔日まで減らすことができています。

 

長女も長男もごはん好きになりました。

パンが何より好きな長女でしたが、今ではすっかりご飯大好きになりました。もちろん時々のパンの時は嬉しそうに大喜びで食べます(^^)

 

かつて野菜を残していた長男も今は見る影もなく…今はおそらくほとんどのものを平らげるほど三度の飯を楽しみにしている息子です。「ごはんなんだろなー♪」と毎日体内時計で知らせてくるのでそれはそれでプレッシャーです(笑)悩んで「食べなさい!」と怒っていた過去の自分に教えてあげたいです。食べるようになるんですね。

 

季節の変わり目には「食」の衣替えの必要があることを学びました。

「季節の変わり目」の過ごし方が大切なのだということに気が付きました。よく相手を気遣う言葉で「季節の変わり目ですのでご自愛ください」と使いますが、それは衣服の調節や生活習慣などのことだと思っていました。でもそれだけでなく「食」も衣替えの必要があること。季節に添って徐々に体を慣らしていくことが大事なのだと学びました。

 

新しい情報に出会っても、立ち戻る原点や軸ができました。

個人個人の体の弱いところを完全に治そうとするのではなくどこが弱いのか知った上で体の声を聞きながら調子を整えていくこと「どこか一つを完全に治そう」とある一定の食べ物をとったり偏ったことをしていると他の器官に負担が出ること。

 

だからこそ、「調和」させて丸い味にして心も体も中庸に近づけていくこと。

 

私は考え方に芯が無くていつも人の良いところを見ては羨ましく思ったり新しい情報にも左右されてブレブレなことを悩んでいました(今も)でも、何事もほどほどで、一つ軸を持っていればまたそこに向かって軌道修正すれば良いんだということを重ね煮アカデミーで教えていただいたような気がします。

 

これからも迷ったときには「日本人が昔から食べてきたもの」「体に馴染むもの」という原点に立ち戻り、それ以外の食べ物は「お楽しみのもの」として捉え、家族と一緒に笑顔で食事の時間を楽しみたいと思いました。最後の時間ギリギリまで私の疑問や悩みに丁寧にお答えくださったこと感謝いたします。

 

食だけでなく心のケアも合わせて行っていくことが大事、という気づきが印象的でした。

保育園に通いだし月に1回は鼻かぜをひく長男のことを相談したときに、「波はあると思うけれど自分で戻すことができるようになってくる。”もどり”が早くなってくる」とおっしゃっていたこと。

重ね煮を続けているのに風邪をひいてしまうことに焦りを感じていた時だったので、恵先生の目先のことにとらわれない先を見据えた広い視点にホッとしたのを覚えています。

 

また、これは少し外れるかもしれませんが「食の力だけでは変えられないこともある。心と体は繋がっているからそこもしっかりとケアしてあげること」とおっしゃっていたことがハッとしました。

 

恵先生はこんな人

♡芯が通っていてどんな質問に対しても、迷うことなく真摯に答えてくださります。

♡だからこそ、それ以外のところはおおらかでとても柔軟な考えで過ごしていらっしゃるように思います。子育ても。

♡お洋服がいつも素敵です。特に濃いピンクがとてもお似合いだと思いました(*'▽')

♡レターレシピでのヒストリーが楽しすぎました!幼少期のお話とかご主人との出会いとか!

 

こんな方におすすめしたい

新しい健康法も試したい。けれど「食に対する軸を持っていたい」と思っている人。

 

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

2024/4/16

献立に迷う、時間がかかるから料理が苦痛、、、気づけば楽しめるようになっていました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Kさん(横浜市在住) 3歳、0歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で自分の作るものに自信がなく、子どものためにいいものを作りたいのに何を作ったらいいかわかりませんでした。毎日の献立を考えるのも、料理を作るのも、時間がかかって、料理が苦痛になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? まず重ね煮味噌汁が、家にある食材でさっと作れるようになりました。味噌汁1品だけでも具沢山で満足感があるので、味噌汁さえ作れれば大丈夫という気持ちになり、心 ...

続きを見る

2024/4/16

子どもが食べてくれない、栄養が足りているか心配、という不安がなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(神戸市在住) 4歳、1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で、レシピを見ないと作れず、毎日今日のごはんは何にしようと献立を考えたりするのも苦痛でした。 また、幼児食などの本を参考にして作ったりしても子供がなかなかごはんを食べてくれず、栄養が足りているのか心配でした。鼻がつまったり、咳風邪をよく引いたりと体調面も気になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 料理を作ることが楽しくなってきました!毎日の献立は相変わらず迷うこと ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.