重ね煮コラム

子供の野菜嫌いを克服する方法④食で育む心と身体

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

お子さんのこんな行動に悩んでいませんか?

 

・野菜だけよけて食べる…

・緑色がみえた瞬間、嫌がって食べない…

・偏食がひどく、お米や甘いものばっかり…

 

多くのママが悩むお子さんの「野菜嫌い」

 

重ね煮を伝えながら、また2人の息子の子育てを通じて、私も多くの野菜嫌いのお子さんを持つママに出会ってきました。

 

その中で私が感じた、野菜嫌いや偏食のお子さんを持つママ共通する4つの点について、お話します。 
(あくまでも、私が感じたことなので絶対ではありませんが・・・)

 

野菜嫌い・偏食のお子さんを持つママの共通点4つ!

1.思い込みが強い

2.教育熱心

3.知識が豊富

4.子供への愛情が深い

 

一つずつ見ていきますね。
今日は最後の「4.子供への愛情が深い」について。

 

お子さんの野菜嫌いでお悩みのママの、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

★「1.思い込みが強い」「2.教育熱心」「3.知識が豊富」については、こちら↓をご覧ください。

子供の野菜嫌いを克服する方法①ママの思い込みはありませんか?
子供の野菜嫌いを克服する方法②教育熱心なママは要注意!?
子供の野菜嫌いを克服する方法③知識豊富なママが陥りがちなこと

 

子供の野菜嫌いをなおすには
ママが「軸」を持つことが必要です

子供への愛情が深いママ。

 

子供の笑顔が見られだけで幸せ。
これは全世界共通のママの想いですね。

 

では、何を食べている時
お子さんの笑顔が見られるでしょうか?

 

ジュース?
アイスクリーム?
お菓子?
お寿司?
唐揚げ?

 

もちろんこればっかりではないと思いますが。

 

野菜が苦手だと思い込んでいるお子さんの場合は、野菜料理を見ると嫌だ、と文句を言うかもしれません。泣いて訴えるかもしれません。

 

そんな時どうしますか?

 

お子さんの笑顔が見たいから、喜んで食べてくれそうなものを代わりに出しちゃいますか?

食べなくてもいいよ、と下げますか?

お弁当にはお子さんが喜んで食べそうなものばかりを入れますか?

 

おじいちゃん、おばあちゃんなら、これも仕方ないかな^^と、思う部分もあります。

 

お子さんが可愛いばかりに、食べられないものは食べさせない。

代わりに野菜ジュースやサプリメントで補っているから大丈夫。

 

というママがいるのも事実なのです。

 

けれども、

 

ママには「子供の心身を育てる」という大事な仕事があるのです。

 

ここは、一つの軸を持っていただきたいなと思います。

 

野菜嫌いをなおすために必要な
ママの「軸」とは?

軸を持つってどういうこと?

 

そんなふうに思うかもしれません。

 

例えば、

 

・家族皆で同じものを食べよう。

・どうしても苦手なものは避けてもいいけれども、一口は食べてみよう。

 

など、ママなりの軸で構わないと思います^^

 

ママはあなたのことを大切に想っているから、元気に育ってもらいたい

 

その想いを食卓にのせていく。

 

その想い・姿勢が大切であり、お子さんにもきっと伝わります。

 

とはいっても、苦手と分かっているものばかり食卓にあげていてはお子さんもゲンナリしてしまいますね。。。

 

では、どんな食卓にすると良いでしょうか?

 

子供の野菜嫌いをなおす
心と身体を育む食卓

まず初めは、

 

絶対食べるものと

頑張ったら食べれそうなもの

 

その両方を並べると無理がないのでは、と思います。

 

お子さんの好みで献立を決めるのでなくお子さんの体調をみて季節感のある献立が作れるようになるといいですね。

 

それが心身を育む食卓につながると思っています。

 

食べ物に限らず、
今の時代はゲームの問題、スマホの問題、と気になることが山積み。

 

迷うのは当然!
ママは大変だなぁ。
子育てしづらいだろうなと感じています。

 

けれども、

 

どんな人間に育ってもらいたいのか(学力云々でなく)、そのためにどうしたいか

 

そのを大切にしつつ、お子さんに姿勢を見せていくこと。

 

それはママの想いを伝えることにもなり、親子の信頼関係も築かれていくのだと思っています。

 

お子さんの野菜嫌いはなおせるのですよ^^

 

いかがでしたか?
子供への愛情が深いあまり、ついつい好きなものばかりを食卓に出してしまいがちですが、ママには「子供の心身を育てる」という大切な仕事があります。ママなりの軸を持って、食卓を整えていきたいですね^^

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。
野菜嫌いの子供がパクパク食べる!レシピ、食べ方のヒントも満載です。ぜひ、登録してくださいね^^

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

2024/4/16

献立に迷う、時間がかかるから料理が苦痛、、、気づけば楽しめるようになっていました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Kさん(横浜市在住) 3歳、0歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で自分の作るものに自信がなく、子どものためにいいものを作りたいのに何を作ったらいいかわかりませんでした。毎日の献立を考えるのも、料理を作るのも、時間がかかって、料理が苦痛になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? まず重ね煮味噌汁が、家にある食材でさっと作れるようになりました。味噌汁1品だけでも具沢山で満足感があるので、味噌汁さえ作れれば大丈夫という気持ちになり、心 ...

続きを見る

2024/4/16

子どもが食べてくれない、栄養が足りているか心配、という不安がなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(神戸市在住) 4歳、1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で、レシピを見ないと作れず、毎日今日のごはんは何にしようと献立を考えたりするのも苦痛でした。 また、幼児食などの本を参考にして作ったりしても子供がなかなかごはんを食べてくれず、栄養が足りているのか心配でした。鼻がつまったり、咳風邪をよく引いたりと体調面も気になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 料理を作ることが楽しくなってきました!毎日の献立は相変わらず迷うこと ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.