重ね煮コラム

綺麗に料理する…とは?

綺麗に料理する…とは?

こんにちは、田島恵です。

皆さんは、綺麗な料理、と言われて
何が思い浮かぶでしょうか?

豪華なテーブルや、美しい盛り付け、
器用な包丁さばき、美しい手先……。
などが想像されますよね。

 

ところが、先日。

体験クラスの参加者さんから
「綺麗にお料理されている」
というお声で目から鱗が落ちました。

綺麗なのは、もちろん私ではありません。
手が美しい訳でも、包丁さばきが素晴らしい訳でもない私。

それを綺麗に見せてくれていたのは「重ね煮」だったんです。

 

 

料理界の座禅!過程のすべてが美しい「重ね煮」

「重ね煮」を料理界の座禅のよう、と表した方がいます。

これは、全くその通りで、
「重ね煮」が完成するまでの過程は、
とても美しいものです。

 「重ね煮」が洗練された料理だと言われる理由。

それは、なんといっても、ゴミが出ないこと

〇全体食なので、皮むきをしない。
〇ネギの根っこや玉ねぎのしっぽはおいしさの宝庫
(絶対に捨てず、一緒に調理します)

など、とにかくエコな調理法であることが分かります。

 

これまで皮をむいたり水にさらしたりしていた方には
特に「綺麗」で「無駄がない」と感じられるようです。

生徒さんからは、
「食材を大切に使い、無駄にしないから
重ね煮は料理をしていて気持ちがいいんです」
という声もいただきました。

 

「重ね煮」の素晴らしさは、他にもあります。

注目したいのは、片付けながら料理を行える点。

〇味噌をすくったさじは、鍋の上から水を流し洗ってしまう。
(さじも洗えるし、鍋に水も入れられる一石二鳥な方法です)
〇すりこぎについた和え衣は野菜で拭う。
〇すり鉢の溝に入った和え衣は
野菜をすり鉢の目にそって動かしてこそげる。

 という風に、とことん材料や自然と大切にしている「重ね煮」

これは「食」への感謝の気持ち、
そして、食材を無駄にしないようにという想いから
生まれるものだと感じています。

 

「重ね煮」は、食べ物へ敬意を払うことで、
食材、
そして調理している人間を綺麗に見せてくれる力があります。

作る気持ちよさ、そして美しさを、
是非多くの方に知って頂きたいと思います。

 

「重ね煮」への愛情が薄れない理由

 重ね煮アカデミーの体験クラスへご参加くださった方のお声として、

〇簡単なのにおいしい!
〇野菜がたっぷり摂れますね。
〇砂糖も油も必要ないなんて驚きました。
といった、感想をたくさん頂きます。

 これらは私としても、
「驚いていただきたい」
「気付いていただきたい」重ね煮の持つ魅力。

 それだけでなく、今後は、
「重ね煮の綺麗さも伝えていきたい」
と、体験クラスのお声を通じて感じました。

 

綺麗とは、
目で見て美しいこと、
一連の動作に無駄のないことを意味します。


作っていると、心が自然に整っていく。
そんな「重ね煮」に出会い16年目。

エゴイズムでなく、ありのままを受け入れる姿勢に
惚れ込んでいるのだな、と気付かされます。

自分だけでなく、周りを幸せにできる「重ね煮」という料理。

落ち込んでいる時。
嫌なことがあった時。
体に元気が足りない時。
自分を労わってあげたい時。

心の整理整頓をしながら、
様々な場面で楽しんでみませんか?

 

これからも皆さまと、穏やかな気持ちで、
レッスンを、重ねていければと思っています。

 

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2020/1/3

毎日の献立に悩んでいたのに、台所が楽しい場所になりました!【重ね煮アカデミー応用科修了生のお声】

古川香織さん 静岡県在住(ご家族3人) 応用科で印象に残ったこと 陰陽の順に重ねずに、逆の重ね方での実習が何といっても面白かったです。逆に重ねると、甘い香りがしない、まるい味わいにならないことに驚きました。また、ワークショップに取り組めたことでより理解が深まりました。ま ご家族ご自身の変化 朝はごはんと重ね煮味噌汁が定着しました。おかげで家族は病気知らずです。 毎日の献立にあれだけ悩んでいたのに、食べ方の軸を学んでからは迷いがなくなり、旬の野菜をおいしくいただけて台所が楽しい場所になりました。 田島先生は ...

続きを見る

2019/12/24

【重ね煮ワークショプのお声】強いからだを作れるごはんを作りたい!

酒井 清香さん 重ね煮ワークショップ@大阪へご参加くださいました。                      受講のきっかけ 重ね煮をもっと作ってみたい、と思って受講しました。メールマガジンを読み、いつか先生にお会いしたいと思っていました。会えて嬉しかったです。今後も楽しみにしています。 受講されてのご感想 早い!おいしい! 始めの理論で沢山学べました。強いからだを作れるごはんを作りたいと思います。奥深くてとても勉強になりました。 離乳食に早速食べさせてみたいです。 先生はこんな人 穏やかでとても温かい方 ...

続きを見る

2019/12/23

【重ね煮ワークショップ】お味噌汁の味が全然違いました!

辻井 愛子さん 重ね煮ワークショップ@大阪へご参加くださいました。                      受講のきっかけ メルマガと本で重ね煮を実践していましたが、先生が作る味を食べてみたい、お話を聞きたいと思い受講しました。 子供が食べ過ぎるため、食べる適量が分かりません。また、沢山の品数を作ることが難しいこと、子供が歯ごたえのあるものを食べないことに困っていました。 受講されてのご感想 切り干し大根の煮物を最後まで混ぜなかったことに驚きました。混ぜないでもしっかり味が沁みていました。お味噌汁の味が ...

続きを見る

2019/12/23

【重ね煮ワークショップ】離乳食をおいしく食べさせたいです。

瀬戸 華世さん(ご家族3人)                       受講のきっかけ 重ね煮レッスンを受けてみたかったからです。 娘の離乳食を美味しく、簡単に作って、カラダにいいものを食べさせてあげたいです。 受講されてのご感想 レッスンの雰囲気がすごく明るくて、質問にも丁寧に答えてくださっていました。とても楽しかったです。 離乳食で重ね煮を取り入れたいです。 先生はこんな人 お写真でも綺麗な方だと思っていましたが、実際にお会いすると綺麗なだけでなく、すごく朗らかで優しい雰囲気を持っていられてファンに ...

続きを見る

2019/10/12

私の花粉症、夫の胃腸の不調、子どもたちの副鼻腔炎まで、体質や遺伝だと諦めていた我が家の不調は全部解決できました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

飯島 美歌さん 鎌倉市在住(ご家族4人)                       養生科で印象に残っていること 砂糖も油も使わないで、美味しくて家族みんなが満足できる食事が作れるようになったこと。 重ね煮と出会ってすぐの頃、正直「数日ならよくても、そのうち物足りなくなるのでは?」と思っていました。ところが、重ね煮ならではの調和のとれたほんのりまぁるい味は我が家の家族の胃袋をギューっと掴んで放しませんでした。物足りないどころか「今日のご飯も美味しいね!」と言ってくれるようになり嬉しかったです。 今まで肉 ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

ママと子供のためのかんたんお手当法〜のどが痛い時編〜

3500名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「かんたんお手当法〜のどが痛い編」をご登録者にプレゼント!


 

もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2020 All Rights Reserved.