重ね煮コラム

子供の野菜嫌いをなおせるお母さん、なおせないお母さん③

こんにちは。
「重ね煮アカデミー」主宰
重ね煮健康料理研究家・田島恵です。

 

重ね煮を伝えながら、
また2人の息子の子育てを通じて、
多くのお母さんと触れ合ってきました。

 

今までの経験の中で私が感じた
野菜嫌いや偏食のお子さんを持つお母さんに共通するいくつかの点
についてお話したいなと想います。
(あくまでも、私が感じたことなので絶対ではありませんが・・・)

 

1.思い込みが強い
2.教育熱心
3.知識が豊富
4.子供への愛情が深い

 

 

今日は3について

 

知識が豊富なお母さん。
子供の成長に必要な栄養素についてよく知っていたり
食品添加物、遺伝子組み換え、環境問題に詳しかったり。

 

食べ物が子供の身体へ及ぼす影響についてよく分かっていて

知識もしっかりあるお母さんです。

 

食べる時、選ぶ時の基準
「おいしいか、おいしくないか」よりも
「安全か、安全でないか」
「必要か、必要でないか」

に偏りがちなように思います。

熱が出ると〇〇ピタと〇〇リ〇〇ット。
夏場の外出には必ず〇〇リ〇〇ットを持たせるお母さんも
多いように感じています。

 

この場合のお子さんの食べ方としては足し算の連続
飽和状態になりがちなのですよね。

 

汗をかくほどの運動をしていないのに、夏は〇〇リ〇〇ット
お腹が減っていないのに、たんぱく質が必要だからお肉を食べさせる
野菜は大切だけれども、それよりも良質のたんぱく源のお肉、卵。
となると、自ら食べたいという意欲が減ってしまうのも気になるところです。

 

空腹は最大の調味料と言いますね。
お子さんの様子を見て
しっかりお腹をすかせた状態で食事にする。

 

その上であまり手をかけないシンプルな食卓を整えられたら
嬉しいですね^^
手をかけないシンプルな食卓の作り方がわからないというお母さん。

 

切って重ねて火にかけるだけ。
の重ね煮をぜひ試していただきたいと想います。

 

子供の野菜嫌いはなおせるのですよ^^

 

2016年10月開講分
重ね煮アカデミー1Day体験クラスは6月中旬スタート予定です。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2022/11/21

薬に頼ることなく便秘が改善!「美味しい!」が聞けた。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

K.Kさん(長野県在住) 4歳の女の子の働くママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 娘の便秘と汁物を飲まないことに悩んでいました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 娘はいつの間にか薬に頼ることなく便秘が改善し、汁物も飲むようになりました。とくに味噌汁は「美味しい」と言って飲み干すようになりました。   また、娘が風邪をひいたりしたときに食べられるものが限られていて、栄養面や消化が気になっていました。教えてもらったポタージュ等、家で出来る手当を学べたことがとても ...

続きを見る

2022/10/13

アトピーの痒みで夜中に起きることがなくなり、肌がすべすべに変わっていました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

M.Kさん(埼玉県在住) 小学生の女の子の働くママ 重ね煮アカデミーで学んだきっかけは何でしたか? 自身が子供のころからアトピーだったことと、 今は問題ない娘について今後も安心な生活をさせたかったことから 学ぼうと決めました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 養生科、基礎科と1年学ばせていただいて、 ふと気が付けば、夫に時々もらって飲んでいた 花粉症の薬を今年は1度ももらわずに済んでいました。 ザラザラなのが当たり前だった 肌のさわり心地がすべすべに変わっていました。 痒みで就寝中起き ...

続きを見る

2022/9/8

母娘で花粉症用メガネ、目薬、内服薬を手放すことができました!!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Kさん(茨城県在住) 6歳、3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 20年以上悩まされてきた花粉症が とても軽くなりました! 今までは、花粉の時期に外出するときは 花粉症用メガネとマスクが必須 薬も飲んでいました。 目の痒みがとにかく辛く、 グリグリこすって 目の周りがヒリヒリなったり、 鼻が詰まって寝苦しかったり、 憂鬱な毎日でした。 重ね煮を始めて約9ヶ月で迎えた 花粉シーズン、 自分でも信じられないほど目の痒みがなく、 一度も目をグリグリこすりませんでした! く ...

続きを見る

2022/9/2

時短のためのレンチンや作り置きをしなくて良くなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

R.Yさん(滋賀県在住) 3歳、1歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 家族そろって、「いただきます」から「ごちそうさま」までしたい。 子どもに完食してほしい。 長男のアトピーを治したい。 腸内環境を改善して、体調不良時にも食事で改善の手助けをしたい。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 食に対する基準ができたので、あふれる食情報に迷わなくなりました。 色々なものを「おいしい!」と食べることができています。 重ねて煮るだけなので、時短のためのレンチンとか冷凍の ...

続きを見る

2022/8/16

子供のアレルギー性鼻炎や肌荒れ、咳での通院が続いていました。学んでからは歯医者以外の病院へ行っていません。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

A.Yさん(茨城県在住) 中学生、幼稚園の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 子どものアレルギー性鼻炎や、肌荒れ、 咳などでの通院、薬の服用が続くことに 疑問を感じながらも辞められないことに 悩んでいました。 良いと聞いたものはいろいろ試してきたけど そこまでの改善は感じられず。。。 私自身も軸が定まらず、自信がなく、 家族の健康に対して不安が大きかったです。 重ね煮アカデミーで学び、どんな変化がありましたか? いろいろ調べて 重ね煮アカデミーにたどりつきました。 以前から東洋 ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

5800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2022 All Rights Reserved.