重ね煮コラム

夏から秋への野菜の端境期には乾物を!一番美味しい戻し方

こんにちは。
「台所は家庭の薬箱」
重ね煮アカデミー 田島恵です。

 

夏から秋への季節の変わり目、野菜の種類が極端に減る「端境期」ですね。

 

この端境期におすすめの食材があります。

 

干ししいたけ、ひじき、切り干し大根などの乾物です。

 

今日は、端境期に乾物をおすすめする理由と、美味しい乾物の戻し方をご紹介します。

 

今まで乾物をあまり使ったことがない・・・

 

というママも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

夏から秋への季節の変わり目
端境期には乾物の活用がおすすめ!

端境期とは季節の変わり目の収穫できる野菜が少なくなる時期のこと。年に2回、夏と冬にあります。

 

夏の端境期は夏野菜から秋野菜に変わる時期(9月)、
冬の端境期は冬野菜から春野菜に変わる時期(3、4月)のことを言います。

 

今は夏の端境期ですね。

 

今でこそハウス栽培等が一般的になったことで、スーパーに行けば季節問わず色々な野菜が手に入るようになりましたが、端境期には、旬ではない野菜を買うより、ぜひ、乾物を活用していただきたいと思います。

 

端境期に乾物をおすすめする理由

端境期に乾物をおすすめする理由は3つあります。

 

①旨味と栄養価が高い

乾物はで食べるよりも、旨みも栄養価もぎゅっと凝縮されていて、とても高いのですよ。

 

例えば、干ししいたけ。
ビタミンD含有量は、生のものの10倍。干しいたけ2枚中に含まれるビタミンD量は、1日に必要なビタミンD量のほぼ3分の1なのです。

 

一方、旬でない時期の野菜は、旬の時期に比べて、その栄養価は2分の1ほどになってしまう、というデータがあります。また、味をみても、旬でない時期の野菜は、残念ながら味も風味も劣ってしまうのです。

 

旬の時期の食材を乾燥させて作る乾物は、旨味も栄養もたっぷり!食べない手はないですね^^

 

②価格が安定している

端境期には野菜の価格が高くなる傾向にありますが、乾物は一年を通して価格が安定しています。価格面でもおすすめですよ^^

 

③身体に馴染む

私たち日本人は昔から、端境期には乾物を食べてきました。端境期は野菜が採れないから、という理由ももちろんありますが、夏野菜から冬野菜に(または冬野菜から夏野菜に)いきなり切り替えるのではなく、乾物を取り入れることで、身体が驚かずに次の季節に移行することができる、そんなメリットもあります。私たちが昔から食べてきた物や食べ方は、私たちの身体に馴染んで、身体を整えてくれますよ^^

 

端境期におすすめの乾物。その一番美味しい戻し方をご紹介します。

 

乾物の一番美味しい戻し方

戻し方に入る前に、一点だけお伝えしたいことがあります。

 

それは、乾物の選び方
熱風乾燥でなく、太陽の力天日で乾燥させているものを選ぶのがおすすめです。太陽の力でゆ〜っくりと乾燥させることで、旨味がより凝縮するのです^^

 

選び方がわかったところで、本題の美味しい戻し方をお伝えしますね!

 

太陽の力でゆ~っくり乾燥させて作られた乾物は、できるだけ、ゆっくりと時間をかけて戻してあげてください。

 

なので、冷蔵庫で戻すのが旨みも歯ごたえもしっかりと残り、おすすめです。

 

夕飯に使いたい場合は、前の晩か当日朝一番に水につけて戻してくださいね。

 

必ずで戻します!

 

袋の裏に「たっぷりのぬるま湯で戻す」書いているものもありますが、水でゆっくり戻すのがだんぜん美味しいです。

 

そして、水の量は「たっぷり」ではありません

 

乾物の戻し汁は旨みと栄養の宝庫。

 

捨てることなく、一滴残さず使いたい。たっぷりの水で戻したのでは戻し汁を捨てることになってしまいます。

 

以上を踏まえ、おすすめのお手軽な戻し方は、乾物をタッパーに入れて、ひたひたの水を加えたら、フタをして冷蔵庫へ入れる、いう方法です。ぜひ試してみてください^^

 

干ししいたけ、ひじきだけでなく、切り干し大根やかんぴょうの戻し汁も捨てずに使ってくださいね!

 

乾物の旨みのチカラで、少ない調味料でも風味豊かな美味しい料理が出来ますよ^^

 

★切り干し大根を使ったおすすめレシピはこちら!
【重ね煮レシピ動画】厚揚げの切り干しあんかけ

 

いかがでしたか?
栄養価も旨味もたっぷりの乾物。端境期にはぜひ積極的に食卓に取り入れてみてくださいね!

 


重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、365日毎日重ね煮のレシピと知恵をお届けしています。
重ね煮で手に入る家族の健康。ぜひ家族の食卓に取り入れてみてください^^

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

2024/4/16

献立に迷う、時間がかかるから料理が苦痛、、、気づけば楽しめるようになっていました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Kさん(横浜市在住) 3歳、0歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で自分の作るものに自信がなく、子どものためにいいものを作りたいのに何を作ったらいいかわかりませんでした。毎日の献立を考えるのも、料理を作るのも、時間がかかって、料理が苦痛になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? まず重ね煮味噌汁が、家にある食材でさっと作れるようになりました。味噌汁1品だけでも具沢山で満足感があるので、味噌汁さえ作れれば大丈夫という気持ちになり、心 ...

続きを見る

2024/4/16

子どもが食べてくれない、栄養が足りているか心配、という不安がなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(神戸市在住) 4歳、1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で、レシピを見ないと作れず、毎日今日のごはんは何にしようと献立を考えたりするのも苦痛でした。 また、幼児食などの本を参考にして作ったりしても子供がなかなかごはんを食べてくれず、栄養が足りているのか心配でした。鼻がつまったり、咳風邪をよく引いたりと体調面も気になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 料理を作ることが楽しくなってきました!毎日の献立は相変わらず迷うこと ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.