重ね煮コラム

「玄米が不調を治す」わけではありません。

玄米を食べる=健康になれるの図式が普通のように思われていますね。

確かに玄米は、炭水化物、脂質、たんぱく質の他にもミネラル、ビタミンを豊富に含んだほぼ完全栄養食。だからこそ、食べ方次第で薬にも毒にもなるのです。

玄米を食べれば不調が治る?


 
体験クラスにいらっしゃる生徒さんやメルマガの読者さんからいただくご質問で多いのが

「不調を治すには玄米を食べたほうがいいでしょうか?」

というもの。

例えば、花粉症がひどい、アトピーがある、しょっちゅう中耳炎になる、これらの症状を玄米が治してくれると思いますか?私は「食べなくていいです。」とお答えしています。むしろ症状が出ている状態の時は「食べない方がいい」です。
 
今の不調は体内でうまく排泄できないものが、その人の出やすい場所に出やすい形で出ているもの。つまり身体からのサインです。肌が弱い場合はアトピーとして、粘膜が弱い場合は鼻炎や中耳炎、ぜん息という形で出る時もありますね。なので、不調を治したいと思ったらその原因を取り除くことが先決です。
 

玄米を食べることよりも改善の近道は?

それには今の食生活に玄米を足し算するのでなく、引き算の食べ方が近道。

砂糖、油や肉類、消化が追いつかないくらい食べているものを減らすことです。消化能力は人によって異なります。アレルギー体質の方は生まれつき胃腸が弱い傾向にあり、消化能力が低い場合が多いので自分の身体をよく知ること、つまり、身体の声を聞くことが大切になってきますね。

何度かお伝えしていますが玄米は消化しにくいです。消化に時間がかかるから腹持ちもいいのです。ですので、症状が出ている時に玄米を食べると胃腸により負担がかかり悪化する心配があります。これを好転反応という人もいますが、好転反応ならばすぐに症状がなくなるはず。長く続く場合は好転反応でなく不調です。
 

主食の食べ方は体調のカギとなる


 人間の生命を繋ぐ柱となる主食、穀物の食べ方は体調を左右します。白米やおかゆ、分つき米や雑穀と合わせるなど玄米にこだわらず幅広く柔軟に対応していくことで次第に改善することが多いです。

健康な人が好んで玄米を食べる場合は問題ありません。玄米を食べる=健康になる、ではなく、健康な人=玄米を食べられるの方がしっくり来ます。 
 
食物アレルギーの原因物質は、大豆、小麦、米、胡麻のように「種実類」が圧倒的に多く、穀物アレルギーを持つ方は年々増加してきています。特に玄米には胚芽の部分に脂肪が多く含まれているので、料理に油の使用は最小限で良いのです。
 
玄米ごはんに肉やカレーというように油を使った料理を合わせるのでは、胃腸の負担となり得るということですね。玄米ごはんが全てを解決するのではなく、何と食べるか、どう調理するのかがカギとなります。

あらゆる不調を解決する「万能食材」はない 

世の中に沢山の健康食材、健康食品はあれども、残念なことにあらゆる不調を解決してくれるような万能食材はありません。
 
当たり前のことですが、不調を治すにはその不調を起こしている原因の食べ物を減らすこと。その他の食材においても、食べ過ぎているもの、依存しているものがないかを考えてみることです。人は好きな食べ物が不調を起こしていることが多いのも事実です。
 
その上で主食となる米の食べ方を見直していきたいものです。玄米は完全栄養なだけに薬にも毒にもなるのです。
 

まとめ

いかがでしたか?

玄米を食べると不調が治るという単純な図式ではありません。玄米にこだわることでかえってその人の体調や症状次第で悪化する心配もあります。主食を含めて食事全体のバランスを見直すことが不調改善の近道です。

白米は決して「粕(カス)」ではありません。食べ方次第ですね。

めぐみ
普段から「足し算」でなく「引き算」の食べ方を心がけたいですね。

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

2024/4/16

献立に迷う、時間がかかるから料理が苦痛、、、気づけば楽しめるようになっていました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

M.Kさん(横浜市在住) 3歳、0歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で自分の作るものに自信がなく、子どものためにいいものを作りたいのに何を作ったらいいかわかりませんでした。毎日の献立を考えるのも、料理を作るのも、時間がかかって、料理が苦痛になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? まず重ね煮味噌汁が、家にある食材でさっと作れるようになりました。味噌汁1品だけでも具沢山で満足感があるので、味噌汁さえ作れれば大丈夫という気持ちになり、心 ...

続きを見る

2024/4/16

子どもが食べてくれない、栄養が足りているか心配、という不安がなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(神戸市在住) 4歳、1歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理が苦手で、レシピを見ないと作れず、毎日今日のごはんは何にしようと献立を考えたりするのも苦痛でした。 また、幼児食などの本を参考にして作ったりしても子供がなかなかごはんを食べてくれず、栄養が足りているのか心配でした。鼻がつまったり、咳風邪をよく引いたりと体調面も気になっていました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 料理を作ることが楽しくなってきました!毎日の献立は相変わらず迷うこと ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.