重ね煮コラム

グルテンフリー食品は健康にいい?

「グルテンフリー」の文字を色々なところで見かけるようになりましたね。グルテンフリーをうたったパン、パスタ、うどん、ラーメンもあるようです。

 

グルテンフリーはダイエット、美容だけでなく、健康にもいいように思ってしまいますが、実際のところはどうなのでしょうか?グルテンフリーについて考えたところを書いています。

 

グルテンとは

グルテンとは小麦やライ麦に含まれるたんぱく質です。「べたべたくっつくもの」を意味するラテン語から命名されました。お菓子やパン、パスタの粘り気を出すためには必要なものでもあります。

 

お菓子に使われる薄力粉、うどんに使われる中力粉、パスタやパンに使われる強力粉のグルテン量を比較すると薄力粉<中力粉<強力 の順に多くなります。

 

これらのグルテンを摂取しないようにお菓子やパン、麺を避ける食事法が「グルテンフリー」です。

 

グルテンフリーは本来は、たんぱく質のグルテンにアレルギーを持つ人やセリアック病という自己免疫疾患の人のための治療法でした。

 

プロテニスプレーヤーのジョコビッチ選手はグルテンに対してアレルギー反応を起こす「グルテン不耐症」だったようですが、グルテンフリーを取り入れたことでパフォーマンスが上がり、世界ランク1位に輝いたことがグルテンフリー注目のきっかけとなりました。

 

ジョコビッチ選手の話が周知のものになった途端「グルテンフリーダイエット」という言葉が出たり、グルテンフリー食品が並び出しました。

 

まるで、グルテンフリーなら健康になれる、反対に捉えるとグルテンが健康を害する元のように受け取ってしまいそうですね。実際のところはどうなのでしょうか?

 

グルテンは悪いもの?

グルテンは小麦類に含まれる質の良い植物性たんぱく質です。私たち日本人に馴染みがあるのは、グルテンを抽出した麩でしょうか。

 

健康に問題がなく、小麦類へのアレルギーがない人たちにとっては、グルテンフリーが健康によいことを示す科学的根拠は現在のところありません。とはいえ、民族や体質によるところがあると思います。

 

昔から米を食べて来た民族の日本人にとっては、グルテンを含むパンやパスタを沢山食べるのは、本来備え持っている代謝量を越えてアレルギーや不調の原因となる心配があります。
 
 
ならば、「グルテンフリーのパスタを食べよう。」「グルテンフリーの米粉パンなら安心。」グルテンフリー食品を選ぶのはどうでしょう?
 

大切なのは全体食とバランス 

身体に不調がないのに、良かれと思ってグルテンを抜いた食品を食べていると、「栄養分が偏る」という問題が起きてきます。グルテンフリー食品は、元の食材と比較すると食物繊維量が大幅に減るため、心臓病のリスクが高まる、とも言われています。

 

米粉パンも同じくです。毎日食べているとどうでしょう?食物繊維を除いた微粒子の米粉で作られたパンには食物繊維がほとんど含まれていません。

特に日本人の腸内細菌は食物繊維を好みます。食物繊維を摂ると腸も元気。つまり、免疫力が上がり、病気のリスクも低くなります。

 

粉より粒で食べよう

民族として昔から食べてきたものが消化器官、消化酵素をつくりあげてきています。つまり、食べてきたものを消化吸収できるように私たちの身体は上手に出来ています。

 

日本人の場合は穀物、野菜、魚の穀菜魚食です。島国で水が豊富にあり、四季に恵まれた日本で、私たちは米や豆の穀物と野菜、魚食べてきました。小麦粉は古くからうどんやおやきとして食べてきましたが毎日ではありませんね。
 
 
そう考えると、日々の私たちの健康をつくる食べ物は昔ながらの食事のごはんと味噌汁と魚と野菜。これぞグルテンフリーですね。しっかり食物繊維も摂れます。

 

と考えると健康のためにと「グルテンフリー」にとらわれることも、高いお金を出してわざわざグルテンフリー食品を購入する必要もありませんね。

 

シュガーフリー、オイルフリー、糖質フリーなど「〇〇フリー」と聞くと私たちはつい体に良いもののように思ってしまいます。

 

ですが、その本質をよく知り、それが今の自分の身体に合うものかどうかをしっかりと見極めて判断したいですね。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2020/1/3

毎日の献立に悩んでいたのに、台所が楽しい場所になりました!【重ね煮アカデミー応用科修了生のお声】

古川香織さん 静岡県在住(ご家族3人) 応用科で印象に残ったこと 陰陽の順に重ねずに、逆の重ね方での実習が何といっても面白かったです。逆に重ねると、甘い香りがしない、まるい味わいにならないことに驚きました。また、ワークショップに取り組めたことでより理解が深まりました。ま ご家族ご自身の変化 朝はごはんと重ね煮味噌汁が定着しました。おかげで家族は病気知らずです。 毎日の献立にあれだけ悩んでいたのに、食べ方の軸を学んでからは迷いがなくなり、旬の野菜をおいしくいただけて台所が楽しい場所になりました。 田島先生は ...

続きを見る

2019/12/24

【重ね煮ワークショプのお声】強いからだを作れるごはんを作りたい!

酒井 清香さん 重ね煮ワークショップ@大阪へご参加くださいました。                      受講のきっかけ 重ね煮をもっと作ってみたい、と思って受講しました。メールマガジンを読み、いつか先生にお会いしたいと思っていました。会えて嬉しかったです。今後も楽しみにしています。 受講されてのご感想 早い!おいしい! 始めの理論で沢山学べました。強いからだを作れるごはんを作りたいと思います。奥深くてとても勉強になりました。 離乳食に早速食べさせてみたいです。 先生はこんな人 穏やかでとても温かい方 ...

続きを見る

2019/12/23

【重ね煮ワークショップ】お味噌汁の味が全然違いました!

辻井 愛子さん 重ね煮ワークショップ@大阪へご参加くださいました。                      受講のきっかけ メルマガと本で重ね煮を実践していましたが、先生が作る味を食べてみたい、お話を聞きたいと思い受講しました。 子供が食べ過ぎるため、食べる適量が分かりません。また、沢山の品数を作ることが難しいこと、子供が歯ごたえのあるものを食べないことに困っていました。 受講されてのご感想 切り干し大根の煮物を最後まで混ぜなかったことに驚きました。混ぜないでもしっかり味が沁みていました。お味噌汁の味が ...

続きを見る

2019/12/23

【重ね煮ワークショップ】離乳食をおいしく食べさせたいです。

瀬戸 華世さん(ご家族3人)                       受講のきっかけ 重ね煮レッスンを受けてみたかったからです。 娘の離乳食を美味しく、簡単に作って、カラダにいいものを食べさせてあげたいです。 受講されてのご感想 レッスンの雰囲気がすごく明るくて、質問にも丁寧に答えてくださっていました。とても楽しかったです。 離乳食で重ね煮を取り入れたいです。 先生はこんな人 お写真でも綺麗な方だと思っていましたが、実際にお会いすると綺麗なだけでなく、すごく朗らかで優しい雰囲気を持っていられてファンに ...

続きを見る

2019/10/12

私の花粉症、夫の胃腸の不調、子どもたちの副鼻腔炎まで、体質や遺伝だと諦めていた我が家の不調は全部解決できました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

飯島 美歌さん 鎌倉市在住(ご家族4人)                       養生科で印象に残っていること 砂糖も油も使わないで、美味しくて家族みんなが満足できる食事が作れるようになったこと。 重ね煮と出会ってすぐの頃、正直「数日ならよくても、そのうち物足りなくなるのでは?」と思っていました。ところが、重ね煮ならではの調和のとれたほんのりまぁるい味は我が家の家族の胃袋をギューっと掴んで放しませんでした。物足りないどころか「今日のご飯も美味しいね!」と言ってくれるようになり嬉しかったです。 今まで肉 ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

ママと子供のためのかんたんお手当法〜のどが痛い時編〜

3500名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「かんたんお手当法〜のどが痛い編」をご登録者にプレゼント!


 

もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2020 All Rights Reserved.