重ね煮コラム

食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物⑪最終章

繊細な身体のリズムを持っている女性、生まれて間もない子供に
特に知っていただきたい「食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物」は、
極陰極陽のもの。

1.砂糖
2.果物
3.コーヒーなど外国の飲み物
4.牛乳をはじめとする乳製品
5.生野菜サラダ
6.肉、卵類
7.油
8.アルコール

今日は最終回です。

食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物①
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物②~砂糖編~
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物③~果物編
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物④~コーヒー編~
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物⑤~牛乳、乳製品編~
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物⑥~生野菜編~

食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物⑦~生野菜編~
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物⑧~肉、卵類編~
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物⑨~油編~
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物⑩~アルコール編~

意外や意外、長くなったこちらのシリーズ。
今日で最終章です。

世の中、
「食べてはいけない」系の情報や本に溢れています。
「これを食べるとこうなれる」系の情報や本も同じく。

つまり両極端の情報があふれている状況。

迷いそうですが、本質はとてもシンプルであり、
人間は生きるために食べる。

 

人間の歴史を考えると飢餓状態におかれていた期間が圧倒的に長い。

その中で、自分たちで土を耕し作物を作り、海へ出て、
身近でとれるものを食べて命をつないできた。

 

作物が穫れない真夏や端境期、台風などの天災
魚が手に入らない時に備えて
調味料をはじめ、乾物、干物、漬物などの保存食を作ってきた
食の歴史があります。

 

すなわち
食べる=命をつなぐため
でした。

 

・飢餓に強い
・自分たちの生活圏内で穫れるものを食べてきた
(日本の場合は穀物、野菜、豆、魚

 

その食生活、生活環境に合わせて、長い年月をかけて
内臓器官、組織、消化酵素を築き上げてきたのです。

稲

 

 

 

 

 

 

 

今は家にいても、世界中の食品が手に入る時代。
西洋の分析的な栄養素の考え方が主流。

 

結果、
〇〇には△△の栄養がある。
〇〇は××に効く。
という情報に翻弄され、

自然環境に寄り添うどころか、主役は人間。

食べる=何らかの目的のため
になっています。

 

即効性のあるもの、
ある効果を期待した食べ物を
私はと考えます。

 

薬だったら、

症状が治まれば飲むのを中止します。
長期に渡っては飲みません。

9f166c46518d23eb11ae971531015f3f_m

 

 

 

 

 

 

 

食べ物にある効果を期待して、
長期的に食べ続ける、飲み続ける。

新たな症状が現れたら、
それに良いとされる食べ物を探して取り入れる。

多種類の薬を服用する場合は飲み合わせが気になるので、
お薬手帳が出るところですが、
食べ物なのでそれはない。

 

結果、

良かれと思って食べて続けているもの、
食べ過ぎているもの同士が
複雑に絡み合って
体内で消化、吸収、排泄しきれなくなり

ぜんそく、花粉症などのアレルギー反応、
自己免疫疾患として現れ、急増。

原因物質が特定できずに
薬で抑えるしかない現状。

 

これまでにあげた「8つの食べ物」
食べてはいけないとは言わないけれど、

大きくなるとか
美肌になるとか
ビタミンを摂取できるとか

少なくとも効果を期待して食べるものではない

もっと単純に「楽しみとして」いただこうよ。
というものです。

 

食べることをもっとシンプルに考えよう。

身近で無理なく手に入るものを食べよう。

昔から私たちの先祖が食べてきた
ごはん、味噌汁、手におさまるくらいの魚
旬の野菜を煮炊きしたもの、漬物
を基本の食事にしよう。

きっと食生活だけでなく、思考もシンプルになるはず。

食事

 

 

 

 

 

 

そういう人が増えれば、

季節に合わない野菜を無理に作る必要もなく
甘みを追及して品種改良をする必要もなく
脂がのった魚を安い価格で提供するため養殖する必要もなく

 

野菜農家、米農家がもっと元気になるはず。
安全な野菜が手に入りやすくなるはず。
養殖の魚が減るはず。

そして
日本の大地、水、空がもっと元気になる♡
思うのです。

身土不二。
私たちの身体は住んでいる土地と深~くつながっているのです。

 

 

 

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2023/1/21

家族全員、お腹の調子が良くなりました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

C.Hさん(愛知県在住) 中学生、高校生のママ 重ね煮アカデミーで学んだきっかけは何でしたか? 数年前から突然お腹を壊すことがあり、病院に行くのは嫌でどうしたらいいかなと悩んでいました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? お腹の調子が変わり、お腹を急に壊すことが格段に少なくなりました。子どもたちはもともと毎日1回便が出ていましたが、1日2回出たり、便の質が良くなったそうです。 長女が、目がかゆくなったり、鼻水がたくさん出る季節があったんですがなくなりました。夫も、単身赴任先で重ね煮のお味 ...

続きを見る

2023/1/24

料理が楽しい!子どもにも安心して食べさせられるごはんが作れるようになりました。【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛知県在住) 3歳の男の子の働くママ 重ね煮アカデミーで学んだきっかけは何でしたか? 子どもが離乳食から大人と同じになるので、健康によいものを食べさせたいと思っていました。けれども、今のままでは大人と同じものを食べさせられないと思っていました。 料理が苦手でレパートリーが少ないうえに、美味しく作れない。 市販のルーなどを使った料理が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 基本の調味料(塩、醤油、みそ)だけで、 毎日おいしいと思えるご飯が食べられるようになりました。  ...

続きを見る

2022/11/21

薬に頼ることなく便秘が改善!「美味しい!」が聞けた。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

K.Kさん(長野県在住) 4歳の女の子の働くママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 娘の便秘と汁物を飲まないことに悩んでいました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 娘はいつの間にか薬に頼ることなく便秘が改善し、汁物も飲むようになりました。とくに味噌汁は「美味しい」と言って飲み干すようになりました。   また、娘が風邪をひいたりしたときに食べられるものが限られていて、栄養面や消化が気になっていました。教えてもらったポタージュ等、家で出来る手当を学べたことがとても ...

続きを見る

2022/10/13

アトピーの痒みで夜中に起きることがなくなり、肌がすべすべに変わっていました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

M.Kさん(埼玉県在住) 小学生の女の子の働くママ 重ね煮アカデミーで学んだきっかけは何でしたか? 自身が子供のころからアトピーだったことと、 今は問題ない娘について今後も安心な生活をさせたかったことから 学ぼうと決めました。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 養生科、基礎科と1年学ばせていただいて、 ふと気が付けば、夫に時々もらって飲んでいた 花粉症の薬を今年は1度ももらわずに済んでいました。 ザラザラなのが当たり前だった 肌のさわり心地がすべすべに変わっていました。 痒みで就寝中起き ...

続きを見る

2022/9/8

母娘で花粉症用メガネ、目薬、内服薬を手放すことができました!!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Kさん(茨城県在住) 6歳、3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 20年以上悩まされてきた花粉症が とても軽くなりました! 今までは、花粉の時期に外出するときは 花粉症用メガネとマスクが必須 薬も飲んでいました。 目の痒みがとにかく辛く、 グリグリこすって 目の周りがヒリヒリなったり、 鼻が詰まって寝苦しかったり、 憂鬱な毎日でした。 重ね煮を始めて約9ヶ月で迎えた 花粉シーズン、 自分でも信じられないほど目の痒みがなく、 一度も目をグリグリこすりませんでした! く ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

5800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2023 All Rights Reserved.