お知らせ 重ね煮コンテスト

日本初の料理コンテスト!重ね煮コンテスト2023開催決定〜もっともおいしい重ね煮はどれだ?〜

日本重ね煮協会(神奈川県鎌倉市)は、日本初の料理コンテスト「重ね煮コンテスト2023」を開催決定、授賞式を2023年3月16日(木)に行う予定であることを告知すると共に、当日までの全体の流れと詳細、投票方法を発表いたします。

イベント概要(全て予定)

名称:重ね煮コンテスト2023授賞式
日程:2023年3月16日(木)予定
重ね煮コンテスト2023投票期間:
<エントリー>
1月20日(金)〜1月31日(火)
<予選>
2月13日(月)9:00~2月21日(火)18:00
<本選>
3月16日(木)11:00
授賞式
開催日時:3月16日(木)12:00
開催場所:NANBUBASE
     神奈川県横浜市金沢区鳥浜町1-1
     ブランチ横浜南部市場

重ね煮コンテストとは

「重ね煮のある暮らしを日本中へ」を合言葉に開催する、日本初の重ね煮料理のコンテスト。料理コンテストやレシピコンテストは数多くありますが、重ね煮料理限定のコンテストは日本初開催となります。

重ね煮とは、「切って・重ねて・煮るだけ」の3ステップで、とても美味しくできる調理法です。重ねる順番にはある法則があります。陰性から陽性の順に重ねて火にかけると、食材同士が相乗効果を出して、砂糖や油を使わずとも、まるくふくよかな味わいに仕上がるのです。切って重ねて煮るだけだから時短、皮むきやアク抜きをしない全体食だからおいしいだけでなくゴミが出ないという時短、簡単、おいしいだけでなく、SDGSな暮らしに繋がる調理法です。

重ね煮コンテストを通して、「全国民に重ね煮に出会うきっかけを作ってもらいたい」「重ね煮の魅力を知ってもらいたい」「食のSDGSを広げたい」との思いから、今回開催を決定しました。

コンテストの流れ

重ね煮コンテスト2023では、予選はWEB投票、本選は会場で実際に調理、試食をした上で最高金賞、金賞が審査員により決定されます。

<テーマ>

記念すべき第1回重ね煮コンテストのテーマは「重ね煮のスープ」となります。春の食材を1種類以上使った重ね煮のスープを作品としてエントリーしていただきます。

<エントリー>

1月20日(金)よりエントリーフォームに、エントリー作品の情報を入力の上、送信していただきます(これがエントリーとなります)。エントリー締め切りは1月31日(火)となります。

<予選>

日本重ね煮協会の公式ホームページ上の重ね煮コンテストのオフィシャルサイトで予選投票のページが準備されますので、「おいしい!」と心が動いた重ね煮に投票します。投票期間は、2月13日(月)より2月21日(火)までとなります。

<予選通過可否>

一定票数以上の票数を獲得した作品が予選通過となります。

予選通過した方へ日本重ね煮協会よりメール連絡を致します。必ずメールが受け取れる様設定ください。メール内に記載される所定の手続きにそって、本選進出の意思を連絡いただきます。2月28日(火)に意思確認を終了致します。本選参加費用は6,000円を予定しております。振込未完了の場合手続きが完了しませんので、予めのご準備をお願いします。

 <ファイナリスト>

所定の手続きを完了し本選参加となった作品は、重ね煮コンテスト2023ファイナリスト作品となります。協会が用意するロゴマークなどご活用ください。また、ファイナリストとして、重ね煮コンテストのオフィシャルサイトへ掲載します。

 <本選>

本選は3月16日(木)に行います。本選審査会は、会場にて実際に作品を作っていただき、会場の審査員が試食して「おいしい!」と心が動いた作品に投票します。この結果を受けて日本一の重ね煮が決定する運びです。尚、本選の審査員は、協会のメール会員から募集します。

2ヶ月間の長い戦いとなりますが、重ね煮と向き合いながらエントリーから予選、本選までの期間を存分に楽しんでいただければと思っております。

<授賞式>

本選にて獲得した審査員の票数をもとに最高金賞、金賞が決定します。選ばれた重ね煮作品を3月16日(木)に発表と共に表彰します。

<注意>

予選では日本重ね煮協会の公式メールマガジン読者からの投票は5ポイント、一般メールアドレスを活用しての投票は全て1ポイントが有効となります。ですから、重ね煮ファンの方々は、2月13日(月)の予選開始までに準備を進めることをお勧めします。

 

主催する重ね煮協会とは

重ね煮を当たり前に、
日本中の台所を「家庭の薬箱」に。

日本重ね煮協会は食べることを大切にすることで、自分と家族を「食」で幸せと健康にできる女性を増やしていくことを目指しています。

私たちは重ね煮を通じて、「人、社会、自然との調和」を掲げています。「調和」の心を大切にしながらおいしく食べることで、笑顔あふれるまるい社会を作れると考えているからです。ひとつの家庭から広がっていく社会全体の笑顔を目指します。

2023年3月16日(木)に一般社団法人日本重ね煮協会として設立し、活動をさらに広げていきます。

補足:関係者紹介

重ね煮アカデミー主宰 重ね煮料理研究家 田島恵
日本重ね煮協会代表理事 田島恵

重ね煮健康料理研究家。2002年長男(当時3歳)のアレルギーと気管支喘息で病院通いの日々を続けていた時、重ね煮に出会う。野菜の皮もむかなければ、アク抜きもしない、砂糖や油もだしも使わない簡単調理に驚き、素材の旨味が広がったまろやかな美味しさに感動する。重ね煮を家庭で実践すると、長男のアレルギーが改善しただけでなく自分自身の体調が改善。この素晴らしい重ね煮を広げたいと想い、重ね煮アカデミー®︎をスタート。「アレルギー体質に悩んでいる。」「子供たちの野菜嫌いを治したい。」「野菜料理のレパートリーを増やしたい。」というお悩みをお持ちの2000名のママ達に、「重ね煮」を通して家族の健康を整える術をお伝えしています。2019年、2021年、世界文化社より書籍出版、8刷27,000部、現在重ね煮の知恵とレシピを届けるメールマガジンは6000人が愛読しています。

公式ホームページ
https://megu-kasaneni.com

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2024/7/4

アトピーの薬が不要!とても綺麗な肌になりました。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

A.Hさん(京都府在住) 4歳、2歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 長男のアレルギーとアトピー性皮膚炎に悩んでいた時に重ね煮と出会い、オンライン体験クラスに参加しました。内容に興味を持ち、長男のアトピーが少しでも良くなるならと本講座を受講した。 重ね煮アカデミーで学び、どんな変化がありましたか? 養生科の半年、先生の本や課題レシピで重ね煮を取り入れると長男の膝の裏に薬を塗る回数が減ってきた。 更に基礎科の半年、朝食の重ね煮味噌汁を続けると、もうアトピーの薬が不要になった。 ...

続きを見る

2024/7/3

肌荒れが悩みだったのに、今では「きれい!」と褒められるように!【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

M.Kさん(滋賀県在住) 小3、年中の2人の女の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 子どもの頃からおなかが弱く、便秘と下痢を繰り返していましたが、それが普通というか当たり前になっていて“自分はそういう体質なんだ”と思っていました。中学時代からは肌荒れもひどく、ニキビや毛穴など肌の悩みもずっとありました。 次女の産後おなかの不調が特にひどくなり、腸ケアや食事改善に取り組み始め、重ね煮に出逢いました。 重ね煮アカデミーで学び、どんな変化がありましたか? 重ね煮を始めてから少しずつ体調が ...

続きを見る

2024/5/17

慢性のアレルギー性鼻炎、薬を手放せました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛媛県在住) 5歳の男の子のママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩みは? 慢性的なアレルギー鼻炎で年中ティシュが手放せない生活をしていました。体力もなくすぐに疲れて、やりたい事も出来ない事が多かったです。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 夏と冬は完全に薬を手放せました!気温変化の大きい春と秋も鼻水は出るものの、昔ほどひどい症状がなく重ね煮の手当てで治るようになりました。 また、諦めていた冬の乾燥による肌のかゆみが軽減している事に気がつきました。肌もきれいになりつるつるに。 息 ...

続きを見る

2024/5/1

「体の声を聞く」が印象的でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Tさん(大阪府在住) 7歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 自身の喘息、アレルギー性鼻炎、耳管狭窄症などの不調で定期的に病院へ通い薬漬けの生活でした。 子供もアレルギー性鼻炎でしょっちゅう耳鼻科に通って薬を飲んでいました。 薬に頼らず日々の食事から体調を整えたい、治していきたいと考えるようになり、色々と本を読む中で、まずは農薬や添加物は食べてない方が良いと思い、母が子供にジュースやお菓子を買ってくれる時は食品の成分表示を見て「〇〇が入っているからだめ」と子供が選んだ物 ...

続きを見る

2024/5/1

献立を考えるのが苦痛、、、レシピ難民でした。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.Sさん(愛知県在住) 3歳のお子さんのママ 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 健康についての知識が色々あり、何を信じていいのか分からなかった 。 子どもの野菜嫌いが不安だった。  毎日の献立を考えるのが大変で、レシピ難民だった。 重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? ・食材や調味料の選び方を教えてもらえたので、迷うことが減って自信が持てるようになった ・巷の健康食品や何となく体に良さそうと思っていた健康食材に偏ることがなくなった ・重ね煮の味噌汁やポタージュを少しでも口に ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

梅醤200%活用術 PDF冊子無料プレゼント

7000名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今ならご登録者全員に、忙しいママに嬉しいテキストをプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 一般社団法人「日本重ね煮協会」 , 2024 All Rights Reserved.