重ね煮コラム

2018年はチャレンジの年でした。

こんにちは^^田島恵です。
 
 
 
2018年も残り3週間余り
どんな年でしたか?
 
 
 
 
新たな2019年を
どんなふうに過ごしたいですか?
誰と過ごしたいですか?
何を大切にしたいですか?
 
 
目標があることだと想います。
 
 
 
目標、夢って
ワクワクしますよね。
 
 
 
 
 
 
 
今日は、
私の人生の道標のお話に
少しおつき合いいただきたいと想います。
 
 
 
私がどのように生きたいか
という夢や想い、
 
家族との時間、
プライベートの時間をどう過ごしたいか
どのように仕事を進めたいか、
 
 
その実現のために
2019年をどのように動くか
詰め込んだ青写真
 
マイプロデュースデザイン2019

をつくり上げました。
 
 
スクリーンショット (70).png
 
 
「夢は叶わないから夢なんだ」
という方もいると思います。
 
 
でも、
私は叶うと思っています。
 
 
 
 
「夢に日付をつければ
目標に変わる」
と想っています^^
 
 
 
 
 
そのため
毎月の節目や
迷った時に思い起こすものとして
 
想いの原点に立ち返るために
 
マイプロデュースデザイン2019
を描き終えました。
 
 
 
 
 
描きながら
2018年を振り返ると
 
2018年は
大きなチャレンジ
の年でした。
 
 
 

「全国の家庭の台所を薬箱にしたい」
という想いから始めた重ね煮アカデミー。

旬の食材を自然な形で調理していただく、

調子のよくない時は
身近な食材で手当てをする、

働くママも
子育て中で忙しいママも
気構えることなく、
当たり前に
台所から家族の健康を整えることができる、

 

「ママなら
重ね煮を知っていて当たり前」
の世界を広げたくて
重ね煮アカデミーやレターレシピで
お伝えしてきました。

でも

それではまだまだ力不足で
日本中には届けられない。

 

 

そこで
大きなチャレンジを決断しました。

 

 

共に
「重ね煮のココロ」
を伝えてくれる
広げてくれる仲間を募ろう!

 

 

実は、

ここに至るまでは
大きな葛藤がありました。

 

 

ひとりでするシゴトは
いつでもやめられる
(やめる気はないですが)
という逃げ道がある、

とそれまでの私は
ある意味気楽に感じていました。

 

 

ですが、
仲間ができると
簡単にはやめられない、

伝える責任
育てる責任がある。

 

かなりの葛藤と共に
「一緒に伝えてくれる人が
いるのだろうか。」と
大きな不安がありました。

 

 

ですが、

「重ね煮のココロを広げたい」
「日本中の台所を薬箱にしたい」

その世界を実現したいという想いが
圧倒的に強く、
一歩を踏み出しました。

 

 

すると、なんと!
12名もの師範生が共感して
集ってくれました。

無題.png

 

今、
重ね煮アカデミー本科で
学び伝えている師範生たちです。

 

 

想いを伝える大切さ
想いが伝わる感謝を
感じた年でもありました。

 

 

昨年の今、

責任と不安を強く感じていた私には

師範生の伝える姿勢や想いが
これほどまで心強く

チカラをくれるとは、
想像できませんでした。

 

 

33302300_1643707695744534_3818571400428388352_n.jpg

 

32746923_1637259803055990_4262195973977014272_n.jpg

 

決断してよかった!
チャレンジしてよかった!
と想っています。

 

 

重ね煮との出会いはそれぞれでも
一人ひとりにストーリーがあり、
届けたい想いがある、

2018年
素晴らしい自慢の師範生が
育ちました。

 

 

先日の重ね煮ワークショップでも
「重ね煮」についての想い
ママへの想いを語る師範生の言葉
に沢山の感動をもらいました。

47178809_209082140013402_1069679957464055808_n.jpg

47005834_195156161388959_8530248153041993728_n.jpg

47358935_2102568500072681_5026049048507842560_n.jpg

47376649_259921594674227_3457359849061351424_n.jpg

47225708_563266927454275_3510503180221808640_n.jpg

 

 

4月には
東京(世田谷、練馬、品川)で3校
神奈川(横浜、小田原)で3校
重ね煮アカデミーが開校します。
(体験クラスの募集を始めていますので
改めてご紹介していきますね。)

 

レターレシピの読者さんは
ありがたいことに
2500名を越えました。

 

 

1年間かけて開発・準備をしてきた
「重ね煮コゼー」は
作り手のママが5人に増え
250個のコゼーを
全国のご家庭にお届けできました。
 
 
コゼーとママ.jpg
 
全て
「伝える」ことから始まり
繋がっていったご縁です。
 
 
 
 
 
2019年の重ね煮アカデミーは
「広げる」年とします。
 
 
 
「重ね煮のココロ」を
共に伝えてくれる仲間を
増やしながら
 
 
 
読者さんがいらっしゃる場所へ
出向いて
出張講座を行います。
 
 
 
 
大阪
名古屋
福岡
を予定しています。
 
 
 
20名ほどで使用できるキッチン
がある会場をご存じでしたら
ぜひご紹介ください^^
呼んでください^^駆けつけます!
 
 
 
「自宅を使って」というお声も
大歓迎です。
 
 
 
 
そして、
来年前期の体験クラスも
満員御礼になり、
 
また新たな生徒さんたちとの出逢いに
今からワクワクしています。
 
 
 
 
2019年は、
重ね煮アカデミー5年目にあたります。
 
 
 
日本全国の家庭へ
「重ね煮のココロ」を届けるために、
全国の台所を
「家庭の薬箱」にするために
 
 
2019年、
田島恵と共に
重ね煮アカデミー師範生と共に

「重ね煮アカデミー®」
「陰陽調和に基づく重ね煮のココロ」
広げてくれる仲間を
新たに募ります。
 
 
 
 
 
改めて
詳細や内容について
発信していきますね。
 
 
 
 
 
2019年の重ね煮アカデミーは
広がります。
お楽しみにしてください♬
 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2019/10/12

私の花粉症、夫の胃腸の不調、子どもたちの副鼻腔炎まで、体質や遺伝だと諦めていた我が家の不調は全部解決できました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

飯島 美歌さん 鎌倉市在住(ご家族4人)                       養生科で印象に残っていること 砂糖も油も使わないで、美味しくて家族みんなが満足できる食事が作れるようになったこと。 重ね煮と出会ってすぐの頃、正直「数日ならよくても、そのうち物足りなくなるのでは?」と思っていました。ところが、重ね煮ならではの調和のとれたほんのりまぁるい味は我が家の家族の胃袋をギューっと掴んで放しませんでした。物足りないどころか「今日のご飯も美味しいね!」と言ってくれるようになり嬉しかったです。 今まで肉 ...

続きを見る

2019/10/11

休みがちだった娘がほとんど休まず幼稚園へ行けるようになりました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

岡田久仁子さん 神奈川県在住(ご家族3人) 養生科で印象に残ったこと ・季節のものを沢山食べることができること ・少ない調味料で素材の深い味わいとうまみを丸ごと吸収できること ・どんな時でも「これを食べていれば大丈夫!」と思えたこと ・調味料などの食材選びを学んだことで、「意識すること」の大切さを感じたこと ご家族ご自身の変化 ・野菜を沢山食べるようになりました。 ・一年の3分の1はお休みしていた娘が休みなく幼稚園へ行けるようになり、病院へも行かなくなったこと。 ・身体の調子が良くないと感じると、家族の方 ...

続きを見る

2019/10/5

夫も子どもも野菜が食べられるようになった!【重ね煮アカデミー基礎科修了生のお声】

溝口泰子さん 横浜市在住(ご家族3人) 基礎科で印象に残ったこと 油の使い方。 重ね煮では全体食として摂るため、抽出した液体の油を意識して摂らなくても十分だということ。 ご家族ご自身の変化 調味料の選び方や油の使い方が変わり、味つけに困らなくなりました。 重ね煮を始めてからだんだんと身体が整ってくるのが分かるようになり、外食が続いたり、甘いものを取り過ぎた時は身体が重く体調を崩すことに気がつきました。自分の取説ができました。 手当てができるようになり、病院のお世話になることが減りました。 重ね煮した野菜な ...

続きを見る

2019/10/5

「重ね煮」が料理の当たり前に!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

田中夕子さん 岩手県在住(ご家族4人) 養生科で印象に残ったこと 特別に手の込んだ料理を作らなくてもこんなにも美味しくできるんだ!ということ。 どこか似ているのか志が共通している方達と共に学べて毎回楽しく半年間があっという間でした。 ご家族ご自身の変化 「重ね煮」が料理の当たり前になっていて「これはどう重ねたら美味しくなるかな。」と必ず考えるようになりました。時間がなくてもお味噌汁だけでもささっと作れるので、苦なく料理ができ、台所に立つのが楽しくなりました。子ども達もいつの間にか味を覚えて「今日はスープが ...

続きを見る

2019/9/27

調子が良くない時は子どもが自分から葛ねりや梅醤番茶が欲しいと言うようになりました!【重ね煮アカデミー応用科修了生のお声】

山口絵里さん 小田原市在住(ご家族4人) 応用科で印象に残ったこと やはり陰陽の重ね方を逆にした実験です。味の違いを感じて言葉にして初めて、まるい味を知り、正しい順番に重ねようと感じました。 野菜の陰陽の見方も形や根っこなど様々な視点があること、それぞれが関係していることが興味深かったです。 ご家族ご自身の変化 応用科で学んだ魚料理や味付けでレパートリーが増えて、献立の考え方も楽になりました。 子どもが風邪を引かなくなり、たまに引いても長引かなくなりました。調子が良くない時は子どもが自分から葛ねりや梅醤番 ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

ママと子供のためのかんたんお手当法〜のどが痛い時編〜

3200名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「かんたんお手当法〜のどが痛い編」をご登録者にプレゼント!


もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2019 All Rights Reserved.