重ね煮コラム

食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物⑤

 

繊細な身体のリズムを持っている女性、生まれて間もない子供に
特に知っていただきたい「食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物」は、
極陰極陽のもの。

1.砂糖
2.果物
3.コーヒーなど外国の飲み物
4.牛乳をはじめとする乳製品←今日はここです。
5.生野菜サラダ
6.肉、卵類
7.油
8.アルコール

食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物①
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物②
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物③
食べ過ぎに気をつけたい8つの食べ物④

今日は牛乳をはじめとする乳製品について。

戦後の給食に脱脂粉乳が導入され、
牛乳に代わり現在に至ります。

 

牛乳を飲むと大きくなる。
骨が丈夫になる。
と水代わりに牛乳を飲む人もいるようです。

 

「カルシウムは牛乳からしか吸収できない」
という考えもあるようですが、
骨折する子供が多く、
骨粗鬆症の患者も減っていないという現状には
疑問もあり。

 

そもそも牛乳は子牛を大きく成長させるもの。
栄養のバランスがとれていることは分かっているのです。
そこに注目するのでなく

大切なのは、牛乳の栄養素うんぬんよりも
「私たち日本人の身体に合うものか、馴染むものか」
ということ。

無題

 

 

 

 

 

「身土不二」に照らし合わせればよーく見えてきます。

 

乳製品を食生活の中心としている国の代表、モンゴル。

 

山脈と砂漠が大半を占め、
国土の1%にも満たない農地で小麦とじゃがいもを生産し、
その自給率は100%。

国民の10倍いるといわれる家畜の産物を主食としています。

けれども、

モンゴルの遊牧民でさえ家畜の乳をそのまま飲むことはせず、
お茶に入れたり、発酵させてチーズやヨーグルトにと
消化しやすく調理して食べています。

 

夏は「白い食べ物」と言われる乳製品
冬は「赤い食べ物」と言われる家畜の肉
を食べる食生活。

 

栄養学的には必要といわれる野菜、果物をほとんど食べず、
乳製品と肉、少しの穀物で
生命をつなぎ自然環境に寄り添い生活しているのです。

 
長い年月をかけて、
モンゴルに住む人々が身体の中に作り上げてきた内臓器官と消化酵素は
乾燥地帯に住む民族ならではのもの。

 

遊牧民の食生活にはまさしく身土不二を感じます。

 

では
日本人が牛乳を飲むのはなぜ?

完全栄養食だから?
ならば玄米を100回噛んで食べましょう。

 

カルシウムが摂取できるから?
ならば甘いものを減らして、
島国「日本」ならではの海の幸を食べましょう。

 

乳は乾燥地帯に暮らす人々の身体と喉を潤すもの。
湿潤地帯の日本に暮らす私たちが摂りすぎると
身体の中に湿が滞りやすくなります。

喘息やアトピー性皮膚炎のある方は
牛乳を減らすと症状が軽くなる事が多いです。
日本人の体質に合わないということは
牛乳アレルギーの人が多いということからも立証済みだと思いますが、
アレルギーでない人にとっても飲み過ぎは禁物。

 

やはり嗜好品として楽しむのがいいように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2020/1/3

毎日の献立に悩んでいたのに、台所が楽しい場所になりました!【重ね煮アカデミー応用科修了生のお声】

古川香織さん 静岡県在住(ご家族3人) 応用科で印象に残ったこと 陰陽の順に重ねずに、逆の重ね方での実習が何といっても面白かったです。逆に重ねると、甘い香りがしない、まるい味わいにならないことに驚きました。また、ワークショップに取り組めたことでより理解が深まりました。ま ご家族ご自身の変化 朝はごはんと重ね煮味噌汁が定着しました。おかげで家族は病気知らずです。 毎日の献立にあれだけ悩んでいたのに、食べ方の軸を学んでからは迷いがなくなり、旬の野菜をおいしくいただけて台所が楽しい場所になりました。 田島先生は ...

続きを見る

2019/12/24

【重ね煮ワークショプのお声】強いからだを作れるごはんを作りたい!

酒井 清香さん 重ね煮ワークショップ@大阪へご参加くださいました。                      受講のきっかけ 重ね煮をもっと作ってみたい、と思って受講しました。メールマガジンを読み、いつか先生にお会いしたいと思っていました。会えて嬉しかったです。今後も楽しみにしています。 受講されてのご感想 早い!おいしい! 始めの理論で沢山学べました。強いからだを作れるごはんを作りたいと思います。奥深くてとても勉強になりました。 離乳食に早速食べさせてみたいです。 先生はこんな人 穏やかでとても温かい方 ...

続きを見る

2019/12/23

【重ね煮ワークショップ】お味噌汁の味が全然違いました!

辻井 愛子さん 重ね煮ワークショップ@大阪へご参加くださいました。                      受講のきっかけ メルマガと本で重ね煮を実践していましたが、先生が作る味を食べてみたい、お話を聞きたいと思い受講しました。 子供が食べ過ぎるため、食べる適量が分かりません。また、沢山の品数を作ることが難しいこと、子供が歯ごたえのあるものを食べないことに困っていました。 受講されてのご感想 切り干し大根の煮物を最後まで混ぜなかったことに驚きました。混ぜないでもしっかり味が沁みていました。お味噌汁の味が ...

続きを見る

2019/12/23

【重ね煮ワークショップ】離乳食をおいしく食べさせたいです。

瀬戸 華世さん(ご家族3人)                       受講のきっかけ 重ね煮レッスンを受けてみたかったからです。 娘の離乳食を美味しく、簡単に作って、カラダにいいものを食べさせてあげたいです。 受講されてのご感想 レッスンの雰囲気がすごく明るくて、質問にも丁寧に答えてくださっていました。とても楽しかったです。 離乳食で重ね煮を取り入れたいです。 先生はこんな人 お写真でも綺麗な方だと思っていましたが、実際にお会いすると綺麗なだけでなく、すごく朗らかで優しい雰囲気を持っていられてファンに ...

続きを見る

2019/10/12

私の花粉症、夫の胃腸の不調、子どもたちの副鼻腔炎まで、体質や遺伝だと諦めていた我が家の不調は全部解決できました!【重ね煮アカデミー養生科修了生のお声】

飯島 美歌さん 鎌倉市在住(ご家族4人)                       養生科で印象に残っていること 砂糖も油も使わないで、美味しくて家族みんなが満足できる食事が作れるようになったこと。 重ね煮と出会ってすぐの頃、正直「数日ならよくても、そのうち物足りなくなるのでは?」と思っていました。ところが、重ね煮ならではの調和のとれたほんのりまぁるい味は我が家の家族の胃袋をギューっと掴んで放しませんでした。物足りないどころか「今日のご飯も美味しいね!」と言ってくれるようになり嬉しかったです。 今まで肉 ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

ママと子供のためのかんたんお手当法〜のどが痛い時編〜

3500名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「かんたんお手当法〜のどが痛い編」をご登録者にプレゼント!


 

もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2020 All Rights Reserved.