重ね煮コラム

4つの指針③「身土不二(しんどふじ)」

 

重ね煮健康料理が大切にしている【4つの指針】。

これまで
①食性(しょくせい)
②一物全体食(いつぶつぜんたいしょく)

についてお話してきました。

 

今日は3つめの「身土不二(しんどふじ)」について。

 

身は「心身」、土は「環境風土」を表します。
そして不二、二つでない、つまりバラバラなものでなく密接につながっているという意味です。
私たちの身体と生まれ育った土地には密接なつながりがあります

 

生まれ育った土地でとれたものをいただくこと。

 

赤道近くの暑い地域の人たちは、
暑さから身を守るため、
身体を冷やす陰性の香辛料や砂糖を使います。
宗教上の理由だけでなく、陽性の肉を食べない「菜食主義者」が多いのも
この地域の特徴です。

ココナッツ

 

 

 

 

寒い地域に住む人たちは、
寒さから身を守るため、肉を食します。

例えば、穀物や野菜が育たない地域に暮らすエスキモーは
アザラシの肉を食べて生命をつないでいます。
海の海藻を餌とするアザラシの肉を主食としても
動脈硬化や高血圧の人が少ないのは、現代の栄養学に反していますが
身土不二の視点からは納得できるものなのです。

 

「穀物」に関して言えば
湿度が高く日照時間に恵まれた地域には「稲文化」
乾燥した地域には「小麦文化」が発展しました。

ちなみに世界の3大穀物はとうもろこし・小麦・米です。

稲

 

 

 

 

 

 

温暖で水に恵まれた日本は稲文化。

小麦を使ったパンやパスタよりもごはんが
日本人の身体には合うのです。

 

環境風土によって育つ作物が違うように
私たちの身体も育った土地によって合うもの、合わないものがあります。

 

昔の人は旅に出るときに
「水が変わるから気を付けて」と言いました。

また
「三里四方のものを食べる」とも言いました。
自身の足で歩いて手に入れられるものを食べるというこの言葉、
根底には身土不二の考え方があったのです。

 

環境風土と調和して
「生まれ育った土地で収穫できる作物をいただく」ことが
私たちの身体には最もやさしいのです。

 

そして「身土不二」の考え方は
世界各国で衣食住すべてにわたっていえることなのです。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2022/1/17

鼻炎、咳、肌荒れ...病院通いを繰り返していた子供がこの1年は歯医者以外で通院していません!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Y.さん 茨城県在住(小6のと年中の男の子2人のママ、ご家族4人) 冬になると、子供の鼻炎、咳、肌荒れの症状が出るのではないかと不安でした。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 子どものアレルギー性鼻炎や、喘息のような咳が出やすいこと、アトピーとは言われないけどカサカサや赤みなどの肌荒れでの通院。 「この季節になるとこの症状がまた出るのかなぁ…」といつも不安でした。   薬に頼らず根本から改善したいと思ったことがきっかけでした。 重ね煮アカデミーで学ぼうと思ったきっかけ 薬を処方されて、薬がな ...

続きを見る

2022/1/17

子どもたちの咳や鼻水があっという間に治るように!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

A.K.さん 茨城県在住(年長の男の子と3歳の女の子のママ、ご家族4人) 2歳の娘が花粉症を発症してしまうのではないか、という不安がありました。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 私自身20年以上花粉症に悩まされてはいましたが、花粉症は一度発症したら治らない、この先もずっと付き合っていくしかないと思っていました。娘が2歳の春、公園で遊んでいるとくしゃみや目をかゆがることが何度かあり、このままでは娘も発症してしまうのではと不安になっていました。 めぐみアレルギーは遺伝するという不安。一旦発症したら薬で抑える ...

続きを見る

2022/1/17

主人の胃腸の不調、子供たちの花粉症、鼻炎、便秘が改善!病院に行く頻度が明らかに減りました!【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

N.H.さん 埼玉県在住(小6女の子と小3男の子のママ、ご家族4人) 胃腸が弱い、花粉症、鼻炎、便秘・・・ 家族の体調を薬ではなく食べるもので整えたいと思っていました。 重ね煮アカデミーで学ぶ前のお悩み 夫がすぐに胃腸の調子を崩しやすく、薬に頼りがちになっていた。 息子の花粉症、季節の変わり目の鼻炎、娘の便秘もあり、家族の体調を薬ではなく食べるもので整えたいと思いつつも、どうしていいのか分からなかった。 めぐみ沢山の不調を抱えていると、それぞれに薬が必要だと思いがちですよね。だからどうしたらいいのか分から ...

続きを見る

2022/1/7

大泣きしていた2歳の娘の便秘が治りました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.W.さん 神奈川県在住(6歳と2歳の女の子2人のママ、ご家族4人) 自己流から、もっと深く重ね煮を学びたいと思ったのがきっかけでした。 長女が風邪をひきやすく、集団生活が始まった年少時には、1年の半分くらいは風邪でお休みする程でした。 ちょうど産まれたばかりの次女も、長女の風邪をいつも貰ってしまい病気通いの日々。次女が、5ヶ月の時に遂に入院となってしまい、病室で点滴をつけている姿をみて、何とかしないと!と思ったときに、先生の重ね煮の本に出会いました。 暫くは、本を頼りに自己流でやっていて効果が出てきた ...

続きを見る

2021/12/13

仕事が忙しく時間の制約があっても!食事で家族の健康を守れるようになります。【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

N.A.さん 埼玉県在住(小学校1年生の女の子ママ、ご家族3人) 仕事が忙しくても、野菜たっぷり!冷凍食品に頼らない食事を作りたい。 仕事が忙しく食事のしたくに時間をかけられない中で、野菜を美味しく食べられる食事を作りたいと思っていたこと、幼稚園の子どものお弁当を冷凍食品に頼らずに作れるようになりたかったことから、重ね煮、重ね煮アカデミーにたどり着きました。   手軽さ、美味しさ、レシピだけでなく知識が身につくことが決め手でした。 材料を切って重ねて火にかける、という手軽さと、一方で出汁や調味料 ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

5600名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「最強スープ」をご登録者にプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2022 All Rights Reserved.