重ね煮コラム

4つの指針③「身土不二(しんどふじ)」

 

重ね煮健康料理が大切にしている【4つの指針】。

これまで
①食性(しょくせい)
②一物全体食(いつぶつぜんたいしょく)

についてお話してきました。

 

今日は3つめの「身土不二(しんどふじ)」について。

 

身は「心身」、土は「環境風土」を表します。
そして不二、二つでない、つまりバラバラなものでなく密接につながっているという意味です。
私たちの身体と生まれ育った土地には密接なつながりがあります

 

生まれ育った土地でとれたものをいただくこと。

 

赤道近くの暑い地域の人たちは、
暑さから身を守るため、
身体を冷やす陰性の香辛料や砂糖を使います。
宗教上の理由だけでなく、陽性の肉を食べない「菜食主義者」が多いのも
この地域の特徴です。

ココナッツ

 

 

 

 

寒い地域に住む人たちは、
寒さから身を守るため、肉を食します。

例えば、穀物や野菜が育たない地域に暮らすエスキモーは
アザラシの肉を食べて生命をつないでいます。
海の海藻を餌とするアザラシの肉を主食としても
動脈硬化や高血圧の人が少ないのは、現代の栄養学に反していますが
身土不二の視点からは納得できるものなのです。

 

「穀物」に関して言えば
湿度が高く日照時間に恵まれた地域には「稲文化」
乾燥した地域には「小麦文化」が発展しました。

ちなみに世界の3大穀物はとうもろこし・小麦・米です。

稲

 

 

 

 

 

 

温暖で水に恵まれた日本は稲文化。

小麦を使ったパンやパスタよりもごはんが
日本人の身体には合うのです。

 

環境風土によって育つ作物が違うように
私たちの身体も育った土地によって合うもの、合わないものがあります。

 

昔の人は旅に出るときに
「水が変わるから気を付けて」と言いました。

また
「三里四方のものを食べる」とも言いました。
自身の足で歩いて手に入れられるものを食べるというこの言葉、
根底には身土不二の考え方があったのです。

 

環境風土と調和して
「生まれ育った土地で収穫できる作物をいただく」ことが
私たちの身体には最もやさしいのです。

 

そして「身土不二」の考え方は
世界各国で衣食住すべてにわたっていえることなのです。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2022/6/22

体が重ね煮で変わりました!朝から元気に動ける様になりました。【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

M.Tさん(東京都在住) ご主人とお二人暮らし 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 娘が4歳の時からアトピーがあり、何を食べさせて良いのかと悩んでおりました。また料理が下手で料理を作るのが苦痛でした。私自身も体調に山があり、特に朝は調子が悪く体が動くのは午後からでした。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 重ね煮アカデミーで学んで、重ね煮料理をつくる内に食の柱ができて、元気な時は頑張ってつくり、調子の悪い時はごはんと野菜たっぷりのお味噌汁で済ます。という日々を過ごして ...

続きを見る

2022/6/21

花粉症、主婦湿疹、便秘も改善!自分のごはんがおいしいと幸せいっぱいです。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

Y.Aさん(愛知県在住) 2歳のお子さんのママ 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 料理がとても苦手で時間がかかっていました。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 自分の料理を食べて、「おいしくなーい!美味しいもの食べたい」と言っていましたが、今は自分のご飯がおいしいとしあわせいっぱいです。自分でもこんなにおいしく作れるんだと自信になりました! また、食べるものが体を作るを感じていたので学びはじめましたが、おいしいだけでなく体の調子もアップしました! ・花粉症の症状が ...

続きを見る

2022/6/21

家族が一口も食べてくれない、、、今では料理にも自分にも自信が持てるようになりました。【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

A.Kさん(埼玉県在住) 小学生、幼稚園の女の子のママ 1、重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 美味しくて、栄養満点で、野菜もたっぷり食べて欲しい!そう思ってレシピを検索して頑張って作るのに家族は一口も食べてくれない…。 もうどうしたらいいのか分からない!と悩んでいた時に重ね煮アカデミーを知り、すぐ申し込みさせて頂きました。 2、重ね煮アカデミーで学んでどんな変化がありましたか? 以前と一番違うのは私自身の心の持ちよう。以前は娘の一言に傷つくか逆ギレしていた私ですが、今では「嫌なら何も食べな ...

続きを見る

2022/6/13

重ね煮アカデミーは一生ものの学び。子供たちにも伝えていきたいです。《重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声》

M.Aさん (東京都在住  5歳、1歳のお子さんのママ) 重ね煮アカデミーで学ぶ前は何に悩んでいましたか? 一番の悩みは長女の偏食。 自分自身が料理が苦手なことも悩みでした。 重ね煮アカデミーで学ぶ決め手は何でしたか? おいしいだけでなく、健康にもよい料理 (特に、こどものからだのことを考えた料理)を学べるということ。 そして、レシピや手法だけでなく、 台所から家族の健康を守れる知恵を学べるということに惹かれ、受講を決意しました。 応用科まで学んでどのように変化しましたか?  二人目出産後間もなく受講を開 ...

続きを見る

2022/4/8

重ね煮は毎日の積み重ね!台所に立つことが苦痛ではなくなりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

山内綾香さん 愛知県在住(ご家族3人、1歳のお子さんのママ) 養生科で印象に残ったこと 料理が苦手な人でも続けられます! 重ね煮は毎日の積み重ね。 ハレとケで食事を切り替える。 これじゃないといけない。 全部重ね煮にしましょう! などのハードルの高さがなく、料理にハードルを感じる人にとっても 続けやすい優しさが重ね煮にはあると思いました。 ご家族ご自身の変化 ・子どもが熱を出した時、  食事内容と食事量を意識してあげるだけで熱がすぐに下がった。 ・重ね煮という軸がこの半年ででき、  持っているだけで(使わ ...

続きを見る

365日の重ね煮レターレシピ

5800名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら忙しいママに嬉しい「朝ごはんバイブル」をご登録者全員にプレゼント!

詳しくはコチラ

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2022 All Rights Reserved.