重ね煮コラム

4つの指針③「身土不二(しんどふじ)」

 

重ね煮健康料理が大切にしている【4つの指針】。

これまで
①食性(しょくせい)
②一物全体食(いつぶつぜんたいしょく)

についてお話してきました。

 

今日は3つめの「身土不二(しんどふじ)」について。

 

身は「心身」、土は「環境風土」を表します。
そして不二、二つでない、つまりバラバラなものでなく密接につながっているという意味です。
私たちの身体と生まれ育った土地には密接なつながりがあります

 

生まれ育った土地でとれたものをいただくこと。

 

赤道近くの暑い地域の人たちは、
暑さから身を守るため、
身体を冷やす陰性の香辛料や砂糖を使います。
宗教上の理由だけでなく、陽性の肉を食べない「菜食主義者」が多いのも
この地域の特徴です。

ココナッツ

 

 

 

 

寒い地域に住む人たちは、
寒さから身を守るため、肉を食します。

例えば、穀物や野菜が育たない地域に暮らすエスキモーは
アザラシの肉を食べて生命をつないでいます。
海の海藻を餌とするアザラシの肉を主食としても
動脈硬化や高血圧の人が少ないのは、現代の栄養学に反していますが
身土不二の視点からは納得できるものなのです。

 

「穀物」に関して言えば
湿度が高く日照時間に恵まれた地域には「稲文化」
乾燥した地域には「小麦文化」が発展しました。

ちなみに世界の3大穀物はとうもろこし・小麦・米です。

稲

 

 

 

 

 

 

温暖で水に恵まれた日本は稲文化。

小麦を使ったパンやパスタよりもごはんが
日本人の身体には合うのです。

 

環境風土によって育つ作物が違うように
私たちの身体も育った土地によって合うもの、合わないものがあります。

 

昔の人は旅に出るときに
「水が変わるから気を付けて」と言いました。

また
「三里四方のものを食べる」とも言いました。
自身の足で歩いて手に入れられるものを食べるというこの言葉、
根底には身土不二の考え方があったのです。

 

環境風土と調和して
「生まれ育った土地で収穫できる作物をいただく」ことが
私たちの身体には最もやさしいのです。

 

そして「身土不二」の考え方は
世界各国で衣食住すべてにわたっていえることなのです。

 

生徒さんの喜びの声をご紹介します

2020/3/29

引き算の食べ方こそが「手当て」だと腑に落ちました。【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

大野理加さん 町田市在住(小学生と2歳の3人の男の子ママ、ご家族5人) 基礎科で印象に残ったこと 引き算の食べ方こそが「手当て」だと分かりました。 今までは調子の悪いときは栄養のつくものを食べさせ、そのうえで自然療法の手当をしていました。 先生の話で、まずは食事を半量にする、ということを聞き、「引き算なのだ」とわかりました。 実際に実践してみると、確かに回復に無理がなく、自然に治していくことが出来ました。手当に頼り過ぎないという考えも気が楽になりました。養生科で引き算の食べ方を学んでいたのに上手く取り入れ ...

続きを見る

2020/3/29

料理が苦手だった私が短時間で数品を作れるようになりました!【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

村田洋子さん 藤沢市在住(ご家族3人、2歳の女の子のママ) 養生科で印象に残ったこと 身土不二から繋がる郷土食が深い! 郷土食を調べたことで日本はスゴイと思いました。日本人の生きてきた歴史や昔の人の沢山の知恵が、本来人間が持っている力を最大限に生かされ、身も心も元気になるのだと深く納得しました。自分で調べたことで、学びがグッと落としこまれて来ました。 穀物と野菜だけで十分おいしいご飯が作れるということを毎回の実習で感じました。 ご家族ご自身の変化 依存していたコーヒーを飲むのを忘れるように! 「朝はしっか ...

続きを見る

2020/3/27

花粉症、インフルエンザとのバイバイに加え、台所に立つのが楽しくなりました。【重ね煮アカデミー応用科生徒さんのお声】

足立夏代さん 横浜市在住(ご家族4人、小学生、高校生のママ) 応用科で印象に残ったこと 献立の組み立てや配膳、陰陽判断など学び多い深い時間 陰陽についてさらに深く学び、植物のあり方や原産地から陰陽を見れたことは深かったです。 また、献立の組み立て方や配膳について学べたのが嬉しかったです。 背伸びかなと思いながら応用科を受講しましたが、とても学び深く良い時間となりました。 ご家族ご自身の変化 花粉症改善、インフルエンザとバイバイに加え、台所に立つのが楽しくなりました。 ・花粉症が改善しました! ・子供たちの ...

続きを見る

2020/3/27

野菜を沢山食べる必要はない、軸とするのは穀物の食べ方【重ね煮アカデミー基礎科生徒さんのお声】

勝倉歩さん 川崎市在住(6歳の男の子の働くママ、ご家族3人) 基礎科で印象に残ったこと 野菜を沢山食べる必要はない 野菜を中心としてあれもこれも摂らなきゃ、、、と考えていたのが、穀物の食べ方を軸とすれば良いということが腹落ちして、ラクに捉えられるようになりました。 「手当て法」について学んだことで日々の食事こそ手当てであり、身体を治す手助けなのだと知った上でやってみようと思いました。 ご家族ご自身の変化 家族の「おいしい」が聞けるように! 夫と保育園児の息子から「おいしい!」が度々出てくるようになりました ...

続きを見る

2020/4/2

花粉症が軽くなり、貧血も改善!体調を崩さなくなりました。【重ね煮アカデミー養生科生徒さんのお声】

島田恵美さん 綾瀬市在住(ご家族3人) 養生科で印象に残ったこと 栄養があるとか身体に良い悪いではない 栄養があるとか、体に良い悪いで食材を選びがちでしたが、全てにおいて覆されました。 一物全体食と先生がよくおっしゃるように、野菜の皮、根、灰汁も含めて全てを頂く事で、調和され陰陽の傾きが小さくなり、バランスが整えられて体調も改善されてくるという、全体の繋がりのような事が分かりました。 健康になるために、あれもこれもと食べ過ぎていた事が、逆に体調を崩す原因になっていた事に驚きました。 座学を通して、日本人の ...

続きを見る

 

365日の重ね煮レターレシピ

ママと子供のためのかんたんお手当法〜おなかが痛い時編〜

3700名を超える全国のママさんが愛読中の無料メルマガ「365日の重ね煮レターレシピ」。
今なら、薬や病院に行く前に、家庭で出来る「かんたんお手当法〜お腹が痛い編」をご登録者にプレゼント!


もう少し詳しく知りたい方はこちら

この記事を書いた人
田島恵 重ね煮料理研究家/重ね煮アカデミー®代表

田島 恵
重ね煮料理研究家 / 重ね煮アカデミー®代表

鎌倉の重ね煮アカデミー®にて、野菜嫌いのお子さんやアレルギーのお子さんをお持ちのママ、料理が苦手なママに心身のバランスを整えるための知恵とレシピをお届けしています。

Copyright© 重ね煮アカデミー® 「台所は家庭の薬箱」 , 2020 All Rights Reserved.