横浜・鎌倉 「台所は家庭の薬箱」台所から家族の心身のバランスを整える重ね煮アカデミー

重ね煮10の魅力

無水の重ね煮との違い①
無水の重ね煮との違い②
無水の重ね煮との違い③


陰陽調和の重ね煮10の魅力

1.沢山の野菜を万遍なくたっぷり食べられる
         陰陽バランスが取れるよう、根・葉・実多種類の野菜を
       使います。

 2.ミネラル、ビタミンを摂取できる
           皮むきアクぬきせずに丸ごと調理
3.栄養分の損失はほとんどなし
           蒸し煮調理

4.砂糖不使用
           野菜の甘みを最大限に引き出せるので、砂糖は不要です。
5.油最小限
         多種類の野菜が調和した旨みを最大限に引き出せるため
油でコクや旨みを出す必要がありません。

6.塩分制限のある方、離乳食、介護食にも対応できる

7.ご家族が野菜好きになる

8.忙しい方でも毎日続けられる。
   簡単、時短調理
9.エコロジー
   皮むきしないのでゴミが少ない、油を使用しないので石けん不要

10.とにかく美味しい
   陰陽調和のバランスがとれたまる~いふくよかな滋養あるお味

陰と陽の考え方

重ね煮」は東洋の自然観である陰と陽のものの
とらえ方から確立された調理法です。

・陰陽は正反対の性質を持ちながらも互いに作用しあう
・陰陽の両方が存在することによって一つの世界が成り立っている
という考え方です。

自然界にも食材にも、そしてもちろん自然界の一部である私たち人間の身体も
「陰陽」でとらえられます。

私たちの身体が健康であると感じている時は、陰陽のバランスが取れている
「中庸」の状態のときです。 反対に陰性、陽性のどちらかに傾いてしまった時は、
傾き具合が大きいほど
体調の崩れ具合が激しくなります。

 

図1

 

 

日常の食生活に留意し、傾きを少しの範囲に治めていれば、大事に至らずに
すぐに体調を戻すことが出来るのです。

「重ね煮」は日々の食生活において、
調和のとれた「中庸」のものを いただくことで、
自分自身やご家族の体調管理を行い、身体の内側から
整えていく
(=食養生)家庭料理です。

 

食材における陰と陽

陰性⇒体を冷やすもの 水気が多いもの天へ伸びていく力を持つ
陽性⇒身体をしめるもの、水気が少ないもの、地球の中心へ伸びていく力を持つ

 

野菜でいえば
陰性野菜⇒地面の上にできるもの、実、葉類
陽性野菜⇒地面の下にできるもの、根菜類
になります。

 

積み重ね

重ねる順番に大切なお約束があります。

陰性素材は鍋の下、 陽性素材は鍋の上
へ順に重ねます。(⇒右図)
*生育状況と逆に重ねます。

重ね方2

フタをして火にかけると、あら不思議!

鍋の中で、
陰性素材の上へ向かうエネルギーと
陽性素材の下へ向かうエネルギーが
互いに作用し合い、対流を起こします。

鍋切り抜き

その結果
陰陽が調和して「中庸」の状態になります。

対流

 

陰陽調和の重ね煮の特徴

1.皮やアクを丸ごといただく全体食
皮と身の間には栄養や旨みがぎっしり詰まっているので、
捨ててしまっては勿体ない!

アクには野菜の個性、フィトケミカルが豊富に含まれています。
えぐみ、苦みが出るのでは…と心配される方もいらっしゃいますが、
「重ね煮」によって旨みにかわります。

2.蒸し煮調理
陰陽調和の重ね煮料理は「蒸し煮」が基本。
少しの誘い水で野菜の甘み、旨みを瞬時に引き出します。

様々な食材を重ねて調理、簡単に多種類の野菜を食べられます。
煮物はもちろんのこと、和え物の手軽さ、美味しさは格別です。

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください TEL 090-4220-7136 9時~18時(日・祝日のぞく) 
お問い合わせ/お申込みメールは24時間365日受付しております

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

Instagram

PAGETOP
Copyright © 重ね煮アカデミー Megu's natural kitchen All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.